So-net無料ブログ作成



ウインターバイカーズにチョー人気な、へヴィーゾーン対応フィールドジャケットコートの歴史。あなたをアクティブにする行動範囲は!? [万能のコットンジャケット]









寒ぅ~い この時期、


氷点下30度 とまでは 言わずとも、


軍隊が開発した、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度 


対応のフィールドジャケットは、


かなり重宝します。








その 原点 となる アイテムが、


アラスカジャケット と 言われる、


フル リアルムートン の、


タイプ B-7 です。













1941年6月12日に採用された、


極寒冷地の任務用フィールドジャケットです。






その フィールドジャケット の、


現行モデルで、


あらゆるブランドに、


リリースされており、


人気があるジャケット と 言えば、


タイプ N-3B です。














1962年に、


アメリカ航空衣料審議会により、


正式採用されたフィールドジャケットで、


2017年の今年で、


55年経つわけですが、


タイプ B-7 が 採用された、


1941年からの21年間で、


主に5回のモデルチェンジが行われています。







少し紐解いていきましょう。









その、


タイプ N-3B の、


前進となったジャケットが、


タイプ N-3A です。













当時の、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE の、


独立にともない、


カラーがエアフォースブルーで、


採用されました。







その 前進となったフィールドジャケットが、


タイプ N-3 です。















第二次世界大戦の末期に採用された、


新開発の「パラシュートナイロン」を、


マテリアルにした、


初の「ナイロン製フィールドジャケット」


と、


成ります。







タイプ N-3 と タイプ N-3A ともに、


タイプ N-3B より、


はるかに激レアで、


状態が良いアイテムは、


「見つけたら即ゲット」的なアイテムです。







その 「 パラシュートナイロン 」 採用前の、


フィールドジャケット と 言えば、


ヘヴィーツイルコットン と、


なります。






タイプ B-11 です。













1944年に採用された、


フィールドジャケットであり、


もちろんフード付きで、


フロントをジッパーとボタンで開閉するスタイル。




インサイドライナーは、


リアル アルパカ ボアが使われています。







この、


アルパカの保温性が、


メチャクチャ高く、


ジャケットのクオリティーも、


申し分のないアイテムなのですが、


へヴィーゾーン対応の、


フィールドジャケットコートに関して、


この、


タイプ B-11 の、


前進となったタイプが、


最も人気があるのです。








それは、


タイプ B-9 です。

















1943年7月22日に、


ヘビー・ゾーンでの使用を目的として、


採用されたのが、


この タイプ B -9 です。











2年前の1941年に採用された、


タイプ B-7 の代替モデルであり、


冬季用スーツはムートン製であったのですが


戦時中に、


レザーの供給が枯渇してしまいます。













パイロット用のフライトジャケットにおいても、


タイプ B-10 が 採用され、













同様に大量生産するにあたり、


コスト問題が生じた為に、


改良されたジャケットです。








アウターマテリアルがコットンに変更され、


ライニングには、


キルティング仕様が施されました。














タイプ B-11 が 採用されるまでに、


インサイドライニングや、


ステッチなどの改良も、


順次施されて、


タイプ B-10 と 同様に、


アルパカウールを使ったものも、


存在します。

















もちろん耐久性に優れており、


極めて高い防寒能力 を発揮します。







人気の理由は、


極めてシンプルなルックスです。




タイプ B-9 のカフは、


リブなのですが、


タイプ B-11 は、


ニットリブが無く、


袖先にシンチペルトが取り付けられています。







など、


ウインターバイカーズアイテムとしても、


強力に人気がある、


タイプ B-9 は、


この冬の あなたのフィールドを、


およそ2,000ヤード 広げます。






















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m






nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 4

いっぷく

パラシュートナイロンは軽くていいでしょうね。
いくら高価で暖かくても、重くて肩が凝るのは苦手です。
by いっぷく (2017-01-09 20:20) 

sterling.hide.j

 いっぷく さま

ご訪問とナイス! コメントを、

いつも! 本当に! 有難うございます。


お気に触ったら、済みません。


「 重いジャケット=肩がこる 」 は、正しくありません。


現に私は、アラウンド45で、ありますが、

未だかつて、「肩こり」を知りません。


この時期リアルに、スーパーへヴィーウエイトな、

タイプ B-3 を着ています。


どれだけ軽いモノを着ていても、肩こりしている人は、

たくさんいるよーですが???


ジャケットは、自信や行動姿勢、しぐさまでも左右します。

肩こりしている人は、自分に合っているアイテムを、

ちゃんと選んでいるのでしょうか?


高価なモノでなくても、ピッタリなジャケットが、

必ずあります。


私が書かせて頂いている、フライトジャケットなどは、

大柄なたくましい方々向けですので、サイズ的に、

ラフな方です。


そして、もし自分が、「上着を作って売る」 と、

考えて、、、、、、、、「重いモノを、、、」 とは、

思いませんよね!? 温かく・動きやすく・丈夫に と、

考えた末の、重さな訳です。


長く、本当に、済みません。


また、よろしくお願いいたします。

by sterling.hide.j (2017-01-09 22:01) 

ニッキー

瞬時に暖かくなる上着を着てると背筋が伸びて良いかも♪( ´▽`)
アルパカ、暖かさの代名詞ですねぇ=(^.^)=
by ニッキー (2017-01-09 22:24) 

sterling.hide.j

 ニッキー さま

ご訪問とナイス!

コメントを、本当に! 有難うございます。


何より、寒風を切って走るウインターバイカーズとして、

人気なのが、なっとく と びっくり です。


ニッキーさま!? これを着て、

雪の中、走りませんか!?


また、よろしくお願いいたします。

by sterling.hide.j (2017-01-10 01:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


アメカジ系 ブログランキングへ
























この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。