So-net無料ブログ作成



ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット ブログトップ
前の10件 | -

ジャケットOnジャケット!と言う、本来の防寒対策スーツは、メインアウターとして長く愛された、現代のバイカーズ!? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










正式名称が無い、


J-WFS : ジャケット・ウィンター・フライング・スーツ 


と言う、


タイプ G-8 


と言う、


WEP : ウエップ


と言うふうに呼ばれ、


海軍のパイロットに、


長く愛され続けたこのジャケットは、


そもそも、


フライトジャケットの、


さらに上に羽織るジャケットです。









  









1950年代初期に、


アメリカ海軍 : US・NAVY に、


開発されて、


4回のマイナーモデルチェンジを経て、


1973年まで製造されました。








その1950年代初期の、


アメリカ海軍では、


それまで、


15年以上に渡り、


開発してきた、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応のフライトジャケットが、


spec M-422 から


spec AN6552 に至るまで、


5モデルありますが、


全て


「 テスト支給 」 と言う形にとどまっており、


「 正式採用 」 には なっていません。









その為、


首後ろに当たる、


タグ部分に、


「 TYPE 」 と言う表記が無いのです。









そして、


それまで開発したジャケットの、


集大成で 完成型 となる、


TYPE G-1 
















このフライトジャケットが、


よーやく 正式採用 された状態でした。








しかし、


アメリカ海軍 : US・NAVY において、


極寒の任務にあたる為の、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度


対応のジャケットが、


spec Mー444 



















からの、


spec AN-J-4 と言う、


リアルムートン の ジャケットが、


レザーの枯渇により、


供給できなくなります。









その、


対策として、


TYPE G-1 の、


上に羽織る、


 WFS ウインター フライング スーツ
 

と言う G-8 と呼ばれるジャケットが、、


支給されたのです!!!!!!!!















ですが、


この 通称  G-8 と呼ばれるフライトジャケットの、


大きくて機能的な両胸マチありポケット、


左腕サブポケットやV字型の手首ニットリブが、


パイロットに、


「ラフに使える!」 と 愛用されました。












ゴム入り裾は 本来、


TYPE G-1 を包むための装備で、


背中側のアクションプリーツも大きめです。








ベトナム戦争頃には、


このジャケットを、


メインで着て、


任務にあたっている、


パイロットが多かったほどです。


















このジャケットを、


タイトめの造りにして、


バイカーズのアウターギヤで、


更に、


レザーマテリアルに変更して、


リリースしたのが、


KADOYA : カドヤ さん です。

















その名も G-8R





薄手のプルアップカウは、


軽くカジュアルに羽織れて、


味わい深さもを醸し出す革質です。








特徴的なフロントポケットは、


上部のフラップに加え、


ジッパー付きハンドウォーマーを装備し、


ユーティリティを向上した、


バイカーズスタイルジャケット。










衿周りのジャージ素材には、


防風フィルムをインサートし、


防寒性を強化してあります。
















バイクからストリートまで広く


そして長く使えるアイテムです。























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。










フライトジャケット史上、最もシンプルな、耐熱ジャケット!合わせるには抜群のコットン的ナイロン!?火の不始末と寒さ対応の! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]












ベトナム戦争中だった、


1960年代の末期に、


アメリカ陸軍 :US・ARMY が、


正式採用したジャケットがあります。










このジャケットの、


最大の特徴は、


何と言っても、


燃えにくい素材である、


ノーメックスです。






















耐熱アラミド繊維 とも呼ばれる、


ムチャクチャ難燃性が高い、


素材をマテリアルとして、


造り上げられ、


戦時中、


大量支給されました。









その訳は、


そのベトナムに、


大量投入された 兵士たちの為であり、


ジャケットの正式名称が、


JACKET FLYER'S COLD WEATHER NOMEX

 : ジャケット フライヤーズ コールド ウェザー ノーメックス



ながぁ~~~い!




ので、



愛称があります。



 ヘリクルージャケット です。


















そーです!





ベトナム戦争において、


アメリカ陸軍は、


ヘリコプターパイロットを、


大量動員して、


同時に、


このジャケットを、


連動支給しました。












ノーメックス と言えば、


現行フライトジャケットで、


寒さに強い、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応の、


タイプ CWU-45/P

















と、、、、、、、、






ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応で サマージャケットの、


タイプ CWU-36/P













と言う 2タイプが、


代名詞になっていますが、


この2着の、


ナイロンナイロンしている、 


つややかな感触とは全く違い、


この、


ヘリクルージャケットは、


コットンのよーな肌ざわりなのです!







この、


ヘリクルージャケット には、


数種類のバリエーションが存在し、


45/P のようなのが、

COLD WEATHER と言う、


インサイドライナーに、


しっかりと、


ウールパイルが入れられているジャケットと、


サマージャケットとなる、


ライナー無しも存在します。















 





アヴィレックス さんの、


このジャケットは、


「ヘリクルー」とは 称しておらず、、、、、、、、







 ☆通常のヘリクルージャケットの、

 背中のポケットはなくし、

 衿に収納式のフードが付く仕様と、

 左胸のテープ部分は、

 ポケット仕様にアレンジしています。


 ステンシルプリントがインパクトがあり、

 AVIREXならではの、

 ストリートテイストな仕上がりになっています。




との事でっす。










おそらく、


フライトジャケット史上、


最もシンプルなデザインのジャケットであり、


薄ぅ~くて!かるぅ~い、


更に燃えにくい丈夫な、


ノーメックス!















合わせ技は、


バツグンでっせ!?


















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。






いにしえ に流行ったアイテムを、軍が手を加えクオリティーを上げた。その後一般に普及した、武道着!? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










1940年代前半、


アメリカ海軍 : US・NAVY にて、


輸送機用のパイロットに、


採用されていたフライングコート。







トランスポーター コート と言う、


そのコートは、


襟にムートンを用いた、


ダブルブレストを使用しており、


階級によってマテリアルが違いました。















もっとも、


現代においても、


レザーは高価な素材ではありますが、


飛行服関連の資料を探っていると、


1910年代から1920年代にかけて、


飛行士は、


革製のコートを身に纏っている事が、


間違いありません。















カルチャーが、


一般社会に浸透し始めた、


1910年代~1930年代は、


いろいろなジャンルで、


人々がそれぞれのスタイルで、


黎明期となったのが、


モーターカルチャーです。


















元祖モーターサイクルジャケットとも、


言われている カーコート ですが、


1920年代頃の、


この カーコート から、


アメリカ陸軍航空隊が、


マッキーノ として採用し、


様々なバリエーションが、


生み出されていった結果の、


現代となります。








付属のベルトで、


ウエストをタイトに絞る、


トレンチコート と、


発想が一緒ではありますが、


当時では、


タウンユースとして、


十分通用する洒落たコートでした。








見ていると、


柔道着や空手の道着も、


同じに見えるのは、、、、、、、、





私だけ????????



















また、


逆もアリで、


当時から、


民間衣料品に、


軍用品からの影響も大きく、


史実を辿っていくと、


第二次大戦前から、


民間のフライトジャケット等が、


すでに市販されていました。













このころから、


ミリタリーウエアーは、


メチャクチャ!


完成度が高い衣料品であったことを、


裏付けられています。








軍用と民間ようの違いは、


主に、


機能性や素材の使い方などであり、


官給品以外の色も、


当時のジャケットで、


時折見受けられ、


その商品構成として、


厚みを持たせていました。















この 強力な ぶ厚さ! が、


この寒気に対抗できる!















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。








ジェフ・ハンネマンを、ほうふつとさせる!?耐水圧10000mm、透湿度10000g/m2/24h インパクトはない優れモノ! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










アーバンカモフラージュとは、


市街での迷彩効果、


相手の視を欺き、


自分や対象となるアイテムなどを、


発見されないように、


作り出されたデザインです。
















モノトーンな、


白、黒、灰色の3勝を使用した、


ランダムカラーデザインであり、


都市部などの、


ビル街などにおいての、


カモフラージュ効果を狙っていますが、


あまり効果がなかったようです。









ですが、、、、、、、、







「 フツーに使って、、、、、、、、カッコいんじゃね!? 」


的に、


使われていますよ!!!!!!!!







まずはバイカーズの為の、


レインウェア
















耐水圧 10000mm、


透湿度 10000g/m2/24h (初期値) を、


合わせ持つ、


アウターマテリアルに、


ドライマスターナイロンを使い、


性能バランスに優れた防水透湿モデルで、


通勤からツーリングまで、


オールマイティーに対応するという、


アーバンカモフラージュな、


レインウエアです。






防寒用のインナーで使っても、


良いんじゃね!?










ウエアなら、


「分からんでも」ですが、


これは、、、、、、、、どぉぉぉーーーなんですか!?




ゲーム用

ワイヤレスコントローラー アーバン・カモフラージュ

















プレイステーション用の、


ワイヤレス コントローラー なのですが、、、、、、、、





カモフラージュにする理由は!?!?!?




やっぱり、


「 ママに見つかったら、、、、、、、、ヤバイ!? 」




もしくは、、、、、、、、





「 パパに見つかったら、、、、、、、、手放さない!?、、、から!? 」














まだありますよぉぉぉーーー!


受注生産 エレキギター ストラト E-II















「 納期に約5~6ヶ月を要します。 」 って・・・・・・・・。




半年後に、


ストリートライブの、


「 どこだ!? この音は!? どこから!? 」



と言う、、、、、、、、







E-II  は、


ESP USAが、


企画・開発を行い、


アメリカから世界各国へ発信するブランドです。





なんといっても、


ジェフ・ハンネマンモデルをほうふつとさせる、


アーバン・カモフラージュ・パターンで、


フロイドローズトレモロや、


アクティブ・ピックアップの「EMG 81」を、


2基をも搭載する、


まさに注目のアイテムとの事。















ちと、、、、、、、、



コアすぎたので、



戻しますか?



ヴァレンティノ さん















アーバンカモフラージュで、


一目見たインパクトはないものの、


ウールフェルトのマテリアルに、


ブラックで統一されたストラップや持ち手に、


ネームタグでアクセントを持たせました。






前面のポケットやジップのつまみ、


ストラップベルトには、


スタッズを装備しており、


エクステリアのデザイン性だけでなく、


機能性も充実させ、


内・外合わせて計7個のポケットは、


シティーだけでの使用だけでなく、


一泊二日の泊り程度ならこなしてしまう優れもの。





VALENTINO : ヴァレンティノ バックパック







リュックサックって、、、、、、、、


今は・・・言わないのですか?




カモフラージュにすると、


自分で 「 どこ置いたっけ??? 」 的な事は、、、、、、、、???







それから、


こっちも 「 カッパ 」 とは、


誰も言わないのでしょーーーか???





URVAN : アーヴァン カモフラージュ  レインスーツ













レインスーツ !?!?!?



てか、


カモフラージュ効果なしのデザインではありますけどぉぉぉ、




ランナーさんとか!?



小雨でも頑張っている方とかもいますよね!?




イメージが、


むかしに見た、


「青春ボクシングドラマ」 みたいになっては、、、、、、、、???




私だけ???




ビル街にかくれて、


「 汗びっしょり 」 ???














1時期は、


アメリカ警察の特殊部隊「スワット」などで、


使用された期間もありましたが、


現在は使用されていません。















でも、


なかなか センスは いい、、、、、、、、ですよねぇぇぇ!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

このミッションは、未来に関わる! このジャケットを着れた者は、今後、どんな逆境も乗り越えられる! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]








エリート中のエリートである、


空戦部隊員のみが、


着ることを許された、


専用設計の戦闘服!






ジャンパージャケットです。















1944年、


第二次世界大戦の、


優越を決する為、


史上最大のミッションが決行された。







アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE の、


特殊部隊が、


真夜中のノルマンディー上空から、


パラシュート降下していた。









まず、


目だって気に成るポイントが、


斜めのポケット。






これは、


パラシュートベストの着用時でも、


使える為の形状にしたためです。
















マテリアルは、


降下時の障害物対策も考慮している、


ヘヴィーツイルコットンです。











背中に、


アクションプリーツを持っており、


袖後ろとセンタースリットの、


3か所についています。










降下直後の、


もっっっっっっっっ凄い!素早い対応動きに、


対応するためです。














右胸のポケット内に、


更にポケットがあるのが「ナイフポケット」です。





ウエストを、


トレンチコートのように、


同素材のベルトをスチールスタッズで絞めて、


体をしっかりとホールドさせます。













見えない部分で、


軽さと柔軟さを極める為に、


ステッチオーバー : 縫い代となる耳部分 を、


極力なくされており、


その為、


ステッチ自体がゴッツしっかり縫われている。


















特殊部隊員専用ジャケットな為、


このジャケットから、


 イーサン・ハント や、

 ジェイソン・ボーン のような、


ツワモノが誕生していまっす!!!!!!!!

























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「超!高機能」な、モッズコート!? あなたの、ぶ厚い胸板を 「 バン! 」 と、ぜひ!張って! そのジャケットは!? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










あまり細かい事は、、、、、、、、




と、


「人気あんだから、いぃーんじゃね?」




的なところなのですが、


 「 モッズコート 」





それほど「いかつさ」もなく、


かなり多くの方に愛用されている、


ミリタリージャケットです。






そんな中で、


たまに、


こんな人を見かけます。














あなたが「モッズコート」だと思って、


羽織っているソレは、、、、、、、、





「モッズコート」ではありませんよぉ?




てか、


タイプ N-3B です。









1960年代に、


アメリカ航空衣料審議会に採用された、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度 対応の、


ミリタリージャケットです。






極寒地の地上作業員や、


空軍の整備員・輸送機乗務員用に、


支給されていたアイテムです。






タイプ N-3B は、


タイプ N-3A の後継モデルとして、














採用されたジャケットであり、


空軍 : AIR・FORCE カラーである、


エアーフォースブルーから、


セージグリーンへと変更されています。







それと同時に、


袖口のニットリブを、


外気をより遮断できるように、


袖内に付け、


アウターナイロンでホールドするスタイルに変えていて、


フロントのウインドフラップは、


腰丈に縮められ屈みやすくなり、


ウエストに付けられていた、


アジャスターコードを、


邪魔にならないように内側に装備されました。














クオリティーがムチャクチャ高いジャケットですので、


是非!





大きな胸を張って!






「私のジャケットは TYPE N-3B です」


と、


使ってくださーい。







では、


モッズコート とは ?





いわゆる「ミリタリーフィールドジャケット」の中でも、


上に羽織る「パーカ」として使用した、


襟にフードが縫い付けられいる、


主に、


通称 タイプ M-51 の事を言います。
















フラップ付きの大型ハンドポケットが両脇に設置されていて、


正式名称は、


「PARKA SHELL M-1951」 となります。







名前のごとく、


1951年に、


アメリカ航空衣料審議会が、


正式に採用した、


フィールドジャケットで、


















この M-51 のほか、


前進ジャケットである M-48 も、


「モッズコート」 と 称されています。









TVドラマ 「 踊る大捜査線 」 で、












織田裕二 さん が演じる、


青島刑事 が 着ていたジャケットが、


タイプ M-51 です。








「刑事のジャケット」 と 言えば、


「コロンボ」 でしたが、





、、、、、、、、失礼






もう誰も知りませんね(〃´∪`〃)ゞ








織田裕二 さんにより、


「スーツのオーバージャケット」のイメージが、


定着したのは、


間違いありませんよね。













雨や雪対策はもちろんの事、


軍が開発したアイテムは、


大気汚染対策などにも、


対応できます。







あまり細かいことは、


別にいぃーのですが、、、、、、、、、




あなたのジャケットは、、、、、、、、、















、、、、、、、、なんですか?


















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

スパイから、お天気お姉さん・・・ネイティブまでのバリエーション!無骨な男たちの陸軍である誇りと言う、サイドカーをあやつる鎧! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]








アメリカ陸軍 : U・S・ARMY が、


1938年に採用した、


タイプ M-1938 



陸軍で採用されたこのコートは、


マッキーノコートと呼ばれ、


フィルソン社と言う、


1897年に、


アメリカ・ワシントン州のシアトルで創業設立された、


アウトドア・クロージングブランドの、


マッキーノ・クルーザーというウェアをモチーフにしたコートです。














「なぁんかぁ~、


ベージュでこんな感じのコートって、


マジメ雰囲気だけど、


加齢臭的オッサンぽくね?」









第一次大戦当時からの名残である、


ショールカラーを用いた、


クラシカルな佇まいが特徴で、


打ち合わせがダブルのボタンである所から、


ピーコートに似ていますが、


軍においては、


陸軍 : ARMY のコート = マッキーノ 


海軍 : NAVY のコート = Pコート


といいます。

















「なぁ~んかぁ~


お天気お姉さんが、


街頭からのライブで、


着てそーだね。」






当初は、


スプリングコートとして作られたアイテムで、


マテリアルは、


アウターがキャンバスダックで、


インサイドライナーが、


ウールメルトンを採用されていたと言います。





後に、


バリエーションが増え、


フルメルトンコートなども造られました。













「コイツぁ温かそー


てか、


今度はスパイっぽいか?」








ウエストベルトが必ず必要でした。







なぜなら当時、


戦場にて移動手段が、


コンバーチブル4WDや、


サイドカーモーターサイクルが、


主流だったからです。










無骨な男たちの、


ミリタリーコートとして誕生した、


タイプ M-1938 マッキーノ ですが、


ネイティブ・アパレルディーラーや、


ヴィンテージブランドなど、


数多くのメーカーが、


リメイクしてリリースしているジャケットがあります。














「 こ! これは!!!!!!!!


オシャレ・・・・・・・・


なのか・・・・・・・・????????」







1番の特徴である、


ショールカラーとダブルブレスは、


レディースアイテムに使えそうですが、


マッキーノは、


陸軍の誇りが叩き込まれたジャケットです。








受け取り方は、


10人十色であって、


リ・リリースされる形も、


かなり数多くの、


マテリアルやスタイルが存在します。













「うぅ~ん、、、、、、、、


ジャケットだけで見れるから、、、、、、、、


何に、


どー合わせる!?」








と、


言ってきましたが、


何と言っても、


「縫製後に、


職人の手によって後塗りされたコートは、


この手法特有の色班が、


魅力であり一着一着異なる表情を見せる。」



と言う、


これです。











BUZZ RICKSON'S ☆ レザー コート マッキーノ






価格は20倍ですが、


リアリティーは、


200倍です。












読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「真冬の重ね着する鎧」が、本来の目的であるフライトジャケット。しかしカンケー無い!戦闘機パイロットの俺がオリジナルだ! [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










通称が、タイプ G-8 と、


言われましても、、、、、、、、




興味ない方にとっては、


「何の暗号ですか???」って感じですよねぇ・・・




そう呼ばれたのフライトジャケットの正式名称は、


J-WFS : ジャケット・ウィンター・フライング・スーツ 


といいます。



めんどくさいんで、


「 だぶる・えふ・えす 」 です。













ん・・・・・・・・!?




「 じー・えいと 」 の方が、、、、、、、、



簡単ですね(〃´∪`〃)ゞ





この G-8 と言う J-WSF は、


重ね着をすることが前提として、


開発され、


アメリカ海軍 : US・NAVY の、


制式支給ジャケットとして、


1959年に開発されて、


1960年から採用されたジャケットです。













と言うのも、


アメリカ海軍においては、


インターメディエイトゾーン : 中間気候地帯 対応である、


タイプ G-1 を使用することが前提でした。














と、


いう事は、、、、、、、、!




NAVY : 海軍 には、


へヴィーゾーン : 極寒 対応ジャケットが、、、、、、、、



無いのですか????????











J-WFS は、


冬用に位置付けされています。








併用して着用して、


寒冷地での任務に対応していたと言います。














1973年まで製造されたジャケットなのですが、


何と、


4回ものマイナーチェンジが施されています。






大きい機能的な両胸マチありポケット、


左腕のシガーポケット、


レアなV字型の袖ニットリブ、


タイト目なゴム入り裾が特徴なのですが、


背中のアクションプリーツが、


初期型は無いよ―な???



どれが追加されたモノか???




不明です。














そしてさらに、


当時はベトナム戦争のさ中であり、


「自前で仕立てた」


よーはリメイクした、フライトジャケットを、


好んで着用していたと言います。





それがこれらの、


G-8 なのです。

















海軍のパイロットの中でも、


地上ぎりぎりを飛ぶ戦闘機乗りたちは、


ベトナム戦争に本格介入した頃から、


自分のフライトジャケットを、


自分のオリジナルとして、


手を加えていた記録があります。





どれが軍から正式採用されたオリジナルなのか???





しかし、、、、、、、、





これを、


タイプ G-1 の上に着るの????????




厚手のセーターや、


ヘヴィーメルトンに重ね着するなら、


冬に最強かも!!!!!!!!


























読んで頂いて、


有難うございます。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「多くの支持を得ていた」おそらく?初代?パイロットジャケット!って!「ジャケット」じゃねーよ?でもカッケ―!じゃぁトレンチはぁぁぁ??? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]



「トレンチコート」


と、


言うアイテムとは、


全く違うのです!!!!!!!!













アメリカ軍の資料では、


1910年代から20年代にかけて、


パイロットが、


革製のコートを身に纏っています。






飛行機の生みの親である、


ライト兄弟が、


1903年に、


大空を手中に収めてから、


その代償として、


寒さに耐えられるほどの装備、


よーは「着るモノ」が、


必要となった訳ですね。












単純に、


技術者であった彼らは、


ツナギ的な作業着などを、


身に着けていた訳ではありますが、


空を、


当時の「完成したばかりの飛行機で飛ぶ」事は、、、、、、、、




「真冬にバイクで走るくらい」 などと、


たとえられている記事が多くあります。




飛んだことが無いので、


そーぞーも付きません!!!!!!!!





そんな中、


アメリカ軍が、


研究して開発したわけです。

















「レザートレンチコート」 と、


似てはいますが、、、、、、、、





トレンチコート とは、















「寒冷な欧州での戦い」という、


第一次世界大戦で、


イギリス軍が、


「寒さに対応する防水型の軍用コートが求められたこと」


それからイングランドで開発されたものなのです。














第一次世界大戦が、


1914年からですから、


1910年代半ばの事でしょう。





その、


「トレンチコート」 が誕生したのと、


同時期ですか?


飛行機と同時期に、


普及し始めたオートバイや、


車は当時コンバーチブル(オープン)しか、


なかった事でしょう???



それ用の、


レザーコートが、


「飛行用にも活用された」


と、


いう事になります。












この時代のイギリスやアメリカで、


「飛行士の為の衣料」というカテゴリーで、


「総合カタログ」なるものにも掲載されています。



レザーコートには、


「アビエーターの為の衣料」という見出しが付いているのです。













当時、


「新しい事にチャレンジしよう!」


と、


「空を自由に飛ぼう!」


と、


試みたチャレンジャー的な、


アドベンチャーライフの、


冒険野郎な男達にとっては、


防寒対策もワイルドで、


「まずあるもの着ろや!」


と、


「コート」が、、、、、、、、????????














防寒性に優れており、、、、、、、、????????


「多くの支持を得ていた」


と、


記録が残っています。













読んで頂いて、


本当に!ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

行動が変わる!品位・誇り・権威・自信が身につく!最も歴史が長い、水兵ご用達のピーコート!それでも分厚いウールか!?今すぐでしょ? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]

18世紀の事です。



発足間もない、


アメリカ海軍 : US・NAVY が、


15世紀頃の、


オランダ漁夫や水兵が着ていたジャケットを、


発祥とする ピー・コート を 採用しました。













他に類を見ない、


Pコートの息の長さは、


そもそもの、


海の上での強風による体の冷却から、


身を守るほどの、


極厚なウールメルトンによる、


品位の高さが魅力です。

















現代においては、


レディースウエアの方が、


ブランドやアイテム数は、


多くリリースされているようですが、














打ち合わせが、


「左前にも右前にも出来る」


と、


いう事とは関係ないでしょう。





昨年、


2015年の春に人気があったTVドラマで、


大島優子さんも出演されていた「銭の戦争」


の主演である、


スマップの草なぎ剛さんが着ていた、


劇中の上着が、


バズリクソンズのPジャケットだった事で、


注目を浴びました。














その、


大人びた、


クールな権威性の高く意識させるのが、


このジャケットの魅力です。








しかし、


クオリティーの低いものだと、


すぐにゴミやホコリを拾ってしまったり、


毛羽立ちや毛玉だらけなんてことになり、


安いモノほどメンテが大変なジャケットです。













無論、


「高い物だから良い」訳ではありませんが、


それを考慮して、


マテリアルを、


ジャングルクロスやコットンツイルで、


作ってくれているブランドもあります。













その高価な風合いや品位のアイテムの、


自分が気に入ったジャケット、


造り手の気持ちが伝わってきたジャケットを、


身にまとい、


大切にしていくことで、


しぐさから、


あなた自身の行動が、


変わっていくのです!












「新年に向けて」 ???


え”!?


今より速い時間はありませんよ!!!!!!!!

















読んで頂いて、


本当にありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

前の10件 | - ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ