So-net無料ブログ作成



ナイロンサマーの、タイプ L ブログトップ

「春から初夏 対応」!?いいえ!「一年中使えるジャケット」です!軽快で、サクサクで、スイスイのフットワークな、オリーブです。 [ナイロンサマーの、タイプ L]












「 ライトゾ-ン 対応 フライトジャケット 」


と 聞いて、


 一般的に どんなジャケットを、


連想するのでしょーか ???










かなり数多くのジャケットを見てきた、


私は もう、


「 ライトゾ-ン !? 【 L 】でしょ!! 」


って 感じなので、、、、、、、、









よーは、


「 もしかしたら、寒いかも? 一応 うわ着 持ってくか! 」 


的なジャケットを、


イメージして頂けると・・・(#^.^#) 










現行で、


アメリカ軍をはじめとして、


NATO諸国の 軍隊 と、


日本の防衛省 自衛隊 に おいても、


サマ-ジャケット として、


使われていて、


世界中の空を飛び回っているのが、


「 CWU/36P : シーダブルユー/サンロクピー 」


です。






















ハイクオリティーな、


燃えにくいマテリアルの、


「 ノーメックス : 耐熱アラミド 」


を 外側の素材に使用して、


1978年に、


アメリカの 陸 海 空 全軍 と、


海兵隊 にも 支給されて、


その後 39年に渡り、


使われている 「 夏用 の ジャケット 」 です。










この、


「 ライトゾ-ン 対応 ジャケット 」 の、


「 元祖 」「 原点 」と 言うと、


タイプ A-1 です。















  






そもそも 「 ライトゾ-ン 」とは、


「 軍事 」「 ミリタリー 」に おいて、


定められた 国家予算での 開発と生産をする、


主に ジャケット に 用いられる、


「 対応気温域 を 表す 専門用語 」でして、


他に 「 インターメディエイトゾーン 」


「 ヘヴィーゾーン 」


「 スーパーヘヴィーゾーン 」


が、 


あります。









ライトゾ-ン の 対応気温域 は、


 30度~10度 ですので、


それに対応するアイテム として、


開発されたジャケットは、


中綿やウールパイルが 入っていません。























ですので、


「 もこもこ 」しないで「 動きやすぅぅぅーーーい! 」


ジャケットなのです !!!!!!!!











その 「 綿なし ジャケット 」の 中で、


最も人気があるのが、


タイプ A-2  です。



















アウターレザーとインサイドコットンが、


精密に作られた このジャケットの、


「 ピッタリサイズ 」を、


ぜひ!  1 度 !! 羽織ってみてください !!!


「 革ジャン 」の イメージ 変わりますから !!!!!!!!











・・・ 失礼 m(__)m





話を戻しますね   (〃´∪`〃)ゞ










その「 夏用ジャケット 」として、


人気の タイプ A-2 が 使われていた、


第二次世界大戦 当時に、


「 レザーの枯渇 」が 大きな課題となって、


1943年に 当時の、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE が、


採用した ジャケット が、


タイプ B-10 でした。





















しかし、


「 ライトゾ-ン対応ジャケット 」


ではなく、


「 インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度 」


対応のジャケットであり、


いろいろな問題がありましたが、


インサイドライナーに、


「 アルパカウール 」を使用した このジャケットは、


量産も追いつかずに、


パイロットが使うのに 困難を極めます。











その 2年後 となる、


1945年に、


革命的に タイプ A-2 と、


世代交代をしたジャケットが、


タイプ L-2 です。























アウターの、


「 パラシュートナイロン 」


という愛称の マテリアルに、


インサイドライナーもナイロン素材で、


メッサ 軽快な ジャケットです。









タイプ A-2 から引き継がれた、


ショルダーエポーレットが、


何よりの特徴で、


タイプ L-2 の 「 L 」は、


まさに 


「 ライトゾ-ン : Light Zone 」 


の、


「 L 」なのです!!!




















ここ最近、


「 年間 通して 使える 中綿なしの MA-1 です 」


って・・・・・・・・ ┐(´д`)┌







それ MA-1 じゃねーからww








   的な    コメントを見かけますが、


「 シーズン通して使えるジャケット 」


は、


「 ライトゾ-ン対応ジャケット 」


なのです!!!!!!!!










これからの 「 お花見 」も、


痛い日差しに成る 「 真夏のライディング 」も、





















この、


鮮やかな 「 オリーブドラブ 」が、


バツグンに 使えます よ !

































読んで頂いて、


ありがとうございました。






またのご来店を、


お待ちしております。
























BLUEはブルーでも、独立の象徴!気持ちを切り替えたそのジャケットは、薄くて軽~い、あなたをアクティブにする春の鎧! [ナイロンサマーの、タイプ L]











フライトジャケット的に、、、、、、、、




 「 春 ジャケ 」 



と、


言えば、、、、、、、、







何と言っても、




ライトゾーン : 気温域 10度~30度 


対応の、


タイプ L-2 からのシリーズです。











 



え”!?


 「 春 ジャケ 」


意味が違いますぅぅぅ・・・・・・・・?







安心してください!





履いてま・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・ふるっ






すぐに!暖かくなります!









「元祖ライトゾーンJACKET」


と、


言えば、


何と言っても!



タイプ A-2 















ではあります。





1931年に、


アメリカ陸軍航空隊から、


正式に採用されて依頼、


実務では、


何と12年間に渡り、


パイロットたちの鎧として、


纏われ、


遣われ続けた、


FLIGHTJACKETです。








その後継モデルとして、


1943年に、


アメリカ航空衣料審議会が、


採用したジャケットが、


タイプ L-2 となります。














夏用のジャケットとして、


アウターマテリアルに、


新開発のパラシュートシルク(ナイロン)と、


インサイドライニングは、


滑りの良い二重織の生地が遣われた、


シンプルな かる~い ジャケットです。






その後、


1947年に、


それまでは アメリカ陸軍航空隊 だった、


航空部隊が、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE として独立します。







そしてそれの前動に、


「空軍である」 象徴 : シンボルとして、


戦闘服を 「 エアフォースブルー 」 で、


次々と開発していきます。





そして完全独立前の、


1945年に、


ライトゾーン パイロット ジャケット として、


採用されたのが、


タイプ L-2A です。













第一線で空を飛ぶ、


トップパイロットのサマージャケットとして、


タイプ L-2 から変更されたのは、


AIR FORCE BLUE と言う、


カラーだけではなく、


胸元のホースクリップが、


へヴィーダックナイロンで、


ボディーと同色に変更された点です。














安易に作られたモノではなく、


テストも、


何度となくくりかえされました。
















はるか上空を飛び、


急激な気温変化に対応するため、


開発されたフライトジャケットは、


日本の、


ここ数年の異常な気温変化にも、


ガッツリ対応できる、


更にカッケージャケットです。








すぐに、


「 海軍 : NAVY だ! 」

 
と、


わかるジャケット と 言えば、


NAVY BLUE の、


甲板上の鎧 デッキジャケット











等ですが、


誰よりも早く移動できる、


「 トップパイロットの鎧 」


と、


言うと、


エア フォース ブルー の ジャケット なのです!!!!!!!!














「どこにも属さない」 と、


独立した、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE の 証。






この春、


タイプ L-2A が、


あなたを一新します。






















読んで頂いて、


本当に!ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

他の誰もが真似の出来ない!今世紀最強の「ザ・オリジナル・フライトジャケット」 [ナイロンサマーの、タイプ L]

そもそも、

この、

フライトジャケットは、、、、、、、、







ど定番の、

「ライトゾーン対応フライトジャケット」

である、

タイプ A-2 が、

レザーの枯渇により、

供給不足となる事を防ぐために、

アメリカ衣料審議委員会が、

ナイロンで開発し、

採用した、

タイプ L-2 と言う、

オリーブドラブ な、

フライトジャケットです。


その後、

エアフォースブルーの、

タイプ L-2A と成って、

さらにその後、

セージグリーン などの、

タイプ Lー2B と、

採用されていく、

「 L 」シリーズであります。






その、

軽くて、

メッサ羽織りやす~い、

フライトジャケットを、、、、、、、、






本気の本気の本気で!



バリッッッ・・・・・・・・バリ!!!!!!!!

の、

ホースハイド で、

造り上げたブランドが、

あるのでっっっ・・・・・・・・す!!!!!!!!




我らが、

バズリクソンズです。










バズリクソンズ の中でも、 

WILLIAM GIBSON COLLECTION : ウイリアム ギブソン コレクション

です。





「あえて」

と、

なる訳ですが、

この、

WILLIAM GIBSON COLLECTION : ウイリアム ギブソン コレクション

は、

海外での、

「バズリクソンズのブラックMA-1への問い合わせが殺到した」

事が始まりと言います。




その理由として、

ある著名な小説家の最新作映画に、

バズリクソンズのブラックMA-1が、

何度も登場する事からだったのです。





その小説家と作品とは、

キアヌ・リーブス主演の、

SF映画 「 JM 」 と、

その原作と脚本を書いた、

アメリカのベストセラーSF作家が、

ウィリアム・ギブソン氏です。



彼の最新作『パターン・レコグニション』には、

高価なバズリクソンズのブラックMA-1を宝物として、

大切に着ている、

ケイスという名の主人公が登場しています。



また、

作者であるギブソン氏本人も、

実際に、

バズリクソンズの製品を愛用しており、

その魅力を理解した上で、

物語に、

バズリクソンズのブラックMA-1を、

登場させていることが解ったのです。





歴史上には存在しない、

「BLACK MA-1」ではありますが、、、、、、、、










作者であるギブソン氏本人は、

フライトジャケットや、

ヴィンテージウエアを、

収集していることから、

フライトジャケットを詳しく熟知している方であり、

そのギブソン氏が、

推薦するフライトジャケットを、

『パターン・レコグニション』に習って、

黒い色にその姿を変えて、

この、

ウィリアム・ギブソンコレクションを展開しているのです。









フッテージのモノクロの、

世界が繰り広げられる、

『パターン・レコグニション』の本文に、

誇り高きブランドである、

「BUZZ RICKSON'S」の文字が、

事実刻まれている限り、

他の誰もが真似の出来ない今世紀最強の《THE ORIGIN FLIGHT JACKET》

である事が、

何物にも染まらない、

あなたの鎧にふさわしいのです。





もちろん、

コレクションの中に、

タイプ L-2B ブラック が、

しっかり、

造られています。









このジャケットも、

まっっっっっっっっ違いなく!!!!!!!!


宝物として、

ふさわしい鎧となります。








何より、

あなたが、

羽織って、

時間を共にしてこその、

アイテムなのです!!!!!!!!








タイプ L-2B ホースハイド・ブラック 





















読んで頂いて、

ありがとうございました。



またの、

ご来店を、

お待ちしております。



ながぁ~く愛用された!「全軍対応」? 決して「貧弱」なのではありません! 「強く!軽い!」のです!!! ライトゾーン対応   [ナイロンサマーの、タイプ L]


「中に綿が入ってないしぃぃぃ・・・」

「ナイロンだけなんて、偽物なんじゃな~い?」


って・・・・・・・・


・・・・・・・・あのね(^^ゞ



安物の、

シャッカシャカなジャケットなどとは、

全く別物です!!!!!!!!





タイプ L-2 は、

「 L 」 な、

だけに、

ライト・ゾーン(温度域10℃~30℃)

と、

呼ばれる領域での、

着用が目的とされていた為、

タイプ MA-1 や、

B-15 などの、

他のフライトジャケットのように、

中に「綿」

ウールパイルは入っておらず、

ゴワつきの無い、

スッキリとしたフライトジャケットなのです。



1945年に、

タイプ A-2 の、

後継として登場したのが、

タイプ L-2 で、

両肩の「エポーレット」

が、

分かりやすい特徴の1つです。



そしてカラーが、

「オリーブドラブ」に染め上げられた、

フライトジャケットです。







個人的に、

「 ど LOVE 」 な、、、、、、、、







これは、

1935年に、

デュポン社の、

ドクター ウォーレス・カローザスたちによって、

開発された、

初の、

完全な人工合成繊維で、

先に、

パラシュートに使用せれていた事から、

「パラシュートシルク」

とも、

呼ばれていました。




後の、

1947年に、

陸軍航空隊が陸軍から離れて、

独立し、

アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE

と、

なったと共に、

1952年、

スペックはそのままに、

カラーが、

「エアフォースブルー」の、

タイプ L-2A 

が、

登場します。








「ネイビーブルー」

だと、

思われている方も、

多いようですが、

当時の、

アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE 

は、

アメリカ海軍 : US・NAVY

とは、

全く違う物として、

このジャケットを、

採用したようですが、、、、、、、、???






この、

アメリカ空軍の、

シンボルカラーである、

「エアフォ-スブルー」は、

先に採用している、

ばっちりインサイドウールパイルの

タイプ Bー15C に、

おいても、

同色で起用しているのが特徴です。





そして、

「 L 」シリーズの、

3番目のモデルで、

1950年代中期より、

タイプ L-2B が、

採用されます。






スペックは、

ほゞほゞ変わらず、

エポーレット、

ストームフラップ、

フードスナップポケット、

が引き継がれ、

カラーが、

「セージグリーン」

と、

「ネイビーブルー」

が、

登場します。







よーは・・・・・・・・!



「全軍対応」

って、

ことですかぁぁぁーーーーーーーー?




1970年代に、

タイプ CWUー36/P が、

採用されるまでの、

だいぃーぶ長期にわたって、

採用され、

兵士たちにも、

愛用された、

THE・ライトゾーン用の、

フライトジャケットです。





















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



ライトゾーン対応ジャケットは、ちょー軽快なフライトジャケット。 じゃ「ミリ×ミリ」してないのは???   [ナイロンサマーの、タイプ L]

秋の入り口で、

「フライトジャケット」

と、

言うと?





確かに、

分厚くて、

ごつくて、

かさばるイメージが、

あります。








なので、

昨シーズンに、

綿ナシで、

薄くて軽い、

タイトに造られた、

ジャケットを、

量産したアイテムが、

増殖したわけなのですが、、、、、、、、







改めて、、、、、、、、





タイプ L-2A では、







「いかん」のですか!?!?!?




「綿ナシ」

「むろん」 です!



ライトゾーン(10度~30度)対応の、

 L-2 シリーズでは、

ありますけどぉぉぉ・・・・・・・・・。







タイプ L-2 は、

「オリーブドラブ」

ですしぃぃぃ、

タイプ L-2B は、

「セージグリーン」

なのでぇぇぇ、

言われてみれば、

「ミリタリー×ミリタリー」

な、

わけです。






タイトなサイズを、

チョイスして、

この、

「エアフォースブルー」





な、

ジャケットは、

とことん!

「パイロットワークジャケット」

なので、

造り「もしっかり」で、

ジジくさくなく、

軽快におしゃれですよぉぉぉーーーーーーーー!?






両肩の、

エポーレットと、

腹筋部分の、

ストームフラップが、

「量販店」の、

クオリティーとは、

明らかに違うフライトジャケットであることが、

一目瞭然なのです!!!!!!!!







ワッペンや、

パッチは、

お好みですが、

ポコポコポコと、

イッパイある、

うっっっっっっっっすい!「えむえーわん」

よりも、







気持ち入ってる、

タイプ L-2A に、

しませんかぁぁぁ・・・?













読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。




ナイロン・ライトゾーン対応は、ラブラブなオータムジャケット!? タイプ L-2  [ナイロンサマーの、タイプ L]

個人的に!

「THE オータムジャケット」

です!!!!!!!!









なんですけどぉぉぉ・・・・・・・・



いやぁ~~~(〃´∪`〃)ゞ

「オリーブドラブ」

って、

「 OLIVE DO LOVE 」

   ↑  ↑  ↑

こう書くんじゃ・・・ないのですね!?




恥ずかしながら、

今までスペルを、

まったく違う物だと思ってました!






確かに、

この、

タイプ L-2 

という、

ナイロンジャケットが、

登場してから、


鮮やか! って言うかぁ・・・

怪しげ! って言うかぁ・・・ 






光の当たり方で、

ぜんぜん違った色だったりして・・・・・・・・


「 ど LOVE 」 ってくらいだから、


すげー! ラブラブ!! な!!!

カラーだなぁ~?


な~んて・・・・・・・・




すんませんm(__)m







「 OLIVE DRAB 」

 ↑  ↑  ↑

こう書くんですねぇぇぇ!



「 オリーブドラブ 」 って。。。。。。。。



やっぱ、

タイプ L-2B に、

成ってからの、

「セージグリーン」

より、

ごっつー魅力ですよねぇぇぇ・・・。






タイプ A-2 の、

必要性が高まる中で、

アメリカ衣料審議委員会は、

夏季用フライトジャケットの、

抱える問題として、

「レザーが激減して、大量生産が困難なった。」





これを解決するため、

デュポン社が開発した

この、

「パラシュートシルク」






採用された当時の、

パイロットたちは、

「なんて!エッチな、色なんだ!?!?!?」





って・・・・・・・・


































読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。









「作業着くさい」と言われても、マサヤンと、キムタクの御用達ジャケット  タイプ L-2B [ナイロンサマーの、タイプ L]

「アメリカの、空軍ジャンパー」

と、

呼ばれて、

当初、

「作業着くさい」

と、

不評だった、

このジャケットは、





アーティストの、

山崎まさよし さん と、

アイドルであり俳優である、

木村拓哉 さん の、

御用達ジャケット。


タイプ L-2B 


であります。



タイプ L-2A の、

後継モデルで、

アメリカ軍に、

採用当初は、

カラーが、

セージグリーンのみでした。





もちろん、

「 L 」 ですので、

ライトゾーン対応の、

ウールパイルなしの、

ナイロンジャケットです。




しかし、、、、、、、、


「ジャンパー」

って、

呼び名は?



どっから来てます?



ジャケットの事なのは、

わかりますけどぉぉぉ・・・・・・・・



どうも、、、、、、、、



「スキーヤー」か、

「スカイダイバー」

に、

聞こえませんか???




ま、

原型のままで、

タイトに着れる、

フライトジャケットが、

御用達なのは、

よぉーーーーーーーーく!





わっかります!


「作業着」???


「ワーキングジャケット」


では、

ありません!


「フライトジャケット」


です!
















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。

ライトゾーン対応の、空軍で初のフライトジャケット。 タイプ L-2A [ナイロンサマーの、タイプ L]



1947年に、

それまで「陸軍航空部隊」だった「空軍」が、

独立して、

正式に、

アメリカ「空軍」

US・air force

となってから5年後となる、

1952年、、、、、、、



その「アメリカ空軍」で、

採用されたのが、

ライトゾーン(10度~30度)対応で、

ライトゾーン「 L 」と言う名前の、

タイプ L-2A です。







前進である、

タイプ L-2 から、

エポ-レットと、

フードポケットも、

ストームフラップまで、

まったく一緒であって、

違いは2ポイントです。




先ずは、

カラーですね!






この、

air forceのジャケットだぜ!

と、

言わんばかりの、

エアフォースブルーが、

わっかりやすーい!

鮮やかな青色が、

この、

フライトジャケットなんです!




もう1つが、

ビミョーな、

胸元の、

酸素マスク用のタグ。






L-2 では、

そのタグが、

レザーでしたが、

この、

L-2A は、

同色でエアフォースブルーの、

タイタンクロスが使われています。




中わた無しの、

サマージャケットなので、

やっぱ、

このジャケットを、

タイトに着た方が、

カッコ良くね???






















読んで頂いて、

ありがとうございました。



またの、

ご来店を、

お待ちしております。



「 L 」 とは? チキンやドリンクなら嬉しいかな? タイプ L-2 です。 [ナイロンサマーの、タイプ L]

1945年に、

タイプ A-2 の、

後継タイプとして登場した、

航空部隊のサマージャケット、

であるのが、

タイプ L-2  です。








知名度が、

若干少ないせいか・・・・・・・・?



ウールパイルが入っていない、

このフライトジャケットは、

表裏のナイロン製だけに、

「貧弱なジャンパー」

的な感じが、

否めないかもです。




この、

タイプ L  の、

「 L 」とは、

「ライトゾーン(体感10度~30度)」

の事である。




原点となった、

タイプ L-2 は、

カラーが、

鮮やかなオリーブドラブな、

ナイロン製。




これは、

デュポン社の研究員だった、

ドクター H・Wカロザース が、

発明したモノ。





元々、

パラシュートに使用されており、

当時、

パラシュートシルクと言われていた。







ルックスでは、

A-2 の後継であるだけに、

肩部分のエポーレット。



フードポケット。



そして何より、

ヘソくらいに当たる、

メインジッパー下の、

ストームフラップが、

特徴です。





どれだけ、

丈夫なジャケットを、

好んでも、

過ごしやすい季節に、

分厚いのは、、、、、、、、





さすがにねぇぇぇ・・・










とは言え、

ジャージやなんかってーのは、、、、、、、、







ありえませんねぇぇぇ・・・・・・・・



















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



ナイロンサマーの、タイプ L ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ