So-net無料ブログ作成



激動の、5着! B-15~15D ブログトップ
前の10件 | -

最終TYPEは、究極の最終型!他国からのテクノロジーをも、集結した「とにかく目立たない!」?が、コンセプトのフライトジャケット! [激動の、5着! B-15~15D]











ドイツから、


あらゆる技術が、


アメリカに流れ込んできた、


その時期、、、、、、、、








フライトジャケットは、


タイプ B-15B から、


















タイプ B-15C への、















採用変更時期でした。








更に、


それまでの、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


から、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE として、


独立した事により、


それまで、


タイプ B-15B の オリーブ・ ドラブ から、


タイプ B-15C は、


新規定色となる エアフォースブルー に、


変更された訳ですが、


タイプ B-15B 採用当時に、


新開発した、


「パラシュートナイロン」 であり、


オリーブドラブ の ナイロン が、


生産ラインに、


大量に残っていたため、


タイプ B-15C の、


採用初期のジャケットは、


カラーが オリーブ・ドラブ なのです。














軍の中で、


この エアフォースブルー と言う色を、


戦場においての 自然色 から、


かけ離れている事で、


反対意見も多かったよーです。








とは言え、


タイプ B-15 の中で、


もっとも人気がある タイプ B-15C


なわけで、


襟を、


ムートンボアから、 


当時のヘルメットに対応する為、


ニットリブ に変更した、


タイプ B-15C MOD : モデファイド は、






 






 むか~し 昔の、


ベストジーニスト の 授賞式に、


当時 SMAP の、


木村拓哉 さんが、


B-15C M を 着て受賞されたことでも有名です。









ですが、


戦争当時の前線において、


その エアフォースブルー は、


敵の標的のマトになりやすく、


変更を迫られます。









そして、


ボデー・ムートンボアネック・ニットリブ の、


全てを同色の セージグリーン で、


統一して 採用されたのが、


タイプ B-15D です。









 





1950年代の前半に採用された、


最後の B-15 であり、


いわば 「 完成型 」 と言うべきでしょうか。。。







タイプ MA-1 の、


原型 となった ジャケットで、


ネックムートンを、


ニットリブ に モデファイドした、


ジャケットにおいては、


MA-1 と 見分けがつきません。














しかし、


その完成度は 半端ではなく、


タイプ B-15C と比べても、


各部のステッチや製法を、


あえて手の込んだ2重にしてある部分と、


その為、


面倒なデザインにせず、


極力!


シンプルなジャケットにしてあるところが、


究極 と 言っていいでしょう。











タイプ B-15C と 違って、


とにかく目立たず!


と言う意識が、


造り上げたために、


ストリートウエア的には、


ウケていない部分かも ですが、






 







リアルムートンネックボア の、


最終型は、


ずぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーっと!使える!


ホットジャケットです。

















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。






本物を喰え!この寒さを乗り切るために、実は、万能の1着!テストサンプル と言う、ネーミングが悪いぞ! [激動の、5着! B-15~15D]













そのフライトジャケットには、


「 EXPERIMENTAL : 実験 TEST SAMPLE 」

という、


ラベルが縫い付けられており、


アンケートに答えた、


厳選されたパイロットだけに、


支給されるアイテムです。

















AERO MEDICAL LABORATORY エアロ メディカル ラボラトリー


 ( 航空医学研究所 ) は、


パイロットたちが、


任務を、


「より効率良く機能的に遂行出来ること」


を、


目的として、


常に研究が進められていました。









「 あ ! 」


「 俺って ! 実験台 ですかぁぁぁ !? 」


















ある一定の期間に、


限定したパイロット達を対象にして、


装備したフライトジャケットは、


「改良の余地があるのかどうか?」


などのアンケートをとっていたよーです。









そのアンケートのコメントを分析して、



要望を統合して作られるのか、



テストジャケット です。

















彼らはそれを試用し、


与えられた用紙に再び記入、


ラボラトリーに返却していました。










「 自分を 選んで頂いて、 光栄です ! 」







その、


テストを繰り返していく中から、


完成品として、





















正式採用 していた訳ですが、


わずか、


数か月しか、


採用されていないTYPE などもあり、


サンプルと言えども、


カナリの試行錯誤をした、


屈指のアイテムであることは、


間違いありません。







正式採用TYPEで、


同じ、


TYPE名 であっても、













使っているパーツが違ったり、


次の採用品が、


以前の形状に戻っていたリ、


あげくには、


正式採用されても、


 MOD : モデファイド ジャケットが、


あるくらいでもあります。

















サンプルを分析した後、


正式にスペックが、


制定されていたわけですが、









「 なんでも ありっすか !? 」







とも言えず、


やはり、


パイロット じゃないと、


分からない所が、


究極に探られていた訳です。

















では、


もう お分かりだとは思いますが、


単なる テスト品 や、

単なる サンプル ではない訳で、、、、、、、、









正式採用された、


インサイドライナーが、


ナイロン製のキルティングよりも、


テストされていた、


インサイド ウールボア ライナー の 方が、


この寒さを乗り切る為には、


かなり使えるジャケットですね!





























読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。






スリットポケットの原点で、、、ビミョーにわかんなくね!? 短期間で採用チェンジは? タイプ MA-1 の 原型! [激動の、5着! B-15~15D]









どれだけ時間が流れ、


どんなジャケットが人気で、


いろんなブランドにリリースされて、


売れていたとしても、


やはり、


当時物凄い費用を投じられて、


開発されたリアルなフライトジャケットである、


タイプ MA-1 














このクオリティーを、


忠実に再現されたジャケットは、


現在も ちょぉーーーーーーーー! 人気です!






やはり、


このジャケットの凄さを、


1度、


目の当たりにすると、


これを生み出す原型となったアイテムを、


探っていきたくなりませんか???















↑ ↑ ↑

 この、


タイプ B-15D の ( MOD : 襟がムートンボアではなく ニットリブ )


に、


関しては、


外見からは かなりのマニアでない限り、


タイプ MA-1 との 見分けがつきません。









そして、


同じように、


見分けがつきにくいのが、


B-15 の 最初 と 2番目 です。











タイプ B-15 











は、


1944年の4月に、


採用されたフライトジャケットで、


フロントジッパーが、


右にオフセットしているフライトジャケットです。









このジャケットから、


ポケットが 後付けパッチ から、


ボディーにスリットした、


タイプに代わります。









そして、


ほゞ半年後の、


1944年の11月に、


タイプ B-15A が採用されます。













タイプ B-15 と、


同じように、


ジッパーがダブルジャケットのように、


右にオフセットしており、


両タイプ ともに、


カラーが セージグリーン の、


アウターマテリアルが、


ヘヴィーコットンツイルで、


インサイドライナーが、


リアルアルパカウールとなっていて、、、、、、、、 
















        同じジャケットなんじゃね!?






と、


突っ込みたくなりますが、、、、、、、、












タイプ B-15A は、


イヤホンコードなどの、


固定用タブが、


脇の下フロントに追加されています。















細かい所では、


ムートンボアのサイズや、


各部ステッチの強化、


が ありますが、


半年間と言う短い期間ですから、


タイプ B-15A のテストサンプルが、


タイプ B-15 と言っても、


おかしくは ないほど・・・・・・・・。









とは言え、


やはり軍が考案しただけあって、


ジャケットしてのクオリティーは、


遥かに高いアイテムです。









もちろん、


襟のムートンボアを、


ニットリブに変えた、


 MOD : モデファイド モデル も、















存在しますが、


一般的に 「 タイプ N-1 ほしーーーなーーー 」



とか、


 「 ごつい タイプ MA-1 いいーーーねーーー 」


と、


言っている中で、


あえて オフセットジッパー ムートンボア の、


タイプ B-15 











もしくは、


同じくセージグリーンで、


ボア襟 オフセットジッパー と 同じで、


わずかに違うタイプの、


タイプ B-15A 











どちらかを、


羽織っているのは、


カナリ渋いっす!!!!!!!!





どっちも、


人気が ありますけどぉぉぉ・・・・・・・・。
















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「特別限定モデル」まで造るほどの人気!その訳は細部までの完成しかけた鎧な為!エアフォースブルーは、確かにカッコイイーーー!!! [激動の、5着! B-15~15D]









先日の記事で、


「タイプ B-15B が、最もレア品です。」











と、


書かせていただきましたが、


それには、


やはり人気が反映しています。






ミリタリージャケットの中で、


「1番人気は!?」、、、と、、、言われますと、、、、、、、、????????






これは計り知れません。





タイプ A-2 のような気もしますが、


タイプ MA-1 の知名度はゆるがないでしょうし、


品出し→即売れが タイプ N-1 との事。





ですが、


タイプ B-15 を「シリーズ」として、


MOD : モデファイ と言う「ボアなし」と、


テストサンプルも含めての「1番人気は!?」


と、


聞かれますと、


答えは簡単です!






それは、


タイプ B-15C MOD です。








 





このナイロン素材である、


パラシュートシルクが採用されたのは、


タイプ B-15B からなのですが、


その「世界大戦中」と言う時代背景により、


ドイツから様々なテクノロジーが、


アメリカに流れ込みました。








軍用機や装備品が飛躍的な進歩を遂げていて、


フライトジャケットも、


目まぐるしく改良されました。





その中で一目瞭然の、


見てすぐにわかるのが 「色」 です。














タイプ B-15B では、


ボディーカラーに、


「オリーブドラブ」 を使っていましたが、


塗料の色長が安定しにくい性質を持っていた上に、


「耐光性」に乏しかったと言います。




そこに、


「アメリカ陸軍航空隊」


と言う、


組織から独立するという、


「アメリカ空軍 US・AIR・FORCE」


が誕生したことも重なり、


紺色の「エアフォースブルー」にして、


正式採用されたパイロットジャケットとなりました。





と言う、


タイプ B-15C なのです!!!















確かに、


ブルーはカッケ―っすよねぇぇぇーーー!






更に、


タイプ B-15B からの改良部では、


右にオフセットしていたジッパーが、


センターセットにされて、


更に、


グローブや軍手のままでも、


ジッパーが使いやすいように、


大型化されています。













この、


タイプ B-15C MOD という、


軍規定色のエアフォースブルーのフライトジャケットは、


本当に人気があり、


非常に高い支持と評価を得ています。







そして、


メーカー側でも、


その人気やファンの多さを反映知るべく、


ブランドの記念限定モデルとして、


タイプ B-15C MOD を造っています。







我らが日本のサムライブランドである、


バズリクソンズ さん です。














おりゃーーーーーーーー!?




なんと!


アカ色のニットリブぅぅぅーーー!?



「深みのある色合いが、


タイプ A-2 等で人気を博している、


「赤リブ」が装着された、特別バージョン。」









見慣れてきました。。。。。。。。





てか、


営業で着ても、、、、、、、、


話題性で使えますね!


それもカッケ―かも、、、、、、、、。











個人的には、


オリジナルの、


ムートンボアが気に入っています。






















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。


「ゴッツ!希少で、激レアなフライトジャケット!」誰とも、ほゞほゞかぶりたくなぁーい!けどカッケ―し、温かなヤツ・・・あります! [激動の、5着! B-15~15D]

「いちばんマイナー」


などとは、、、、、、、、


言わないでください!













それはまさに、


1946年の事です。





当時の米軍は、


時代の移り変わりと共に、


装備品の見直しも、


物凄い勢いの時間の中で、


研究を図り、


テストを繰り返し、


改良を重ねて、


開発も同時に進められていました。





そんな中で、


コットンツイルのフライトジャケットではなく、


新開発となる、


ナイロン製のフライトジャケットを、


アメリカ航空衣料審議会が、


採用した、


第一号のジャケットが、


タイプ B-15B なのです!!!














その中で作られた、


TEST SAMPLEモデルも多くあり、


後の官給品と比べて、


様々な差異があります。





中には、


目を疑うようなディテールや、


配色も稀に存在したが、


この 、タイプ B-15B も、


そんないろいろなTESTの中から生まれた、


異色のジャケットである事は間違いありません。












テストサンプルは、


テスト品なだけに、


現存する本物の数は圧倒的に少なく、


その希少性と、


時代が残した産物を、


忠実に再現したフライトジャケットで、


かなり魅力的な1着です。













タイプ B-15B は、


ナイロンツイル生地を初めて採用されたモデルで、


そのマテリアルの、


愛称が、


「パラシュートシルク」 です。





そーです!



パイロットの命をつなぐ「パラシュート」に、


使われていたナイロンを、


ジャケット用にアウターマテリアルとして使用して、


正式採用したフライトジャケットなのです。














先代となる、


フライトジャケットの、


タイプ B-15A が、













わずかですが、


ダブルライダースのように、


メインジッパーが、


「右にオフセットしていた」


その事を受け継いで、


このタイプ B-15B も、


メインジッパーが、


右にオフセットしています。














「第1号」なのですが、


なぜか????????



コットンツイルで、


アルパカのインサイドライナーである、


テストサンプルの方が人気が、、、、、、、、





軽いからなのですかねぇぇぇぇぇぇぇぇ????????






「激レア!」


とか、


「希少性!」


更に、


ヴィンテージ特集などでも、


これほどのww


「話題にならなさ」!!!!!!!!ww






そこに、


魅力を感じて頂けたのであれば、


極めると、


これです!


タイプ B-15B MOD : モデファイド













マジで!


激レアです!!!!!!!!





当時のパイロットの、


機能向上化でヘルメットが、


高性能な大型化したため、


ムートンボアな襟を、


取り外しニットリブ化したフライトジャケットです。






渋すぎます!



だって、


着ている人と、


ほゞほゞかぶる事がぬぁーーーい!


のですよねぇぇぇぇぇぇぇえ!




そして、


採用期間も1年経たずに、


エアフォースブルーの、


タイプ B-15C に、













その座を引き継いでいきます。













読んで頂いて、


本当に!ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

作業着ではない!「採用期間」が短くとも、1流メーカーが見習うフライトジャケットなのです!!! 「ボア付き」って、あのね・・・ 元祖 B-15  [激動の、5着! B-15~15D]

「なぁんかぁ~・・・作業着っぽい」


と、


言われても、


分からないでもw ないでもww ないかもですwww













タイプ B-15 


なのですが、、、、、、、、


























1944年の4月に、


アメリカ衣料審議委員会が 採用して、


その、


7か月後の、


1944年の11月に、


タイプ B-15A へと、


その、


メインパイロット用となる、


フライトジャケットの座を譲ります。












、、、、、、、、影、うっす!!!












   ですが!    ですね!



「なぁんかぁ~・・・・・・・・ドカジャンっぽいぃ・・・」




って、、、、、、、、





なに!?!?!?









ま、


こんなのありますからねぇぇぇーーーーーーーー






















「 フライトジャケット = 作業着 」






って、


言われてしまえば、


知らん人は、


     「フライトジャケットって、作業着なんだぁー!」





と、


思いますよね。。。。。。。。









しかぁーーーーーーーーーっっっし! ですね!






これは、、、、、、、、どーーーーーーーーなんですかぁぁ!?



  ↓  ↓  ↓












「 ボア MA-1 」   あのね・・・。







     あのね!






そんなの!ネーから!!!!!!!!   






そんざいしませーーーーーーーーん!!! なのです!







こんなアプローチされたら、


タイプもモデルも、


かんけーなくて、


みんな一緒になっちまうじゃんかぁぁぁーーーーーーーー >o<








でも、、、、、、、、



そんな中でも、


ちゃーんと、


タイプ B-15 シリーズを、


リスペクトして、


ジャケットをラインナップされている、


ブランドが、


・・・・・・・・・・・・・・・・ありまっす!!!!!!!!









4点ググりましたぁぁぁーーーーーーーー!










★ 1つ目が、


クレイスミスのミリタリージャケット


















ミリタリーと、


アメリカンレーシングなクレイスミスが、


融合したアイテムです。











サーキットワッペンと、


プリント&刺繍でクレイスミスチューンされて、


アメリカンクラシックな、


バイカーにも人気の、


ジャケットです。











襟部分が取り外しが可能で、


裏地はファー素材を使用し、


防寒能力は、


極めて高いアウターなのです。













使用されているボタンに、


クレイスミスのエンボスデザインが入り、


ど定番のフライトジャケットと、


レーシングアイコンであるクレイスミスが融合した、


バイカー他今シーズン必見のジャケットです!


















★ 2つ目は、


RADIALL  : ラディアル


フライトジャケット [RA15AW-JK017]






















しっかり、


強力なジャングルクロスを使用した、


RADIALL のフライトジャケットです!













まさに


タイプ N-1 と、


タイプ B-15  を、


原型にシルエットとして、


デザインをアップデートしており、


ネック部にムートンボアを使用した、


アイテムです。










裏地 : インサイド に、


アルパカ混ウールをライナー使用されており、


袖部分にまで使用することで、


防寒性と、


保温性もグンバツ優れています。




















★ 3点目が、


ライダースではありません。


VANSON : ヴァンソン 


タイプ B-15


























多くを語る必要は、


ないと思いますが、


「強力に分厚いウエア」


と、


言えば、


バンソン なのでは・・・・・・・・?









独特の、


シリアルナンバー刻印の、


プルトップキーリングが付いています。













背中の、


「バンソンロゴ・レンチ・スカルパイロット」


は、


好みではありますが、


この、


強力にガンジョーな B-15 を、


ぜひ手に取っほしーーーーーーーーーーーーーーーーっす!











それでも、


背中の、


アクションプリーツは、


1流メーカーの気配りですねぇぇぇーーーーーーーー!






















★ 4点目ラストは、


・・・・・・・・・・・・・・・・アウトドア かぁぁぁ!?


PENFIELD : ペンフィールド
























ちょー有名ですが、


改めて、


1975年に誕生した、


本当に歴史があるアウターブランドの、


PENFIELD : ペンフィールド です。















数々の、


有名アウトドアブランドの生産工場として、


活躍していたのですが、


フリースを起源として、


ブレイクと人気を呼び、


世界で知られるようになった、


アウターなのです。













主にアウトドアウェアが人気ですが、


カジュアルのカテゴリーまで手がけ、


幅広いアイテムの中の、


フライトボンバージャケットです。














老舗なだけに、


気配りと完成度は、


オリンピック並みで、


テフロンコーティングがされて、


雨の対応は、


 ぴか いち !!!!!!!!













ボタンダウンのストームフラップが、


使い勝手の良さと、


ボア部は、


むろんのシープスキンなので、


暖かさは 申しぶん ないのです。

























読んでいただいて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。


















「ヴォリュームネック・フライトジャケット」 アメリカ軍隊の最終型のネックアーマー! その、完成度は!?  [激動の、5着! B-15~15D]

「フライトジャケット と、言えば・・・?」



「MA-1 でしょーーーーーーーー!!!」


って、

言う人、、、、、、、、





多いかもです。。。。。。。。





個人的には、、、、、、、、


う~~~~~~~~ん・・・・・・・・。




タイプ B-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













・・・・・・・・3        です。




ですが、

ずぶの素人の方でも、

「 ぱっと見 で! 」

「 すぐわかる ! 」





ったら!






オリーブドラブ な、

タイプ B-15B 


じゃねっすか!?



んで、

ですねぇぇーーーーーーーー!



更に、

その素人の方から、


「 カッコイイですね! 」

「 軍隊の方ですか? 」


なぁ~んて、

聞かれちまったりぃぃぃ・・・・・・・・。



済みません。

m(__)m




プロっぽい、

もぉーーーーーーーー1着が、






セージグリーンの、

タイプ B-15D 


だっしょぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー!




「ミリタリー」

と言えば、

「みどりいろ」

ですよねーーーーーーーー!?





その、

衿元のヴォリューム・ムートンが印象的な、

名作 B-15 シリーズ は、

タイプ MA-1 の、

前進モデルとして、

名高いフライトジャケットです。



1945年に初めて採用された、

タイプ B-15 と、

翌年に採用された、

タイプ B-15A とが、

コットン製であり、

更にその翌年に採用の、

タイプ B-15B が、

初の、

「ナイロン製フライトジャケット」なのです。










ほゞほゞ毎年、

改良を加えられてきました。





当時の、

アメリカ衣料審議委員会、

航空医学研究所は、

パイロットが、

任務を、

より効率良く機能的に遂行出来るかを、

むろん研究していました。




限定したパイロット達を対象に、

「ジャケットのどの部分が、改良した方が良いのか」

を、

アンケートする訳です。



それを分析し、

試作品を作成します。





それには「テストサンプル・ラベル」が貼られて、

パイロットに支給されます。




パイロットたちが、

用紙に再び記入して、

航空医学研究所に返却をして、

サンプルを分析します。




そして、

正式にスペックが制定するわけです。





戦場であり、

この開発は「ちょーーーーーーー!急務!!!」である事と、

正式な、

タイプスペックの 「 前である 」 という状況から、

後の、

官支給品と比較すると、

「相違点が多々見受けれてる」

という状況でした。




微妙な型の違いや、

ディテールの違い、

時には、

「使用されている素材が、

まるで違うものまで存在していた」

と、

いいます。






「近代的ジャケットの原型」

とも呼ばれる存在です。




表地は、

当時の開発の中で、

非常に強度の高い、

愛称が「パラシュートシルク」

と、

呼ばれていたナイロンで、

中に分厚いウールパイルが、

入れられています。






険しい戦時中に、

開発された、

B-15 シリーズは、

名品中の名品なのです。



そして

その最終到着点となったのが、

タイプ B-15D なのです。


その最大の特徴は、

そのカラーにあります。




新規定色となる、

セージグリーンを採用したことなのです。




フライトジャケットの誕生以来、

シンボライズでもあった、

ムートン襟のボアは、

航空機発達による居住性の向上や、

ヘルメットの大型化などから、

ボア襟が排除された、

「MOD : モデファイト」

や、

タイプ MA-1 へと姿を変え、

後に B-15D は、

ムートン襟のボアが付属する、

アメリカ軍隊、

「最後のフライトジャケット」

と、

なったのです。

























読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



「高スペック」なだけに、モデファイの範囲から、オーバークオリティーになった! インターメディエイトゾーン  [激動の、5着! B-15~15D]



1944年に、

タイプ B-10 の、

後継として、

コットン製の、

タイプ B-15 が、

登場してから、、、、、、、、








このフライトジャケットシリーズは、










1年未満ずつで、

目まぐるしく新型へと、

正式採用が、

変わっていきました。




後に、

タイプ MA-1 に、

その座を、

譲っていくわけですが、

一般市販された、

ジャケットのように、

カラフルだったわけでは、

ありません。




そもそも、

当時存在しなかった、

「ブラック」





確かに、

限りなくさまざまな、

バリエーションが、

存在するわけですが、

タイプ B-15 自体は、

ナイロンでは、

ぬぁぁぁーーーーーーーーい”い”い”!!!



頼むよアルファさ~ん。







そして、

これは、

モデファイした、

「タンカース」

なのでは????????






「アイボリーコットン」

が、

あったものか、、、、、、、、????????



確かに、

タンカースを、

パイロットが着て、

とんだ事実は、

あるのですが、

「アイボリー」を、

アメリカ衣料審議委員会が、

採用するものか・・・・・・・・????????





そして、

タイプ MA-1 の、

「赤」

も、

どーか!?

と、、、、、、、、、











そんなレベルではなくなっている、








このジャケット、、、、、、、、











ある意味、

着てみたーーーーーーーーい!


カッケ―・・・・・・・・かもよ!?





「カレーうどん」

は、

もちろんのこと、

パスタも食べれません!









最後に、

販売している方は、

・・・・・・・・「オリーブ」

と、

うたっていますが、、、、、、、、







・・・・・・・・違うでしょ・・・・・・・・???











あなたの、

未来は、

必ず!!!!!!!!



開運しますよーーーーーーーー!!!!!!!!













読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



「ヴィンテージ」と、あなたの25年後は!? はじめは、「仲間との熱い思い」そして、「自分の熱い思い」  タイプ B-15  [激動の、5着! B-15~15D]

「流行に左右されないモノ創り」

と、

「10年、20年後にヴィンテージと呼ばれるモノ創り」










それは、

1991年に、

設立した。






オリジナリティ溢れる、

アメカジブランドである。





「Lucky Pherrow」

という、

架空の人物を想定して、

彼の、

「ライフスタイルを提案する」

というコンセプトで誕生した。










ザ・リアルマッコイズ設立メンバーである、

三名のうちのひとりの、

志村昌洋が、

立ち上げた、

「 Pherrow's : フェローズ 」

である。






「流行に左右されないモノ創り」

「10年、20年後にヴィンテージと呼ばれるモノ創り」

を、

テーマとした。





当初は、

主に、

ヴィンテージスウェットや、

フライトジャケットの復刻をするブランドであった。








現在では、

ストーミーブルー(ウエスタン、ワーク系)、

シーシーマスターズ(ミリタリー系)、

バンブルビー(モーター・サイクル系)、

マヒマヒライダー(サーフ系)、

といった、

テーマ別に、

数種類のブランドを展開して、

多岐に亘る、

アメカン・カジュアルウェアを手掛けている。








近年では、

それら細分化したブランドを、

ふたたびフェローズへと統合し、

ブランドを統一化して、

「ヴィンテージアイテム」

「フライトジャケット」

「ミリタリーウェア」

の、

レプリカの範疇には、

止まらない展開も見せている。





25年!

って・・・・・・・・



短くねーっすよ!





















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。





カッコよけりゃぁぁぁ・・・・・・・・? って、ホームセンターには行かないよね? モディファイド と言う、ジャケット [激動の、5着! B-15~15D]

〔MOD〕 : モディファイド とは、

「最適にするために、

部分的に、

変更された・・・・・・・・」


との事ですが、、、、、、、、










20世紀末となる、

1990年代後半に、

圧倒的な人気で、

「ベストジーニスト」

殿堂入りをした、

キムタクこと、

木村拓哉さん。




現在も、

チョ--------人気ですが、

当時の、

その「ベストジーニスト」授賞式に、

彼が、

着ていたジャケットが、

タイプ B-15C 〔MOD〕 です。







また、

彼が、

あるドラマで着ていた、






エアロレザーのハーフベルテッドも、

本当に凄い人気になって、

ずぅーーーーーーーーっと売れていますが、

間違いなく、

強力な影響力がある訳です。






その授賞式の後に、

この、

エアフォースブルーの、

フライトジャケットを、

求める人が増えたわけですが、、、、、、、、





ほゞほゞ、、、、、、、、


タイプ MA-1 そっくりですよねぇぇぇ・・・。







ま、

両脇に、

ヘッドホンワイヤー用のタグが、

「付いているか付いていないか」


この差しかないので、


まぁぁぁ・・・・・・・・


市場が少し荒れたとか?





実際に、

彼が身に着けるのと、

「同じように着こなせるか?」



とは、

行かない訳ですが、

このジャケットが、

カッケ―のも事実です。



で、

用は、

〔MOD〕 : モディファイド 

改良版である事は、

なぁーーーーーーーーんも!

関係なく成ってしまって、、、、、、、、




そもそも、

採用当初の、

アメリカ空軍パイロットの、

身に着けるアイテムや、

ヘルメットのクオリティーが、

大幅に進歩した、

1947年に、

誕生したフライトジャケットな、

わけです。







個人的には、





ムートンボアが付いている、

オリジナルが、

最強にカッコイイ―と・・・・・・・・。

























読んで頂いて、

有難うございます。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。






前の10件 | - 激動の、5着! B-15~15D ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ