So-net無料ブログ作成
検索選択



対へヴィーゾーンの N  ブログトップ
前の10件 | -

機能を知り尽くし、技術を認められた、70年以上前からの、空の王!トランスポーター原点のタイプN-2と完成型タイプN-2B! [対へヴィーゾーンの N ]










1945年に、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


は、


新たに開発したナイロン素材である、


「パラシュートナイロン」を用いて、


フライトジャケットをはじめとする、


フィールドジャケットなども、


新たなジャケットへと、


一新していきます。








ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応ジャケットは、


TYPE L-2
















そして、


戦闘機パイロット専用として、


TYPE B-15B
















この、


タイプ B-15B は、


あくまで、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応であり、


この採用変更時期に採用された、


パイロットジャケットの中で、


もっとも温かいジャケットが、


TYPE N-2














という事に、


なります。







タイプ N-2 は、


-30℃から-10℃


という気温域を想定された、


ヘビーゾーン対応のジャケットで、


基本的には運搬機用の、


パイロットジャケットです。











それまで類を見ないほどの、


大型のフードで、


ヘルメットを被ったまま、


フードの装着が出来るように、


考慮された為です。








当時、


軍に入札を果たした、


コントラクター : 制作メーカー は、


厳密に管理された正規品を手掛け、


請け負っていました。








当時の、


厳しく管理された中の、


実際のブランドであった、


アヴィレックス さんが、


このジャケットベースリアップした、


ジャケットがあります。







AVIREX P.D.W. タクティカル N2

















P.D.W : 「Public Defensive Wear」 


パブリック ディフェンシブ ウェア の略称で、


S.W.A.T.や軍特殊部隊をイメージした、


機能的なアイテムのカテゴリーです。









と、


いいます。






1975年に、


AVIREX さんは誕生しました。






名前の由来は、


AVIATOR : 飛行機乗り と、


REX ラテン語で王様 を、


組み合わせた造語です。







「 空の王様 」 を意味しており、


今から70年以上前から、


古き良き時代の、


アメリカン・スピリッツ、フライトジャケットの歴史も、


機能的デザインを知り尽くしている、


AVIREX さんは、


その確かな縫製技術を認められており、


アメリカ軍の、


制式コンストラクターとして、


長きに渡り、


フライトジャケットを納入してきました。
















その技術を使って、


また、


本気の、


原点である、


TYPE N-2 を、


つくってほしぃーーーーーーーーなぁぁぁーーー!?









現行モデルの、


TYPE N-2B も、














メッサ!!! クオリティー 高いっすけどね(〃´∪`〃)ゞ













読んで頂いて、


有難うございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。



研究と改良の多くが重ねられた、完成型アクテブアウター!ヘヴィーになってきた日本の冬に、タイプN-3Bとは!? [対へヴィーゾーンの N ]












タイプ N-3B 


正式名 Parka,Extreme,Cold Weather TYPE N-3B とは、


第二次世界大戦中に開発され、


1962年に採用された、


本来は着丈の長い、


へヴィーゾーン : 極寒地用 の、


ナイロン製フライト・ジャケットです。















アメリカ空軍基地の中でも、


パイロットジャケットではなく、


アラスカなどの極寒地など、


-10℃から-30℃のヘビーゾーン対応として、


地上作業用に作られたジャケットです。









飛行服の中でも、


最も優れている素材やパーツを、


ふんだんに使い、


1着のジャケットを構成している、


最も完成度の高いフライトジャケットが、


タイプ N-3B と言っても、


過言ではありません。

















その エヌスリービー は、


今日において、


多くの民間衣料に、


多大な影響を与え続けています。











そもそも、


アラスカジャケットと言う、


へヴィーゾーン対応のミリタリーフィールドジャケットは、


タイプ B-7 












という、


リアルムートンの、


オールレザーマテリアルな、


アイテムでした。









テクノロジーが進んだ現代において、


そのクオリティーも、


別物です。











ご紹介しましょう。






東京で、


大手レザーメーカーと共に、


「もっとレザーを気軽に楽しもう」


と言うコンセプトのもと、


2005年に、


本格レザーブランドとして始まったのが、


「 リューグーレザーズ 」 です。





最高級プレミアムラム羊革 ミリタリー N-3B レザージャケット












もじ通りの、


プレミアムラムレザー : 羊革 を、


使ったマテリアルで、


フードファーに、 


チャイニーズラクーン が あしらわれています。








インサイドライニングは ポリエステル で、


ライニングインクオリティーは、


ダウン90% フェザー10% の、


ムチャクチャ温かいレザーアウターです。









もう1点・・・!







タイプ A-2 などの、


ホースハイド とは 違いますが、


その、 


馬革 : ホースレザー に、


こだわって、


タイプ N-3B を造り上げたのが、


Haruf : ハルフ です。








馬革 N-3B レザーダウンコート アウター


















馬革 : ホースレザー


と言うアウターマテリアルをベースとして、


インサイドライニングを、


サーモトロン使用しています。





インサイドインのクオリティーが、


ダウン90% フェザー10% と言う、


強力にホットな


レザーアウターミリタリージャケットです。












レザーを使った、


ミドルコートは、


数多く造られていますが、


タイプ N-3B を、


忠実にベースとして、


その造りとパーツと機能を活かし、


そしてダウンを入れた、


完成度の高い2アイテムです。









タイプ N-3B は、


寒冷地での機能性を追求した結果、


単なるファッションアイテムではなく、


生きる為作ったジャケットであり、


多くの研究と改良が重ねられた、


アクテブアウターです。















まっっっっっっっっちがいなく!


あなたを活かしてくれます!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。






冬のライディングでもネックウォーマーやマスクいらず! って、フライトジャケットですよね? バイカー専用? ええい!「フライディングジャケット」にしたら??? [対へヴィーゾーンの N ]








 
本気で!


「バイクで走るのが好きな人」の為の、


バイク乗り専用に製作された、


SKULLFLIGHT : スカルフライト の オリジナル、


タイプ N-2A が リニューアル した との事です!







・・・・・・・・んん!?








そもそも、


タイプ N-2A って、


どんなジャケット!?















1950年代の初めに採用された、


タイプ Nー2A は、


第二次世界大戦が終了した後に、


それまでの、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE から、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE に独立しました。






その空軍の、


シンボルカラーである、


エアフォースブルーが、


ボディーカラーとして、


タイプ B-15C 同様に、















採用されたフライトジャケットです。





タイプ B-15C が ジェット戦闘機パイロット用で、


タイプ N-2A が 爆撃ヘリコプターや輸送機など、


よく、


ゲートやドアが開く機体のパイロット用です。


なので、


極さむの寒冷地でも、


ヘルメットを 丸ごと かぶる事が出来る、


パーカーフードが付いています。






おおー!


バイクもヘルメットをかぶってますよね!!!






着丈が短く、


ウエストをニットリブで絞ってあるのが、


狭いコックピット内で、


操縦する為の運動性を考えた結果です。






後に、


タイプ N-2B へ、













変更され、


メインボディカラーが、


セージグリーンとなります。






タイプ N-2B でも、


ブルーカラーが、


存在しますが、


エアフォース ブルー ではなく、


海軍カラーの、


ネイビー ブルー が、











ラインナップされているジャケットが多いのです。









タイプ N-2A には、


幾つかのバリエーションが存在し、


フードトリムが、


ウルフファー と コヨーテファー と ポリエステルファー のジャケットがあり、


フード内側のライニングである、


ムートンの色が、


ダークブルーのタイプと、


ブラウンのタイプがあります。







当時の、


スペック上に於いては、


素材の調達先まで、


しっかり管理しきれなかったと思われます。

















ですが、


どれも 「 本物 」 であり、


全てのバリエーションが、


ムチャクチャ温けぇーっす!!!!!!!!







SKULLFLIGHT : スカルフライト さんの オリジナルは、


フードに、


厳選された、


天然のコヨーテファーを採用したと言います。









あと、


気に成るのは、


使い込んだ後の、


メンテナンスですよね!?




それが、






※ライディングで汚れてしまった際の専用クリーニング、


失われた撥水加工の復活、


長年の着用によりコヨーテファーの劣化による張替え、


リブ交換、


ジッパー交換等のアフターメンテナンスも万全です。



と、


SKULLFLIGHT : スカルフライト さん。

















一生もの・・・・・・・・ですか!?













読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

ビッグパーカーフードは、ワイルド過ぎ!?へヴィーゾーン対応の、アクティブパイロット専用フライトジャケットは、初詣から節分まで対応!? [対へヴィーゾーンの N ]











もう何回くらい、


コイツを羽織って初詣に行ったことでしょう・・・?





そもそも、


 「 氷点下30度に対応する 」 って、、、、、、、、





凄くねーっすか!?





それでいて、


フィードコート的に、


かさ張らない短い丈で、


アクティブに行動できる、


TYPE N-2B です。















その、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下18度~氷点下34度


と言う、


TYPE N-2 が、


開発されたのは、


1948年ごろです。





60年以上前なのですよぉぉぉーーー!?












確かに、


「ヘルメットも一緒にかぶってしまえ!」 的な、


ビッグフードは、


アメリカ人的なワイルド過ぎる発想かもですが、


あくまでパイロット専用の、


極寒対応のフライトジャケットなのです。













その操縦士は、


主に輸送機や爆撃作戦機、


救出機などの、


「運び屋的なパイロットたちだった」と言います。









そんな彼らが、


温かくアクティブに操縦する為の、


ショートボディーなのです。












日本の冬は、


ハンパなく寒いです。






ルックスだけ取り上げて、


うすぅーく 作られているジャケットも、


多くリリースされてはいますが、


本来は寒さに耐えるほどのウールパイルが、


しっかり入っているジャケットです。





確かに、


パーカーフードがデカイですが、


コヨーテファーが付いていて、


本気の完全防寒ジャケットです。














このジャケットで、


「重ぉ~い」


とか言っている人は、


どれだけ 「か弱い」 のか・・・・・・・・?









どれだけ寒くても、


すぐに行動して、


すぐに何でもできる、


自分自身に、


・・・・・・・・・・・・・・・・会ってみませんか!?































読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「完全な日本国産」に、こだわったミリタリージャケット!やっぱり我が国「日本」は凄い!これを世界のみんなに届けたい! [対へヴィーゾーンの N ]







通常ならばジーンズでは、


14oz : 14オンス のデニムを使用します。








ですが、


このブランドでは、


より太い番手の糸を使った、


ヘビーオンスデニムを使い、


15オンス、


16オンス、


17オンス、


19オンス、


21オンス、


24オンス といった、


製品を提供しています。
















なにより、


そのブランド名の通り、


国内生産に最もこだわり、


原則として海外生産は行わず、


極力日本国内にて生産を行っているのです。







この企業姿勢にて、


「旭日旗」を用いたデザインも、


多くのアイテムに使用されています。







ジーンズだけではなく、


ワークパンツやジャケットなどでも、


17オンスや21オンスなどの、


ヘビーオンスマテリアル製品を、


手掛けており、


もちろんミリタリージャケットでも、


布地のぶ厚い製品を、


多く開発しています。







1998年に、


大阪で誕生した、


サムライジーンズ さん です。











  









「ジーンズは作り手、穿き手のこだわりが一致しないと商品価値が無い」


と言うコピーを、


コンセプトとして、


数多くの、


オリジナルデニムウエアを、


手掛けているのです。






ヴィンテージジーンズの要素を、


踏まえつつも、


細部にまでこだわりぬいた仕様と、


ヘビーオンスのデニム生地で知られています。






本来「ジャングルクロス」である、


TYPE N-1



















これは、


サムライジーンズオリジナル生地の、


15oz : 15オンス で、


硫化染めによる、


セルビッチヘビィーダック生地が使用されています。






しっかりとした肉厚もありながら、


硫化染めによるキャメルブラウンの、


色落ちも愛着化ができそうです。






サムライジーンズらしさをプラスしており、


インサイドライナーは、


オリジナルと同じ、


アルパカウールを使用しています。
















さまざまなアイテムを手掛けているのですが、


何より!


「 サムライ 」 と、


名乗るだけあって、


日本へのこだわりは、


ハンパありません!!!!!!!!








そのため、


紡績段階である、


糸から国内で特注しており、


近年では、


兵庫県篠山市の農地を活用して、


無農薬・有機栽培による、


綿花の生産も国内で行っているのです!!!!!!!!






まさに、


「 完全な日本国産デニム 」

を、


目指しているのです!!!!!!!!





ミリタリージャケットである、


TYPE N-1 も凄いのですが、


これが、


SAMURAI JEANS デニム N-3B ジャケット

















本来オリジナルの TYPE N-3B は、


米空軍にて極寒地へヴィーゾーン対応の、


爆撃機や輸送機の乗務員で地上任務用として、


使用されていたフライトジャケットです。





このジャケットは、


当時のままの復刻ではなく、


素材やシルエットやディテールは、


サムライジーンズクオリティーに、


カスタマイズされています。










記事前半で、 


「サムライジーンズさんは、ヘビーオンスデニムを使う」


と、


もうしあげましたが、


この デニム N-3B ジャケット の マテリアルは、


オリジナルである、


10oz : 10オンス ww の防水デニムです。





すなわちジャケット的に、


重たくはなくて、、、、、、、、





かる~く、


軽快なのです。







サイズは、


より体にフィットするスマートでタイトなタイプにされています。





TYPE N-3B としては、


着丈も短く設定しており裾周りもスッキリとした、


ショートジャケットです。




















アームホールも細めにされており、


もたつき感が解消され、


よりスタイリッシュにご着用できます。





とは言え、


アウタージャケットですので、


インナーに厚手のスウェットや厚手のセーターなどを、


着る場合なども、


余裕をもってサイズをチョイスするのがベストです。





「 デニム 」と言う、


ワークアイテム的なイメージを、


シンプルで美しいキレイなデザインで、


タウンユースにも優れるアイテムに仕上げられています。















日本人が造った、


気配りが生み出した、


デニムの着物で、


正月から日本人である事を、


思い出させてくれるジャケットです!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「希少性最高のフィールドジャケットコート」って、「狼」使用のヴィンテージのみ!人とは違うウインターアイテムはコレだ! [対へヴィーゾーンの N ]

先日、


「フライトジャケットの中で、最も貴重なジャケット」


として、


タイプ B-15B 













の、


記事を書かせていただきましたが、


その、


影の薄さは、


人気の無さが希少性を生み出しています。







では、


ジャケットではなく、


フィールドジャケットコートにおいても、


そういったアイテムが存在します。




へヴィーゾーン対応ジャケットの、


タイプ N- のうちの 1つなのですが、


その貴重さは、


ハンパありません!




おそらく、


現行でリリースしているブランドが、


無いものと思われます。





それは、
 

タイプ N-3A です。















すなわち、


ヴィンテージでしか存在しないのです。





そもそも、


タイプ N-3A とは、


第二次世界大戦中に、


へヴィーゾーン : 極寒地用のジャケットとして、


開発された タイプ N-3 












当初は、


カラーが オリーブドラブ です。





このジャケットの、


後継モデルとして、


開発され、


1950年代初頭に採用されました。














デザインは タイプ N-3 と変わりませんが、


エアフォースブルーの色を採用した


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE のジャケットです。






「ネイヴィーブルー」 と、


言っているショップなどもありますが、


NAVY は 海軍 であって、


開発・採用したのは、


空軍 : AIR・FORCE ですので、


「紺色」と言うより「濃い青」、、、、、、、、




あまり変わりませんね、、、、、、、、(n*´ω`*n)



その、


鮮やかな青色が、


軍用とは思えないフィールドジャケットです。












そしてこのエアーフォースブルーですが、


当時の頭の固い上官など、


古い政治家さんのような人???


には不評であった記録もありますが、


さすがに戦地では目立つ為、


すぐにオリーブドラブグリーンに、


改定されてしまったようでもあります。







そもそも、


輸送機などの乗組員用に、


開発されたジャケットなのですが、


なぜ人気が無いのか????????





この後継ジャケットの、


タイプ N-3B  が、













完成度も高くて、


カラ-バリエーションもマテリアルも、


新しく豊富にリリースされていますので、


数からして、


タイプ N-3A の


貴重度は抜群です!











同時期に採用された、


パイロット用の タイプ N-2A も、












人気があって、


リ・リリースされているのですが、


タイプ N-3A は、


いまひとつ注目度にかけます。













両方のジャケット共に、


活動気温地域が、


摂氏マイナス10度からマイナス30度という、


怖いほどの気温での活動を想定されています。






確かに、


たくさん作られるほどに、


価値が下がって行ったりと・・・・・・・・。





ヴィンテージと言うと、


デニムや、


大きなものですと車など、


高額で取引されているのを、


たまに見かけますが、


金額でニュースになったりするのは、


ヴァイオリンとかでしょうか?









ま、


人気が無ければ、


ジリ貧であることは、


間違いないのですが・・・・・・・・。









フードのボアは、


ウルフファー : 狼 使用で、


貴重で温かいうちの最強のジャケットといえます。
























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。


男なら1着持つべし!「必ず助ける!」救急レスキュー隊機専用パイロットの為の、パラシュートシルク黎明期、極寒へヴィーゾーン対応ジャケット [対へヴィーゾーンの N ]


1945年、


アメリカ陸軍航空隊は、


レザージャケットに代わる新素材の、


ナイロン : パラシュートシルク を使った、


様々なジャケットを、


正式採用しました。












中でも、


主に、


へヴィーゾーン : 氷点下10度~30度 対応の、


救出部隊機のパイロットフライトジャケットが、


タイプ N-2 です。












ジッパーが、


ネック部分まで付いていて、


高い位置までジッパーを閉めることができ、


フェイスアフターを考慮してあるジャケットです。














当初の、


タイプ N-2 は、


カラーがオリーブドラブですが、


次モデルとなる、


タイプ N-2A が、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE の、


誕生に伴い、


エアフォースブルーとなります。














かなり数多くのブランドが、


その機能性の高さと、


保温性の高さから、


リメイクとリリースが、


成されています。













完成型とされている、


タイプ N-2B も、


元々の、


タイプ N-2 と同様に、


パイロットのハードシェルヘルメットを、


かぶっている状態をフードアフターする為に、


パーカーフードが大きく造られています。













カラーが、


セージグリーンをメインと造られますが、


空軍カラーとなる、


エアフォースブルー、


海軍カラーとなる、


ネイヴィーブルー、


民間用カラーとなる、


ブラックなど、


バリエーションを増やして行きます。






スマップの木村拓哉さんが、


TVドラマ「HERO」の中で、


着ていたのがブラックでしたね。














パイロット専用として、


動きやすくする為、


丈を短くし、


ニットリブでウエストを絞った、


トランスポータージャケット。













男前だねぇ~












読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。


必ず温める極寒地使用フィールドジャケット!造り手は本気です!ヘヴィーゾーン最終型の、フライトジャケットからフィールドジャケットとなった真冬のど定番! [対へヴィーゾーンの N ]

氷点下30度でも、


あなたを温めます。




この1着さえあれば!!!!!!!!


と、


言う タイプ N-3B  











「モッズコート」とは、


アメリカ衣料審議委員会が、


1951年に採用した、


通称 タイプ M-51 と言う、


ミリタリーフィールドジャケットです。







その最終型として、


1962年に誕生したのが、


タイプ N-3B です。











ウエストを通るスピンドルで、


タイトに羽織る事が出来て、


下からのアッパーエアを遮断できます。




その為に、


腰を冷やすことが無い抜群のフィールドジャケットです。










採用当初は、


グレーグリーンでしたが、


後に、


セージグリーンに変更されました。






本来、


フライトジャケットとして支給されていたものの、


へヴィーゾーン : マイナス10度~30度 まで、


対応する、


機能性の高さから、


極寒地の地上で使用されていたことが、


フィールドジャケットとして、


最強を誇っています。














さまざまなブランドで、


このジャケットをリリースしていますが、


細かな部分(ニットリブやジッパー)の、


クオリティーを拝見すると、


造り手が、


「兵士を戦場に送る気持ち」ほどに、


あなたを守る現れが分かるのです。











最近の大量に量産された、


「軽いものでないと・・・・・・・」なぁ~んて、


かるく、


自分を包める方は別ですが、


「本気で造られたジャケットじゃないと!」 


と、


冬を熱く過ごして頂きたい!!!!!!!!












オリジナルに忠実な、


コヨーテファーなら、


かなり本気ですね!!!!!!!!






















読んで頂いて、


有難うございます。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「イメージがアクティブミリタリー」だったのですが・・・・・・・・実は浦島太郎じゃん!?的な、へヴィーゾーン  [対へヴィーゾーンの N ]

少し、、、、、、、、


衝撃を受けました。




元々、

強力に寒いところでの、

戦時中にて、

へヴィーゾーン対応の、

輸送機の乗務員用で、

タイプ N-3B が、







輸送機のパイロット用で、

タイプ N-2B が、





採用されました。




私自身が、

年齢を重ねたせいか???



最近は、


すっかり?


てっきり?



「タイプ N-3B は、お買い物ママのコートになったなぁぁぁ・・・・・・・・」


と、、、、、、、、


思っていたのですが、

そーでもなかったよーで、、、、、、、、





この、

アメリカの軍隊が開発した、

防寒性グンバツのミリタリージャケットは、

年代とわず、

1アイテム持っている娘が、

多いよーです。



もう、

だいーーーーーーーーぶ、

前の事ですが、

ロックバンドの「GLAY」も、

「winterアゲイン」のジャケ写で、

そろって、

黒の N-3B でした。







ま、

「コート・・・・・・・・?」

と、

言えば、

「コート・・・・・・・・」

ですよね?






いくら、

1時期、

「短いのが流行った????????」


キムタクが、

ドラマ「HERO」

で、

着ていた!!!!!!!!




とは言え、、、、、、、、



 N-2B は、女子ウケしないか!?



と、

ググったら、、、、、、、、



意外にも・・・・・・・・ありました!




しかも、

けっこーなブランドが、

レディースで販売しています。







きっと、

パイロットを目指して、、、、、、、、









木村拓哉さんが、

劇中で、

羽織っているシーンにあったのは、

黒い タイプ N-2B でしたが、

きっとモノホンな、

高価なアイテムでしょう???

「型破りな検事」のやくですからねぇぇぇ。







少しのシーンにしか、

ジャケット自体は、

出ていなかったよーですが、

それでも、

影響があったよーです。






心もち、

タイプ N-3B よりも、

アクティブな感じの、

タイプ N-2B が、、、、、、、、





レディースで、

売れているのなら、

男子ぃぃぃ・・・・・・・・






負けてらんねーぞ!?









・・・・・・・・ なにが ???













読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


「戦場のトランスポーター・ジャケット」と言えば、N-2 シリーズのへヴィーゾーン!!! この新型は!?  [対へヴィーゾーンの N ]

戦場の、

「運び屋 : トランスポーター 」

と、

言えば、、、、、、、、




・輸送機、

・ミッション乗員機、

・救出機、

などの、

パイロットです。




そして、

その彼らの為の、

「対へヴィーゾーンジャケット」

と、

言えば、、、、、、、、




タイプ N-2 シリーズなのです。






操縦しやすくする為に、

丈を短くして、

裾と袖口を、

ニットリブで絞ったスタイル。




それでいて、

ヘルメット対応の、

ビッグフードは、

独特のフライトジャケットです。






ですが、、、、、、、、



「対へヴィーゾーン(0度~氷点下30度)」

な、

ジャケットだけに、

インサイドの、

「しっかりウールパイルin」

で、

分厚さと、

脱いだ時の、

「かさばるぅー」

感が、

敬遠されるフライトジャケットです。







ところが、

最近、、、、、、、、




「フライトジャケットの老舗」

と、

言われるブランドが、

このスタイルがベースとなる、

・ビッグフード

・ショートボディー

・ニットリブ

となる、

新たなジャケットを、

ラインナップしています。。。。。。。。





1つは、

AVIREX P.D.W. TACTICAL N-2 ジャケット







かなりスリムに見えますが、

ポリエステルライニングに、

ポリエステルウールが、

しっかり入っている、

ジャケットです。




「トランスポーター・ジャケット」

と言うより、

機能面の多い事から、

「アドベンチャー・ジャケット」

と、

いった感じですねぇぇぇーーーーーーーー???










もう1点が、

SCHOTT : ショット  レザー・フーデッドパーカー







これは、

ブランドイメージにて、

レザーのクオリティーに、

絶対の自信と誇りを持っている、

SCHOTT

であるからに、

出来上がったジャケットですね!



世界初の、

「レザーとジッパーを合わせたジャケット」

を、

製品として、

造り上げたブランドの、

「カウハイド・パーカー・ジャケット」

は、、、、、、、、




使い込むほどに、、、、、、、、???





どーかなぁぁぁーーーーーーーー????????














読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。












前の10件 | - 対へヴィーゾーンの N  ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ