So-net無料ブログ作成



「モーターサイクルジャケットとは!?」 と、言わないでください!!! あなたに必要なのは「ライダースジャケット」ではありません!!! 本気の魂を! [アウトローな番外編]











あなたが身にまとって、


過ごしたいのは 「 ライダースジャケット 」


ですか?






1970年代の前半、


ちょ---本気で造られた、


ケンメリGT-Rは、


生産台数がわずか197台です。




現行の35GT-Rは、


現在もどんどん量産されています。






ケンメリから1年遅れの、


カワサキZⅡ と言う愛称の Z750RS は、


生産台数が、


およそ 16000台 半ば と 言われています。





ゼファーは、


現在もどんどん量産されています。







「 ライダースジャケット 」 とは、


日本にて 創られた言葉であり、


機能をシカトして、


カッコウだけで名前を付け、


大量生産されているジャケットが、


数多くありすぎなのです!!!!!!!!








自分が 「 魂 」 を 込めれれば、


35GT-R も、


ゼファー も、


本当にクオリティーが高い、


強力なアイテムです。








では、


ハンドルを握っている時はもちろんですが、


降りてからの珈琲タイムも、


そして、


全く関係のない、


普段の生活において、


「 魂 」 を 「 自分の気持ち 」 を、


大事に過ごせる、


ジャケットを、


書かせていただきます。







「 本物 」 である、


「 モーターサイクルジャケット 」 です。
















始めは、















 「 レプリカ 」 という言葉が、


世の中に定着していない、


1990年代初頭。。。。。。。。






メジャーになりつつあった、


「 ヴィンテージ 」 という、


アイテム市場において、


世界に先駆けるほどの、


完全なレプリカアイテムのリリースで、


フェローズはスタートしました。



「流行に左右されないモノ創り」 を、


ポリシーとして、


アメリカンカジュアルブランドとして、


様々なアイテムを送り出している。







そんな、


PHERROW'S : フェローズ 渾身の一着 !



 モーターサイクルジャケット















茶芯のマテリアルは、


ホースハイド : 馬革 を採用しており、


ブラウンのレザーに黒塗装を施して、


それを丁寧に手擦りで茶芯を出していく。







シングルとダブルの中間を狙ったフロントジッパーを採用し、


フラップ付きポケットが付属した通称Dポケを装備。


ライダースジャケットとは一線を画す、


クラシックモデルです。





バックも30年代頃に見られた、


センタープリーツを採用しており、


サイドにアジャスターを持ち、


タウンユースを極視している。




万能アウターとしても、


バイクに跨るにかかわらず、


非常に手の込んだフェード加工を施した、


巧の手で仕事をした、


一生モノとして愛用して欲しい1着!!!!!!!


















次に、


ヴィンテージクロージングの観点からみた、


アメリカの歴史を誰よりも知る、


ラリー・マッコイン氏と、


19世紀ころのアメリカの、


ヴィンテージクロージングのプロダクツを研究する、


ウエアハウスのコラボレーションブランドが、


「 HELLER`S CAFE : ヘラーズカフェ 」 なのです。















まだはっきりとは、


レザージャケットに、


カテゴリー分けがなされていない時代の、


ショートボディーになったジャケットの見本は、


アメリカが国家予算で手掛けた TYPE A-1 であったのです。







このジャケットも、


その要素を多くの酷似したディテールが見られる、


復活のモーターサイクルジャケットなのです!!!!!!!!













ボディーにブラックの ホースハイド : 馬革、


両袖にはブラウンのディアースキンが使用されており、


経年変化・使い込むほどに、


でさらにその風合いを魅力的なものへと変えるのです。





タイプ A-1 も、


未知数のフライトジャケットであり、


ここ数年、


各アメカジブランドで、


ビーチクロスジャケットを復刻していますが、


それらに比べても、


特に肉厚の生地で、


保温性が高く、


しっかりとした重量感が、


入れ込みの違いを持つモーターサイクルジャケットです!!!!!!!!

















最後に、


アメリカ・マサチューセッツ州に、


1930年代、


実在した幻のレザーブランドが、


レザートグス社です。

















当時、


FULLオーダーメイドで製作されていた、



その、


レザートグス社の商品であるジャケットは、


同型のモデルであっても、


シルエットはもちろん、


各部パーツにおいても一つ一つ違いがあり、


オーダーメイドならではの、


凝ったデザインや、


機能性は未だに色褪せることなく、


中でも、


極めて完成度の高いのが、


モーターサイクルジャケットであり、


現在でも高い評価を得ています。






「幻のレザーブランド」


ですので、


現在に存在しないのですが。。。。。。。。






その 「 まぼろし 」 『LEATHER TOGS社』 のジャケットを、



実名復刻にて再現したのが、


FREEWHEELERS : フリーホイーラーズ


です。














モデル 『CENTINELA(センチネラ)』 は、


レザートグスの中でも、


最も有名なモデルのモーターサイクルジャケットで、


10ドットの大型ドームボタンが特徴です。








襟はスタンドカラーのデザインで、


オフセットのファスナーを上げ、


スナップボタンで留める事が可能です。




肩にエポーレットが設けられており、


開いて着たときに、


打合せ右胸位置に、


ボールチェーンジッパーの、


ポケットが顔を出します。








1930年代に造られていた、


過酷な状況に本物のモーターサイクル(バイク)で、


荒れ路を飛ばしていたアイテムを、


魂で復活させたモーターサイクルジャケット。







あなたの、


普段に、


マジで気持ちが入ります。

























読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m






nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 2

ニッキー

こういうかっこいいモーターサイクルジャケットを着て、
拘りのある車やバイクに乗ってるとめっちゃしびれますよねぇ(≧∇≦)
うちはメインドライバーはかみさんなので、かみさんに着せ・・・
いや、ダメだ、こんなの着たら最強になってしますw
by ニッキー (2017-01-06 23:09) 

sterling.hide.j

 ニッキー さま

ご訪問とナイス! コメントを、

本当に! 有難うございます。


んん!?   


んんん!?!?!?


いえ! ・・・・・・・・思ったのですが。。。。。。。。



「メインドライバー」 で おありになっている、今の時点で、、、

「 最強 」 で いらっしゃいますよねぇぇぇ・・・(゚д゚)!



また、よろしくお願いいたしまぁぁぁす。

by sterling.hide.j (2017-01-07 01:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


アメカジ系 ブログランキングへ
























この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。