So-net無料ブログ作成



ヴィンテージにこだわって勝負する、日本で最も熱い「職人工房」の、フライトジャケット MA‐1  [タイプ MA-1 とは]

先日のニュースで、

「おーっし![手(グー)]頑張るぞ日本!!!」

と、

思ったことが、

「トヨタ自動車とスズキが提携すると発表した。」


大和魂どうしが、

手を組んだわけです!




ワゴンR、、、、、、、、








的な、、、、、、、、






プリウス、、、、、、、、???








おおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!




サムライの車じゃね!?





と、

言いますのも、、、、、、、、




こんな「アメカジ」な、

「アメリカン・カジュアルなブログ」

を、

書いてはいますが、、、、、、、、






とても・・・・・・・・



日本が大好きで、

日本企業がだいっっっすきで、

ど! イナカ!! の、

サムライなつもりの、

者なのです。。。。。。。。





昨年は、

シャープさんと東芝さんが、

とても残念ではありましたが、

今年!

何より!

三菱自動車さんが、







悔しくて仕方ありません!!!!!!!!



まぁ~た、、、、、、、、フランスに、、、、、、、、




、、、、、、、、フランス!?







なら・・・・・・・・







そのブランドは、

 フランス で デザインを学んだ、

一人のデザイナーによって、

1979年に、

日本の岡山県倉敷市にて、

創業開始します。





そのデザイナーは、

田垣繁晴 さん です。






「職人工房」という意味の、

そのブランドは、

ブタのキャラクターとレプリカジーンズが、

ちょーーーーーーーーーーーーーーーー!有名です。







現在田垣氏は、

退任して経営譲渡されて、

藤川 由典 さん が、

大阪に本社を置き、

運営されています。




そのブランドは、

STUDIO D’ARTISAN & SA. : ステュディオ・ダ・ルチザン

です。














ヴィンテージといわれるスタイルに、

こだわり、

勝負し続けており、

この、

タイプ MA-1 は、

腕利きの職人たちによって、

作られています。

















そして、

この、

タイプ MA-1 は、

当時のままの単なる復刻ではなく、

シルエット、

素材、

ディテールを、

現代風にカスタマイズされています。















さまざまな、

フライトジャケットを、

造られずに、

「MA-1 だけ!」

と言うラインナップも、

気持ちが伝わってきます。






より、

ハイレベルなレプリカを目指した、

ステュディオ・ダ・ルチザンの、

タイプ MA-1 は、

日本で最も熱い地域である、

群馬県桐生市の、

「職人工房」にて製作しています。





















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。





これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m






nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 1

Cialis tablets

沒有醫生的處方
cialis for sale in europa http://kawanboni.com/ Viagra cialis levitra
by Cialis tablets (2018-04-14 07:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


アメカジ系 ブログランキングへ
























この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。