So-net無料ブログ作成
検索選択



ナメテかかるから、その結果なのでは!?どれだけ本気を出しても、かなわないのですが、しっかり武装しておくと、ダメージは少ないです! [リアルムートン]











最強寒波のせいで、


雪に成れていない地域の方々、


マジメに対策しないと! です!




人間は、


大自然の力には、


とてもかないませんので、


気持を引き締めていきましょー!







すでに、


事故や不幸に見舞わてしまった、


ニュースが流れています。






心からお見舞いを申し上げます。








しょうじき、


寒さに対抗するのは、


  「 温かいカッコウをする! 」



これしかありません!







直球に、


タイプ B-3 











これが 最強 の、


寒波への対抗策です!







氷点下30度まで対応する、


へヴィーゾーン フライトジャケット の原点で、


ムートンを裏返して「身にまとう」という、


ワイルドでタフなアイテムは、


1934年に、


アメリカ陸軍航空隊が、


採用した、


フライトジャケットです。












補強レザーなどの、


更に温かいモデルもありますが、


原則の形は、


変わりません。









これが、


開発されていた時期から、


少し遅れて、


イングランドでも、


リアルムートンジャケットが、


開発されています。






「 RAF 」 と言われている、


アーヴィン ジャケットです。









 







タイプ B-3 との違いは、


胸元で、


片側の部分とボディーが縫い合わせてあり、


ウエストベルト搭載の、


ブレスジッパーとなっています。







モーターサイクルジャケットや、



現在 「 ライダースジャケット 」 と、


呼ばれている、


シングルの シープスキン ライダース と、


言った感じでしょうか?







第二次世界大戦に、


英国戦線で、


活躍していたフライトジャケットで、


この防寒性も、


ハンパないっす!!!!!!!!

















タイプ B-3 と、


アパレル オリジナル の シープスキンジャケットを、


名づけて、


販売している、


明らかに タイプ B-3 とは 作りが違うジャケットが、


たくさんありますが、












本来の タイプ B-3 の造りは、


パイロットも兵士も、


戦場で戦う為に、


造られており、


保温性はもちろんですが、


耐久性 すなわち 来年も、


「 づうぅぅぅーーー~っと!使える! 」



ジャケットです。







あらゆるファッションやアパレル分野に、


影響を与えていますが、


最近 3D化してきた映像で、


アドベンチャーワールドから、



これです。












 


biohazard4 :  バイオハザード


レオン ジャケット




ゲーム中のレオンが着用しているジャケットを、


シルエットからカッティング、


アクションプリーツにいたるまで、


忠実に再現した、


B6タイプフライトジャケット。






BODYは、


雨に強く耐久性に優れ、


かつ質感にこだわった、


高品質フェイクレザー製です。




カラーはダークブラウンで、


テープやベルトなど、


ポイント部分には本革を使用した本格派だと言います。









ちなみに、


本気の、


タイプ B-6 は



























読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。








復活の創業57年!実は付き合い70年以上と言うクオリティー!この「もの作り」は、さぞ楽しかったんだろ-なー・・・ [タイプ A-2]










1943年、


アメリカ陸軍航空隊にて、


戦時中のレザーの枯渇による、


革の価格の高騰の為、


タイプ A-2 の 廃止


を、


決定します。







そして、


その決定をした1943年に、


採用したジャケットが、


タイプ B-10 です。












この年から、


アメリカ航空衣料審議会は、


コットン製ジャケットの開発を、


急激に進め、


更にナイロン素材の研究も、


始めていきます。







しかし、


その タイプ A-2 廃止の決定を、


パイロットたちは承知しませんでした。












そーです!


勝手に追加オーダーしていたのです。







最終的に、


翌年の1944年まで、


製造されました。















どれほど、


このジャケットを、


パイロットたちが、


誇りに思っていたかが、


よぉーく!分かりますね。









それから44年後となる、


1988年、


アメリカ軍は、


ある 一通の契約書に、


サインをします。







合計 8枚となる契約書の、


2ページ目に、


トータルで、


53,000着の タイプ A-2 を


納入する事が定められていました。







そーです。






44年ぶりに、


タイプ A-2 が、


復活したのです。









 




当時、


導入を決めたのは、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE で、


納入完了予定が、


その1年後となる、


1989年4月 と なっていました。








当時 軍では、


納入業者を決定するのに、


入札制となっており、


12の業者が手を上げていました。








それを、


勝ち取ったのは、


COOPER : クーパー 社です。
















もちろん、


軍に対して、


あらゆるインフラが整っている事、


価格とクオリティーなどを、


認められて、


入札を勝ち取ったわけです。












その クーパー社の、


創業開始は、


1931年になるのですが、


アメリカ軍との関係は、


1910年代にさかのぼります。










当時、


のちのクーパー社を創業することになる、


マックス・クーパーが、


第一次世界大戦時代から、


兵士たちの戦闘服を、


当時のアメリカ陸軍に提供し、


更に 航空隊にも、


当時 ホースハイドの、


タイプ A-2 他、


フライトジャケットを納入していました。


















1988年に復活した、


タイプ A-2 の マテリアルは、


ホースハイド : 馬革 ではなく、


ゴートスキン : 山羊革 でした。









それは、


44年前と同じで、


ホースハイド で 量産した場合の、


価格は 物価の上昇により、


当時 景気が良くなっていた、


アメリカ軍でも、


対応はできなかったよーです。















ですが、


当時で 70年以上の経歴とノウハウを持つ、


COOPER : クーパー社


とてつもないクオリティーのジャケットを、


作ったそーです。








当時、


日本のミリタリー雑誌などでも取り上げられた、


アメリカ軍と、


クーパー社 さんと、


タイプ A-2 です。













ふと・・・・・・・・思ったのですが、


日本の自衛隊のウエアは????????






どこのメーカーが請け負っているのでしょー????????





やっぱり、、、、、、、、



ヒューストン さん???



自衛隊モデルを市販はしていますけど???






実は、


サムライジーンズ さんなんじゃ・・・・・・・・ヾ(゜0゜*)ノ?














だって、


究極に日本製にこだわってるしぃぃぃ。。。







どっかの企業で とか、


どっかの会社で でも、


どっかの町工場とかで、


このユニフォームだったら、、、、、、、、!!!





カッケ―っす!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




最終TYPEは、究極の最終型!他国からのテクノロジーをも、集結した「とにかく目立たない!」?が、コンセプトのフライトジャケット! [激動の、5着! B-15~15D]











ドイツから、


あらゆる技術が、


アメリカに流れ込んできた、


その時期、、、、、、、、








フライトジャケットは、


タイプ B-15B から、


















タイプ B-15C への、















採用変更時期でした。








更に、


それまでの、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


から、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE として、


独立した事により、


それまで、


タイプ B-15B の オリーブ・ ドラブ から、


タイプ B-15C は、


新規定色となる エアフォースブルー に、


変更された訳ですが、


タイプ B-15B 採用当時に、


新開発した、


「パラシュートナイロン」 であり、


オリーブドラブ の ナイロン が、


生産ラインに、


大量に残っていたため、


タイプ B-15C の、


採用初期のジャケットは、


カラーが オリーブ・ドラブ なのです。














軍の中で、


この エアフォースブルー と言う色を、


戦場においての 自然色 から、


かけ離れている事で、


反対意見も多かったよーです。








とは言え、


タイプ B-15 の中で、


もっとも人気がある タイプ B-15C


なわけで、


襟を、


ムートンボアから、 


当時のヘルメットに対応する為、


ニットリブ に変更した、


タイプ B-15C MOD : モデファイド は、






 






 むか~し 昔の、


ベストジーニスト の 授賞式に、


当時 SMAP の、


木村拓哉 さんが、


B-15C M を 着て受賞されたことでも有名です。









ですが、


戦争当時の前線において、


その エアフォースブルー は、


敵の標的のマトになりやすく、


変更を迫られます。









そして、


ボデー・ムートンボアネック・ニットリブ の、


全てを同色の セージグリーン で、


統一して 採用されたのが、


タイプ B-15D です。









 





1950年代の前半に採用された、


最後の B-15 であり、


いわば 「 完成型 」 と言うべきでしょうか。。。







タイプ MA-1 の、


原型 となった ジャケットで、


ネックムートンを、


ニットリブ に モデファイドした、


ジャケットにおいては、


MA-1 と 見分けがつきません。














しかし、


その完成度は 半端ではなく、


タイプ B-15C と比べても、


各部のステッチや製法を、


あえて手の込んだ2重にしてある部分と、


その為、


面倒なデザインにせず、


極力!


シンプルなジャケットにしてあるところが、


究極 と 言っていいでしょう。











タイプ B-15C と 違って、


とにかく目立たず!


と言う意識が、


造り上げたために、


ストリートウエア的には、


ウケていない部分かも ですが、






 







リアルムートンネックボア の、


最終型は、


ずぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーっと!使える!


ホットジャケットです。

















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。






ファイナルコラボレーションジャケットとなった、レッドリブ。「結果、NAVYだけの使用ww」とは言われているも、語り継がれているのは!? [始まりはゴートスキン]









Bureau of Aeronautics : 海軍航空局 は、


1923年に設立された組織なのですが、


1920年代末期に、


フライトジャケットの実用テストを開始します。










その、


6年前となる、


1917年に、


アメリカ陸軍航空衣料審議会が、


設立されており、


1920年代半ばに、


正式採用はしていませんでしたが、


タイプ A-1 を、


開発していました。
















この、


タイプ A-1 ですが、


1920年代の、


資料と現物などの、


情報が、


しっかり残っておらず、


詳しいクオリティーは、


明確ではありません。













フライトジャケットの確かなクオリティーが、


明らかに分かっているのは、


このあとからです。















アメリカ陸軍航空衣料審議会は、


1931年に成り、


マテリアルが、


ホースハイド : 馬革 で、


ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応ジャケットの原点となる、


タイプ A-2 を 正式採用 します。

















「男なら、1着は、A-2 を 持ってねーとね!」


と、


言う人がいるほどの、


人気のジャケットであり、


フライトジャケット史上での、


幾度かの改良があった、


各モデルを、


コレクションしている人も、


多くいる、


アイテムです。










その後、


アメリカ陸軍航空衣料審議会は、


1934年に、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度


対応の原点となるジャケット、


タイプ B-3 を 採用します。
















この時点で、


お分かりだとは思いますが、


アメリカ陸軍 : US・ARMY は、


タイプ A-2 を 夏用のジャケットとし、


タイプ B-3 を 冬用のジャケットとして、


用途を分けたのですね!


















一方で、


その、


Bureau of Aeronautics : 海軍航空局 は、


1938年に、


Spec.M-422A を提出して、


翌年 1939年に標準採用されてい ます。
















マテリアルに、


ゴーストスキン : 山羊革 を使用した、


 M-422A は、


インターミディエート・ゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


を、


対応するフライトジャケットとして、


開発されました。



















反対側と言っていいか?


陸軍では、


その後も、


アメリカ陸軍航空衣料審議会にて、


パイロットジャケットだけではなく、


フィールドジャケットなども、


様々なミリタリージャケットを、


開発して行きます。













そして、


アメリカ海軍航空局 も、


甲板上の強力な寒さで戦う為、


代名詞となるデッキジャケットや、


メルトン海軍のピーコートなど、


作り出していきます。











ただ、


パイロットジャケットに関しては、


中間気温域のインターメディエイトゾーン対応、


M-422A オンリー的なところがあり、


船の上で寒さに耐える事が究極なはずなのですが、


ムートンジャケットを開発するも、



















革の供給不足で、


数がわずかとどまる事が、


明らかでした。











戦時中のジャケットの供給は、


物凄く急務で 本気の待ったなし な、


任務だったと思われますが、


新開発のジャケットに、


「陸軍に」 なのか?


「陸軍が」 なのか?


海軍と共に開発することが決まります。








1943年に、


海軍のリアルムートンな、


M-444 を、


AN-J-4 として支給します。









ですが、


アメリカ陸軍では、


同じ 1943年に、


タイプ B-10 を採用して、
















コットン製フライトジャケットの、


開発と供給に力を注いでいきます。











ですが、


陸軍 : ARMY と 海軍 :NAVY の、


共同開発も進み、


タイプ B-10 採用の翌年となる、


1944年に採用されたのが、


Spec.AN6552 です。















両軍共用目的であった、


ARMY : 陸軍 と NAVY : 海軍 の、


頭文字を略した AN なのですが、


結果的には、


海軍だけの採用に終わっていて、


陸軍航空隊では、


同年の1944年に、


コットン製ジャケットとして、


タイプ B-15 を採用しています。










その、


コラボレーション企画は、


長く続く訳が無いのは、


誰もが予想できるよ―ではありますが、


当時「生きる為の苦肉の策」 か 「わらにもすがる思い」


だったのかもです?










軍隊コラボジャケットの、


ファイナルジャケットとなった、


この レッドリブが装着された AN6552 は、
















第二次大戦で、


最大規模の作戦範囲を誇ったと言う、


CBI戦域にて、


アメリカ 陸軍 航空隊 にて、


苦戦を強いられた戦いでもあった事が、


記されており、


インドからヒマラヤ山脈を越えて、


中国へ向かう、


「ハンプ」輸送などの、


多数のエピソードと共に、


AN6552 が今もなお語り継がれています。




























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




フライトジャケット史上、最もシンプルな、耐熱ジャケット!合わせるには抜群のコットン的ナイロン!?火の不始末と寒さ対応の! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]












ベトナム戦争中だった、


1960年代の末期に、


アメリカ陸軍 :US・ARMY が、


正式採用したジャケットがあります。










このジャケットの、


最大の特徴は、


何と言っても、


燃えにくい素材である、


ノーメックスです。






















耐熱アラミド繊維 とも呼ばれる、


ムチャクチャ難燃性が高い、


素材をマテリアルとして、


造り上げられ、


戦時中、


大量支給されました。









その訳は、


そのベトナムに、


大量投入された 兵士たちの為であり、


ジャケットの正式名称が、


JACKET FLYER'S COLD WEATHER NOMEX

 : ジャケット フライヤーズ コールド ウェザー ノーメックス



ながぁ~~~い!




ので、



愛称があります。



 ヘリクルージャケット です。


















そーです!





ベトナム戦争において、


アメリカ陸軍は、


ヘリコプターパイロットを、


大量動員して、


同時に、


このジャケットを、


連動支給しました。












ノーメックス と言えば、


現行フライトジャケットで、


寒さに強い、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応の、


タイプ CWU-45/P

















と、、、、、、、、






ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応で サマージャケットの、


タイプ CWU-36/P













と言う 2タイプが、


代名詞になっていますが、


この2着の、


ナイロンナイロンしている、 


つややかな感触とは全く違い、


この、


ヘリクルージャケットは、


コットンのよーな肌ざわりなのです!







この、


ヘリクルージャケット には、


数種類のバリエーションが存在し、


45/P のようなのが、

COLD WEATHER と言う、


インサイドライナーに、


しっかりと、


ウールパイルが入れられているジャケットと、


サマージャケットとなる、


ライナー無しも存在します。















 





アヴィレックス さんの、


このジャケットは、


「ヘリクルー」とは 称しておらず、、、、、、、、







 ☆通常のヘリクルージャケットの、

 背中のポケットはなくし、

 衿に収納式のフードが付く仕様と、

 左胸のテープ部分は、

 ポケット仕様にアレンジしています。


 ステンシルプリントがインパクトがあり、

 AVIREXならではの、

 ストリートテイストな仕上がりになっています。




との事でっす。










おそらく、


フライトジャケット史上、


最もシンプルなデザインのジャケットであり、


薄ぅ~くて!かるぅ~い、


更に燃えにくい丈夫な、


ノーメックス!















合わせ技は、


バツグンでっせ!?


















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。








アメカジ系 ブログランキングへ