So-net無料ブログ作成



始まりはゴートスキン ブログトップ
前の10件 | -

ファイナルコラボレーションジャケットとなった、レッドリブ。「結果、NAVYだけの使用ww」とは言われているも、語り継がれているのは!? [始まりはゴートスキン]









Bureau of Aeronautics : 海軍航空局 は、


1923年に設立された組織なのですが、


1920年代末期に、


フライトジャケットの実用テストを開始します。










その、


6年前となる、


1917年に、


アメリカ陸軍航空衣料審議会が、


設立されており、


1920年代半ばに、


正式採用はしていませんでしたが、


タイプ A-1 を、


開発していました。
















この、


タイプ A-1 ですが、


1920年代の、


資料と現物などの、


情報が、


しっかり残っておらず、


詳しいクオリティーは、


明確ではありません。













フライトジャケットの確かなクオリティーが、


明らかに分かっているのは、


このあとからです。















アメリカ陸軍航空衣料審議会は、


1931年に成り、


マテリアルが、


ホースハイド : 馬革 で、


ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応ジャケットの原点となる、


タイプ A-2 を 正式採用 します。

















「男なら、1着は、A-2 を 持ってねーとね!」


と、


言う人がいるほどの、


人気のジャケットであり、


フライトジャケット史上での、


幾度かの改良があった、


各モデルを、


コレクションしている人も、


多くいる、


アイテムです。










その後、


アメリカ陸軍航空衣料審議会は、


1934年に、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度


対応の原点となるジャケット、


タイプ B-3 を 採用します。
















この時点で、


お分かりだとは思いますが、


アメリカ陸軍 : US・ARMY は、


タイプ A-2 を 夏用のジャケットとし、


タイプ B-3 を 冬用のジャケットとして、


用途を分けたのですね!


















一方で、


その、


Bureau of Aeronautics : 海軍航空局 は、


1938年に、


Spec.M-422A を提出して、


翌年 1939年に標準採用されてい ます。
















マテリアルに、


ゴーストスキン : 山羊革 を使用した、


 M-422A は、


インターミディエート・ゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


を、


対応するフライトジャケットとして、


開発されました。



















反対側と言っていいか?


陸軍では、


その後も、


アメリカ陸軍航空衣料審議会にて、


パイロットジャケットだけではなく、


フィールドジャケットなども、


様々なミリタリージャケットを、


開発して行きます。













そして、


アメリカ海軍航空局 も、


甲板上の強力な寒さで戦う為、


代名詞となるデッキジャケットや、


メルトン海軍のピーコートなど、


作り出していきます。











ただ、


パイロットジャケットに関しては、


中間気温域のインターメディエイトゾーン対応、


M-422A オンリー的なところがあり、


船の上で寒さに耐える事が究極なはずなのですが、


ムートンジャケットを開発するも、



















革の供給不足で、


数がわずかとどまる事が、


明らかでした。











戦時中のジャケットの供給は、


物凄く急務で 本気の待ったなし な、


任務だったと思われますが、


新開発のジャケットに、


「陸軍に」 なのか?


「陸軍が」 なのか?


海軍と共に開発することが決まります。








1943年に、


海軍のリアルムートンな、


M-444 を、


AN-J-4 として支給します。









ですが、


アメリカ陸軍では、


同じ 1943年に、


タイプ B-10 を採用して、
















コットン製フライトジャケットの、


開発と供給に力を注いでいきます。











ですが、


陸軍 : ARMY と 海軍 :NAVY の、


共同開発も進み、


タイプ B-10 採用の翌年となる、


1944年に採用されたのが、


Spec.AN6552 です。















両軍共用目的であった、


ARMY : 陸軍 と NAVY : 海軍 の、


頭文字を略した AN なのですが、


結果的には、


海軍だけの採用に終わっていて、


陸軍航空隊では、


同年の1944年に、


コットン製ジャケットとして、


タイプ B-15 を採用しています。










その、


コラボレーション企画は、


長く続く訳が無いのは、


誰もが予想できるよ―ではありますが、


当時「生きる為の苦肉の策」 か 「わらにもすがる思い」


だったのかもです?










軍隊コラボジャケットの、


ファイナルジャケットとなった、


この レッドリブが装着された AN6552 は、
















第二次大戦で、


最大規模の作戦範囲を誇ったと言う、


CBI戦域にて、


アメリカ 陸軍 航空隊 にて、


苦戦を強いられた戦いでもあった事が、


記されており、


インドからヒマラヤ山脈を越えて、


中国へ向かう、


「ハンプ」輸送などの、


多数のエピソードと共に、


AN6552 が今もなお語り継がれています。




























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




一生懸命に作ったのにぃぃぃーーー! それは、本当に!必要だろうか・・・??? その時間とお金は!? [始まりはゴートスキン]









実際に、


戦時中に、


フライトジャケットの、


採用・不採用を決定するまでの、


流れ的なモノは、、、、、、、、????????





世界一 軍事にお金を使っている、


アメリカ合衆国 では あるのですが、


どーなっていたのか?






調べ ググり 調べ ました。







まず 民間企業 が 造った、


プロトタイプとなるジャケットを、













航空衣料審議会にて、


テストをします。









のちに、


修正があれば、


造った民間企業に、


審議会が 指示を出します。








更に、


陸軍でフィールドテストをしたのち、













「採用する」


と言う、


世界大戦へ 本チャン 前からの、


回りくどい システムを、


とっていました。







言いたい放題のオーダーを、


民間メーカーに、


投げ放題な「わがままお姫様」的、


審議会だったらしく、


その、


メーカー 各ブランド の、


悪戦苦闘品のよーな、


ジャケットが けっこー 存在します。









先に載せた、


 B-6 と言う名の、


袖と裾がニットリブなこのムートンは????????






タイプ A-2 に、


ウールパイルのキルティングライナーに、


代えてある、


I-S-674-ms













インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度 対応の、


      A-2  !?!?!?!?!?!?!?!?


みたいな・・・・・・・・・。






カッケーんすけど (〃´O`〃)ゞ






1920年代の後半から、


衣料審議会では、


パイロットたちの 要望リストを取り始めています。







ジャケットブランドは、


その企画に沿ったアイテムを、


「作れ」と指示されていた訳ですから、


若干の手間は 省けたよーですが、、、、、、、、?







ただ、


陸軍航空衣料審議会 とは別で、


アメリカ海軍 : US・NAVY が、


オーダーをはじめていました。













これでは 「 イカン! 」、


「 時間もかかるし、金もかかる 」


と、


陸軍 : ARMY 


海軍 : NAVY


の、


「共同ジャケット量産プログラム」


として、


 AN 規格が動き出し、














  AN-J-3 が 造られたのですが・・・・・・・・。























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




「カウハイド」も存在する、海軍最長の誇り!ゴートスキンにこだわらなくとも、動きやすさは譲れないVツイン対応! [始まりはゴートスキン]








このジャケットの特徴は、


両肩に 「何も付いていない」 こと。


(軍服どくとくの、エポーレットなど)




そして、


腕を前に伸ばしても、


姿勢を楽に保てる 「背中両脇のアクションプリーツ」












腕後ろの スリット の事ですね。





そして、


「ジッパーフラップ」 (ジッパーのすき間からの冷気の侵入を防ぐもの)


が、


内側についている。













その為に、


フロントジッパーを閉めたときに、


ファスナーLINEが表に出ています。





すぐに脱げるようにです。











タイプ G-1 とは、


アメリカ海軍 : US・NAVY の、


誇り高き フライトジャケット なのです!!!!!!!!






1948年から製造され始め、


正式採用が1950年代になってからなのですが、


その、


原型となったモデルのフライトジャケットは、


5種類あります。













しかし、


そのいずれも、


正式採用にいたっていません。







すなわち、


この、


TYPE G-1 は、


しっかり 軍隊が認めた フライトジャケット なのです。















WEB上で、


ユーズドを取り扱っているショップさんで、


襟に ボアが付いているだけで 「G-1」と称して、


載せているところが、


あまりに ヒドォォォ――――――――イ !!!










1950年前後に、


造られていたマテリアルは、


メッサ渋い ゴートスキン : 山羊革 です。













理由は分かりませんが、


TYPE A-2 が、


ホースハイド : 馬革 を使っていたため、


「供給されなかった」 か?




「運動性や柔軟性」 を、


重視したためか?





そもそも、


アメリカ海軍 : US・NAVY と、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


とで、


三井住友 と 東京三菱UFJ のような関係???



だったと、、、、、、、、
 






その後に、


何度かのリ・コンディションや、


ステッチ変更などもされて、


中には、


カウハイド : 牛革 を マテリアルにしたジャケットも、


現物で存在します。















インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応と言うフライトジャケットで、


海軍では 「へヴィーゾーンに対応する為」 として、


この TYPE G-1 の 上に羽織る、


オーバージャケット が、


採用されています。






だから、


どぉぉぉーーーしても! G-1 !!! なんです !!!














大空の歴史上、


海軍の誇りとして、


最も長い寿命であった、


TYPE G-1 は、


今も 多くのファンが 愛して愛用している、


マジで!誇り高きフライトジャケットなのです。















大空を舞う時の「命の鎧」としたのが、


アメリカ海軍の TYPE G-1 





ヴィンテージのバイカーズスタイルとしても、


愛されています。







フロントのジッパーや、


背中のアクションプリーツをみて、


「お!海軍だね!?」 と、、、、、、、、























読んで頂いて、


有難うございます。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

実際に大戦を戦った、本気のフライトジャケット。組織や時間の中で、自分が身を預けた部隊の、自信の鎧! [始まりはゴートスキン]









アメリカ空軍 : US・AIR FORCE が、


独立する前の、


1940年代前半に、


アメリカ海軍 : US・NAVY によって、


初めてとなる、


インターメディエイトゾーン : 気温域 氷点下10度~10度


対応のフライトジャケットが誕生します。









spec M-422 なのですが、


それを、


アメリカ航空衣料審議委員会が、


そもそも、


アメリカ陸軍 : US・ARMY 


で、


あった為に、


陸軍と海軍の「共同採用とする」ための、


ジャケットとされ、


spec AN-J-3 とされます。












それが、


アメリカ陸軍 : US・ARMY では、


ほゞほゞ着用されなかったwwと言います。








時代は愚かな世界大戦中でありますが、


パイロットたちを守る為に、


「待ったなし!」 です。







「さらに優れたジャケットを」 と、


アメリカ海軍 : US・NAVY が、


開発を進めます。










そして誕生したジャケットが、


spec M-422A です。













第二次世界大戦のはじめから、


終戦まで活躍したフライトジャケットです。





前モデルとの違いとして、


すぐにわかるのは、


襟部分のムートンボアですが、


ライニングの縫製や襟裏についたストラップの形状、


縫い目のクオリティーが、


格段に向上し、


海軍が本気を出したモデルです。















タグに、


「 TYPE 」の表記が無いのは、


正式に採用されていないためです。








日本では、


TYPE G-1 が有名です。














これが、


最終モデルであって、


アメリカ衣料審議委員会に、


正式に採用されたフライトジャケットではありますが、


第二次世界大戦中に、


実際に空を飛んで、


戦っていたジャケットは、


この、


spec M-422A なのです。













襟部分に染め上げたムートンを使用しており、


襟を立て、


装備されたチンストラップを閉めることで、


首回りの保温、


寒風の侵入を防ぐジャケットです。







前身頃に配置されたポケットは、


左右非対称で、


spec M-422A の独特なディテールです。












もちろんマテリアルは、


耐久性に優れた ゴートスキン : 山羊革 です。







独特の凸凹模様で、


この光沢が、


着込む程に身体に馴染んでいき、


共に過ごす事で、


自分の渾身の鎧となるのです!!!!!!!!


















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

激レアで、「ど!真ん中!」ほど、最強のフライトジャケット!なのですが、インターメディエイトゾーン:中間領域と言う中途半端な、謎だらけのジャケット! [始まりはゴートスキン]

インターメディエイトゾーン : 中間気温域 


対応のジャケットが、


「フライトジャケット」


と言う、


アイテムを世界中に広めました。






代名詞となるのは、


タイプ G-1 です。












映画「トップガン」にて、











トムクルーズ さんが、


カッコウ良すぎ!!!!!!!!






ですが、


その、


インターメディエイトゾーン : 中間気温領域


の、


フライトジャケットの歴史をたどると、


謎だらけなのです。






アメリカの軍隊は、


ARMY : 陸軍

NAVY : 海軍

FORCE : 空軍


が、


あります。




その中で、


US・NAVY : アメリカ海軍 が、


1938年に開発した、


Spec.M-422 が始まりです。




そして翌年の1939年に開発されている、


Spec.M-422A










ここで、


ゴートスキン : 山羊革


を、


使用した記録と現物が確認されていますが、


元祖ライトゾーン・フライトジャケットの、


タイプ A-2 をはじめ、


ホースハイド : 馬革 などの、


レザーの供給が厳しくなった為とみられます。









「タイプ」 ではなく、


「スペック」 と、


タグに表記されているのは、


アメリカ衣料審議委員会が、


正式採用していないためです。





更に、


ぐちゃぐちゃに訳が分からなくなっていく要因が、


陸軍 : ARMY 


と、


海軍 : NAVY


が、


共同採用にしようとした、


タイプ AN と言うジャケットです。






それが、


1940年に開発された、


AN-J-3 です。











「最終的に」 なのか?


「最初から」 なのか?


海軍だけの採用に留まったようですが、


AN-J-3 は、


後継モデルとなる


AN-J-3A 












で、


ムートン襟に戻されたようです。





そして、


後の、


1944年に開発された、


Spec.AN6552











で、


襟裏には"US"とステンシルされています。





黒みを帯びた、


濃茶の、


アニリン染料で仕上げた、


ゴートスキン : 山羊革  


光沢を放つジャケットに、


レッドリブが装着された、


AN6552 は、












極短期間に使用されたフライトジャケットで、


極めて稀少モデルなのです。






そして、


1947年に正式採用されたフライトジャケットが、


タイプ G-1 











登場となる、、、、、、、、






と、




思われるのですが、、、、、、、、







皆様は、、、、、、、、







違い、、、、、、、、分かりましたかぁぁぁぁぁぁぁぁ????????



















読んで頂いて、


本当にありがとうございます。



またの、


ご来店を、お待ちしております。

「ボンバージャケット や ドカ・ジャン」 と、誰が言い出しっぺなのさ!?  って、、、メーカーが、ボンバーなのね・・・・・・・・。  [始まりはゴートスキン]


ですからですね、、、、、、、、



誰なんでしょうか????????



「ボンバー」

などど、

言い始めたのは、、、、、、、、????????







1970年代から造られた、

 
 i‐s‐674 です。






ピッタリサイズを、

ちゃんと選ばずに、

着ていたのでは、

ないのですかぁぁぁーーーーーーーー????????





ほゞほゞ、

タイプ A-2 と、

同じスタイルに、

70年代だと、

インサイドボアライナーで、

80年代だと、

ウールパイルキルティングの、

インターメディエイトゾーン・フライトジャケットです。






最初は、

ショットさんオンリーメイド???


だったのか????????


謎だらけのフライトジャケットなのですが、

レザーは、

ステアハイドか、

カウハイドの、

牛革製のみですね。





80年代に入ってから、

ヒューストンも、

量産されているようです。





かの、

「ジェームス・ディーンが、好んだジャケット。」





か細ぉぉぉ~~~~~~~~く ・・・

人気があったようですが、

モデルチェンジをします。。。。。。。。。




襟ボアと、

インサイドウールボアが、

取り外しが、

出来るようになります。



 174‐US です。





今までの、

日本人的、

「ドカジャン」シルエットで、

全体的に、

重厚かつしなやかで、

高級感を漂わせる、

オイルドレザーは、

おそらく「カウハイド」では????????


襟のボアと、

ライナーを外すと、

全くもって、

タイプ A-2 なんです。






現行で、

販売されており、

っっっっっっっっっーーーーーーーーとに!

ながぁーーーーーーーーーーーーーーーーく 、

「愛用している人が多い」

と、

いう事が、

わっっっっっっっっっかりまっす!!!!!!!!





ですが、、、、、、、






ショットさんは、

バリエーションを増やしています。




それが、、、、、、、、


 184‐m‐s   なのです。







てか、、、、、、、、


違いなんて、

分かりませんよねぇぇぇーーーーーーーー!?




ま、

フロントスタイルは、

まっっっっっっっっーーーーーーーーたく! 同じです!



襟ボアも、

取り外せます。



インサイドライナーも、

ウールボアで脱着式です。



ここまで全く同じなのですが、、、、、、、、




背中がちがいます。


タイプ G-1 のように、

アクションプリーツ・スリットに、

造られています。








ま、

エポーレットが、

付いているところで、

「 G-1 ではない! 」

と、

すぐにわかる訳ですが、、、、、、、、






しょうじきぃぃぃ・・・・・・・・・・・・・・・・





SCHOTT : ショット

だから、

いいのですねぇぇぇ・・・・・・・・。














読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


レプリカされた、ホースハイドもあるようですが、やはり、陸軍は陸軍で、海軍は海軍ですよねぇぇぇ・・・。  [始まりはゴートスキン]

アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE

が、

誕生する前の、

1940年から、

4年の間に、

っっっーーーーーーーーーーーーーーーーとに!

多種多様な、

レザーフライトジャケットが、

登場します。





先日、

タイプ G-1 が、

タイプ CWUー シリーズのナイロンに、

代わってから、

数年後に、

兵士たちからの人気の為、、、、、、、、




と言う、

事を書きましたが、

その、

タイプ G-1 の、

直前のジャケットが、

これです。







  AN 6552 です。


「 AN 」 ですので、

アメリカ陸軍 : US・ARMY

と、

アメリカ海軍 : US・NAVY  

との、

「共同モデル」

と、

いう事になります。


1944年に、

使われていたジャケットで、

衣料審議委員会が、

正式採用しても、

両軍が、

ちゃんと使ったのか????????






さまざまな、

見解で、

このジャケットが、

出来たわけを口説いている方が、

ほどほどにいますが、


「 M-422A の、後継モデルです。」

と言う方と、

「 AN-J-3A が、原型です。」


との、

2通りが多いようです。。






どっちも、

そして、

タイプ G-1 も、

似すぎていて、

所見では、

ほんんんーーーーーーーーーーーーーーーーとうに!



見分けがつきませんが、







ゴートスキン : goatskin (山羊皮) 

で、

襟がムートン 

で、

背中がアクションプリーツ構造に、

なっているジャケット、

で、

「 G-1 ではない。」

となると、、、、、、、、










レア感が、

バツグンで、、、、、、、、




えらい! 

クールじゃねーっすかぁぁぁ!?







3年で、、、、、、、、


軍を、

卒業したフライトジャケットなんですけどねぇぇぇ。。。


















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、

ご来店を、

お待ちしております。













兵士に愛された、インターミディエイト・ゾーン対応の、THE・NAVY(海軍)ジャケット  タイプ G-1  [始まりはゴートスキン]

「熱意」

と、

「人気」

と、

「情熱」

が、

「再度の軍が採用」

とした、

「知名度」

は、

ゴートスキン : 山羊革 



なんです!



タイプ G-1 です。






海軍航空局によって、

開発された、

「インターミディエイト・ゾーン : 中温域」

フライトジャケットです。






US・NAVY : 海軍 

の、

フライトジャケットの歴史は、

スペック  No. M-422 

に始まります。





そして、

スペック  No. M-422A 

と、

進化して ANー シリーズへと、、、、、、、、





そして、

タイプ G-1 は、

1976年に採用中止となります。







ですが、

パイロット達の強い要望によって、

1984年に、

再び採用され現在にいたるのです。




80年代後半の、

ブレイクにより、

至らない業者の、

至らないクオリティーなジャケットを、

「手に取ってしまった人」

が、

多くいたのも事実ですが、

本来の、

タイプ G-1 の、

マテリアルは、

「GOATSKIN / ゴートスキン : ヤギの革」

なのです。








馬や牛の革に比べて、

軽くてしなやかなのが特徴です。




改めて、

このジャケットを、

見直してみませんか?



本来のクオリティーは、

物凄く高く、

自分サイズを、

しっかりチョイスすると、

手放せなくなるアイテムなのです。







着用感も、

一般的なレザージャケットよりも、

快適です。




特徴として、

襟のムートンボアが、

目立ちますが、

それだけではありません。




「動く」

と言うポイントで、

何よりの特徴が、

背中です!



後ろ肩に施されている、

「アクションプリーツ」

と呼ばれるスリットです。




いろんな「動き」に、

柔軟に対応し、

手を前に出す「動き」は、

決して窮屈では、

ありません。






愛する人を、

すぐに、

「ハグ」

出来るのも、

この、

タイプ G-1 の、

魅力です。













読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。

「もどき!?」 いえ!そっちが「あと出し」なんですけどぉぉぉーーーーーーーー!?  M-422A  [始まりはゴートスキン]

逆に、

「Gー1 もどき」

と、

言われるほどに、

そっくりなジャケットなのです。







アメリカ海軍 : U.S.NAVY で、

今も現役で使用されている、

「レザー製のフライトジャケット」

と、

言えば、

タイプ Gー1 です。







その Gー1 の、

原型となったフライトジャケットが、

この

Mー422Aなのです。



アメリカ海軍 : US・NAVY は、

アメリカ陸軍 : US・ARMY とは別で、

フライトジャケット

の、

開発を進めていました。




その中で、

衣料審議委員会に、

採用されるまでに、

「試作品」



作る訳ですが、、、、、、、、





その、

1930年代半ば、

第1号となるジャケットが、

 Mー422 です。





このタイプは、

正式採用されず、

次のモデルを造ります。



時代は、

1940年代初め、

その時点で、

ほゞほゞ「成された」

と、

思われていた、

そのジャケットは、

デザインこそ、

現在も現場で使われているのですが、

正式採用されることは、、、、、、、、





ありませんでした。





そのフライトジャケットが、

 Mー422A なのです。





1930年代に開発された、

 M-422 の改良型であり、

機能とスペックには、

「かなりの自信を持っていたのでは?」

と、、、、、、、、???



その後、

1948年に、

タイプ G-1 として、

正式採用されます。




デザインやスペックは、

ほゞほゞ同じですので、

「パっと見ただけで判別出来る人」は、

かなりの、

「ジャケットおたく」

か、

「ミリタリーおたく」

です!!!!!!!!



若干、

 M-422A の方が、

「丈が長い」

と言う事なのですが、、、、、、、、






見た目には、、、、、、、、






わっかりませんよぉーーーーーーーー!?






友人から、

「それって、ジーワン???」

って、

聞かれたら、

「同じようなもんだけど、ヨンニーニーエーだよ( ^‐^`) 」


























読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。





「THE希少価値!」とは言え、知らない人多すぎ!SCHOTTとHOUSTONが手掛けた、戦時後半のごつい鎧 I-S-674-M-S  [始まりはゴートスキン]

1960年代後半、

レザーの供給が、

安定を取り戻しつつあった頃、

アメリカ衣料審議委員会は、

タイプ G-1 が、

需要があるにもかかわらず、

ゴートスキン(山羊側)と、

シープスキン(羊革)で、

強度的寿命の問題を考えます。



タイプ A-2 のように丈夫な、

へヴィーゾーンジャケット。


そこで、

G-1 を手掛けていた、

あるテイラーブランドメーカーに、

白羽の矢を立てます。






「SCHOTT」 です。






70年代に、

制作された、

 I-S-674-M-S です。




軍に、

正式採用された記録は

残っていませんので、

このジャケットを、

「良く分からない」

人も多い事でしょう。




知らないくせに、

「古着屋でっす」

と、

名乗っている所がヒジョーーーーーーーーに!

多く見かけられます。



襟ボアが付いているところだけ見て、

「G-1型」 とか、

コメントしてありますが、、、、、、、、





いや!

G-1 には エポ-レットついてねーしぃ・・・・・・・・




んで、

ポケットフードも「ホールボタン」じゃなく「スナップ」ですからぁ・・・・・・・・







ベースは、

タイプ A-2 です。





とは言え、

ホースハイドではなく、

SCHOTT が、

牛革の高い技術を持っている事もあり、

お兄さん牛である、

ステアハイドで造られています。





ムチャクチャ完成度が、

高いフライトジャケットです。



対へヴィーゾーンジャケットですので、

対策的に、

襟ボアに加え、

インサイドライニングが、

ウールボアで造られています。







70年代前半に作られた、

このジャケットと、

同時期に、

HOUSTON : ヒューストン

が設立。





そして、

このジャケットを手掛けます。






ま、

丈夫なだけに動きにくいわけで、

このジャケット事態の謎も多く、

名声を轟かす事は出来なかった訳ですが、

そのクオリティーの高さと、

数の少なさと、

両ブランドのファンの多さから、

大切にされている、

アイテムです。








この、

ヒューストンが先に、

インサイドライナーを、

ジッパーで、

脱着できるタイプを、

量産して、

次期モデルに、

早々に移行していきます。













読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


前の10件 | - 始まりはゴートスキン ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ