So-net無料ブログ作成
検索選択



リアルムートン ブログトップ
前の10件 | -

ナメテかかるから、その結果なのでは!?どれだけ本気を出しても、かなわないのですが、しっかり武装しておくと、ダメージは少ないです! [リアルムートン]











最強寒波のせいで、


雪に成れていない地域の方々、


マジメに対策しないと! です!




人間は、


大自然の力には、


とてもかないませんので、


気持を引き締めていきましょー!







すでに、


事故や不幸に見舞わてしまった、


ニュースが流れています。






心からお見舞いを申し上げます。








しょうじき、


寒さに対抗するのは、


  「 温かいカッコウをする! 」



これしかありません!







直球に、


タイプ B-3 











これが 最強 の、


寒波への対抗策です!







氷点下30度まで対応する、


へヴィーゾーン フライトジャケット の原点で、


ムートンを裏返して「身にまとう」という、


ワイルドでタフなアイテムは、


1934年に、


アメリカ陸軍航空隊が、


採用した、


フライトジャケットです。












補強レザーなどの、


更に温かいモデルもありますが、


原則の形は、


変わりません。









これが、


開発されていた時期から、


少し遅れて、


イングランドでも、


リアルムートンジャケットが、


開発されています。






「 RAF 」 と言われている、


アーヴィン ジャケットです。









 







タイプ B-3 との違いは、


胸元で、


片側の部分とボディーが縫い合わせてあり、


ウエストベルト搭載の、


ブレスジッパーとなっています。







モーターサイクルジャケットや、



現在 「 ライダースジャケット 」 と、


呼ばれている、


シングルの シープスキン ライダース と、


言った感じでしょうか?







第二次世界大戦に、


英国戦線で、


活躍していたフライトジャケットで、


この防寒性も、


ハンパないっす!!!!!!!!

















タイプ B-3 と、


アパレル オリジナル の シープスキンジャケットを、


名づけて、


販売している、


明らかに タイプ B-3 とは 作りが違うジャケットが、


たくさんありますが、












本来の タイプ B-3 の造りは、


パイロットも兵士も、


戦場で戦う為に、


造られており、


保温性はもちろんですが、


耐久性 すなわち 来年も、


「 づうぅぅぅーーー~っと!使える! 」



ジャケットです。







あらゆるファッションやアパレル分野に、


影響を与えていますが、


最近 3D化してきた映像で、


アドベンチャーワールドから、



これです。












 


biohazard4 :  バイオハザード


レオン ジャケット




ゲーム中のレオンが着用しているジャケットを、


シルエットからカッティング、


アクションプリーツにいたるまで、


忠実に再現した、


B6タイプフライトジャケット。






BODYは、


雨に強く耐久性に優れ、


かつ質感にこだわった、


高品質フェイクレザー製です。




カラーはダークブラウンで、


テープやベルトなど、


ポイント部分には本革を使用した本格派だと言います。









ちなみに、


本気の、


タイプ B-6 は



























読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。








一見、見間違うほどの、ハイクオリティーで、そもそもの、メチャクチャ温かいマテリアルをぜいたくに使うと!?どっちが本物!? [リアルムートン]










寒いです!!!!!!!!


パナイです!!!!!!!!





こんな日は、


どんだけ動きにくくて、


どんだけ重たくとも、


フライトジャケット的には、


リアルムートンな! リアルシープスキンな!


タイプ B-3 です。














この時期に、


着て 表に出れるのが、


嬉しいんですけど・・・・・・・・えへへ (〃´∪`〃)ゞ







確かに、


タイプ B-7 も、、、、、、、、
















いいえ!


コートじゃダメなのです!





と言うあなたに!





じゃ、


アメリカ軍ではない所で、


リアルムートンは、


研究され ジャケットにされているので、


幾つか、、、、、、、、






どーも イングランドのミリタリーと言うと、


イメージが、


トレンチコート 











な、


感じなのですが、


実は 強力な フライトジャケット が、


あります。






IRVIN : アーヴィン ジャケット です。
















その通称の由来でもある、


IRVIN : アーヴィン 社 製作の物が、


このジャケットの由来です。




1941年代の 42MODEL と呼ばれるジャケットです。



世界大戦時に R.A.F. : イギリス空軍が採用した、


唯一のフライングジャケットなのです!!!!!!!!






この IRVIN ジャケット には、


かなり多くのヴァリエーションが存在しましたが、


現在誠実にリリースしているブランドが少なく、


タイプ B-3 とは、


全く異なるムートン本体で、


シープスキンの仕上げ、コーティング、


独特の細部仕様設計が、


成されています。













このジャケットの「復刻へ」となると、


やはりイギリス人ならではの、


熱い思いがあり、


他の追随を許さない世界に冠たる出来栄えを、


こなせるブランドじゃないと・・・なのです。





希少なら、、、、、、、、手に入れたい!!!!!!!!







英国と言わずとも、


ヨーロッパは、


やっぱり スゲーーーーーーーー!








それを、


フューチャーしたのが、


SOFTMACHINE: ソフトマシーン SUNDERS JK
















ロイヤルエアフォースである、


アーヴィンジャケットをベースに、


リアルムートンを贅沢にマテリアルに使用した、


リアルシープスキンジャケットです。





シルエットをやや細めにして、


ミリタリージャケット特有の野暮ったさを無くした、


素材やクオリティを徹底的に拘って仕上げられた、


SOFTMACHINEの最高傑作と言っても過言ではない、


ハイエンドアウターですとの事。











ヘタな、


タイプ B-3 もどき より、


なんか カッケーぞぉぉぉ!?










でも、


やっぱり 丈が 短いからなぁ、、、、、、、、も少し、、、、、、、、






と言う方へ、


これは、


やっぱり 日本が誇る ブランドの、




HIGHLANDER : ハイランダー シープスキン ジャケット












一見、ミリタリーかと、


見紛うようなアウターに、


米軍装備を、


アイデアソースにしたジャケット。






その中には、


本家を凌駕するほどの、


使い勝手の良い傑作が、


少なくありませんよね。





このジャケットは、


そんなヴィンテージウェアの達人的な、


THE FEW : ザ フュー さんによる、


リアルムートンをベースに、


機能的なポケットなどをアレンジした、


強力ホットなアウターなのです。














まだまだ、


探せと言われそーですが、


リアルムートンで、


寒い訳が無く、


動きやすさを求めていくと、


やはり、


タイプ B-6 ベースには、、、、、、、、、、、、、、、、





























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

ビロードのような光沢で、非常に美しい姿をしている、筋肉質な??? 注目度上昇中のムートンに匹敵するそれは!? [リアルムートン]








気温的に・・・・・・・・強力な冷え込みの、


成人式から バレンタインデーまでの、


1カ月!






受験生の方を心から応援しています。





安い言葉では書きたくありませんが、


あなたの 挑戦して 追い込んでいる姿勢は、


何にも代えがたい財産となって、


のちに なんでも生み出せる、


 「 ちから と 魅力 」 に なります。






フライトジャケット的に、


この時期を乗り越えるための、


強力ウエアが、


タイプ B-7 です。













本来は、


FULL リアルムートン と言う マテリアルで、


1941年にアメリカ航空衣料審議会が、


正式採用した、


スーパーへヴィーゾーン対応の、


フライトジャケットです。














タイプ B-7 は、


のちの タイプ B-9 から TYPE N-3 シリーズまでの、


寒冷地対応フライトジャケットの、


基本デザインを確立したモデルです。






現在いろいろなブランドにて、


レディースウエアでもミリタリーが、


フォーカスされていて、












タイプ B-7 メインマテリアルの、 


フル シープスキン、


とは、


デザイン的に だぃぃぃーーーーーーーーぶ 遠いのですが、


フル リアルムートン の、


コート も あります。















ですが、


レディースウエアにて、


シープスキンよりも、


「肌ざわり」と「ヴィジュアル」で、


数多くリリースしているのが、


ラビットファーなのです。






その中でも、


防寒性・保温性・温かさに加え、


メンテナンス : おて入れ に、


さらに優れたという、


偶然発見されたマテリアルが、


注目されています。









それが、


「 レッキス 」 です。













カイウサギの品種であり、


フランスで偶然発見された野生の穴ウサギなのです。








突然変異個体を起源とする品種で、


毛が短く髭が縮れているのが特徴です。










短毛種ですが毛の密度が濃くて、


毛並みの整い方が半端ではなく、


非常に保温性能に優れています。
















毛足が短いので、


抜け毛が少なくゴミやホコリを拾いにくい事も特徴です。








毛の短さから、


その筋肉質な体型がはっきりとわかり、


最もウサギらしいシルエットと、


ビロードのような光沢の毛並みも相まって、


非常に美しい姿をしていると言います。














へヴィーゾーン フライトジャケット の、


原点である、


タイプ B-3 が、


モコモコ で 動きにくいが為に、


あえて 毛を短く刈り込んだ、


タイプ B-6 











を、


開発した訳ですが、


最初から、


毛足が短いマテリアルで、


作った方が良いことは、、、、、、、、




誰でもわかる事です。





戦時中の 「 今すぐ! 」 「 待ったなし! 」


と言う状況で、


「 出来る事の狭さ 」 は、


想像するしかありませんが、


この、


造りこまれたクオリティーは、














ハンパない、


余裕を生み出しそーです。




















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

「原点回帰」ベースを見直す2017年・正月。バックアップの為に、サポートやアフターをしていたエンジニアの鎧とは!? [リアルムートン]










気づいたら、、、、、、、、、、、、、、、、



2017年に成っていました・・・(〃´∪`〃)ゞ






昨年は、


皆様にご訪問頂き、


「ナイス!」を頂いた皆様にも、


本当に感謝しています。





心から ありがとうございました。





気持ちや姿勢行動の切り替えなど、


「新年に目標を立てる」 とか、


皆様が、


しっかりされるのでしょうか?





私は、


昨年同様に、


「思い立ったら今!」 と、


書いていきます。









ここ近年で、


フライトジャケットよりも、


「ミリタリー と 言えば !?」 が、


変わってきています。






タイプ MA-1 のイメージが、


強かった世代から、


今、


ちょー人気は何と言っても、


タイプ N-1 です。















バイカーズスタイルなどのジャケットとしても、


注目を浴びており、


その他の、


ストリートユースやタウンユースなどでも、


それぞれにクールに羽織っている人を、


見かけます。





















そもそもは、


アメリカ海軍 : US・NAVY が、


甲板上でパイロットと戦闘機などを、


「飛ばせて、無事に帰還させる為」 と、


任務に当たるエンジニアやメカニックに、


採用と支給されたジャケットです。






では、


「軍隊が作られた当初のエンジニアたちは何を着ていたのか?」




と言う、


ベースをたどっていきましょう。







タイプ N-1 の、


先代ジャケットと言えば、


BLUE COLD WEATHER JACKET : ブルー コールド ウェザー ジャケット


と言う、


長い愛称を持つ、


タイプ N‐10 です。






 









丈が短い、


着用をスムーズにする為の、


フロントHOOKが特徴的なのですが、


採用期間が、


1年未満です。






その前のタイプが、


「タンカース」と言う愛称の方が、


知ってる人が多いかと・・・・・・・・。






WINTER COMBAT JACKET : ウインター コンバット ジャケット 


です。













最もフライトジャケットに近く、


これを着て空を飛んだ記録もあります。




そもそも、


海軍では「限定採用」とされており、


アメリカ陸軍 : US・ARMY で、


使っているジャケットでもあります。













さて、


では 「それ以前」 の、


「空を飛ぶために支えているエンジニアやCREWたち」


が、


真冬に着ていたジャケットは!?





コットンジャケットが主流に成る前の、


真冬のパイロットと言えば、


タイプ B-3 と言う時代です。

















ろくな暖房も効かない、


「真冬の整備工場や基地」にて、


遣われていた「メカニックジャケットの原点」、


それが、


タイプ D-1 です。















タイプ B-3 に、


似てはいますが、


造りはだいぶラフです。






ボディーと袖に襟を足したくらいのジャケットに見えますが、


スモールアイテム(プライヤーやドライバーなど)を、


しまっておけるように、


ポケットをジッパーにして、


しっかり閉められるようにしています。













パイロットのように、


タイトに着用することは考えられていないので、


サイズがインチではなく、


フリーな Sサイズ・Mサイズ・Lサイズ 


とされており、


しかも大柄にできています。











 




ですので、


厚手のセーターや軽いジャケットの、


さらにその上から羽織る事が出来て、


寒い表に出ていくことが可能なのです。
















第一線で活躍するパイロットたちを支えた、


メカニックやエンジニアの原点ジャケットなのです。





1月は 「 あっという間 」 ですから、


高い目標や課題を立てる事も大切ですが、


自分のベースを見直したり、


原点にもう一度フォーカスして、


リ・スタートする正月を過ごしませんか?













読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

メチャクチャHOTな、リアルシープスキンの最終型!移植のテーラードにより、造るだけで「凄い!」と言う熱い気持ち! [リアルムートン]










マジで寒ぅ~い朝に、


よーやく布団から起き上がり、


顔を洗い、


歯を磨いて、


着替えて朝ごはん、


さて!「出かけよう」と、


ジャケットを羽織りますが・・・・・・・・







どんんんんんーーーーーーーーだけ!


「軽くて温かいジャケット」と言う、


アイテムが造られても、、、、、、、、






リアルムートンには、


かないません。














フライトジャケットの中でも、


最も高価ではありますが、


アウター・上着全般で最強と言える、


TYPE B-3 です。







しかし、


その「温かさ」は、


「動きにくぅ~い」「重たぁ~い」








これを、


1940年代の、


アメリカ海軍 : US・NAVY でも、


「パイロットたちのために」と、


「軽く動きやすく命を守れるフライトジャケットを!」


と、


開発が進められます。







そしてテスト供給さえたジャケットが、


spec M444 です。













ベースマテリアルは、


リアルシープスキンで、


パイロットの動きを考え、


丈夫でなければならない部分パーツと、


軽く薄くできる所はできるだけ省いて、


緻密なテーラードにより完成した、


フライトジャケットです。








さらにその後も、


開発が続けられて、


spec M445 が、


テストされますが、


そのジャケットのリ・リリースはありません。






しかし、


マテリアルを変えて、


表地をコットングログラン、


裏地をボア素材に置き換え、


襟をリアルシープムートンで、


リリースしているのが、


我らが バズリクソンズ さん です。













申し分ありません!






しかも「ウイリアムギブソン」ブランドですので、


男のブラックが、


引き立ちます。






更に、


BUZZ RICKSON'S : バズリクソンズ さん は、


ピーコートなどで実績のある、


ヘヴィーメルトンで、


リリースされています。












アメリカ海軍 : US・NAVY が、


開発した、


spec M-444 からの spec M-445 ですが、


アメリカ航空衣料審議会にて、


「共同採用に」と言う動きがありました。









そこでリアルムートンのフライトジャケットでも、


TYPE AN と言う、


ジャケットが採用されます。






TYPE AN-J-4 なのですが、


リリースは、


されていません。







ほゞほゞ spec M-444 












と、


一緒なのですが、


一般的テーラーなどのパーツと、


裁縫技術などが、


あまりに異なる為に、


量産するにはマジでリスクが高いのです。








ですが、


袖・襟に、


ラムスキンレザーを使い、


ボディに24オンスのウールと言う、


マテリアルで、


リリースしているのが、


SCHOTT : ショット AN-J-4 です。














ライダースジャケットなどで、


知名度の高い SCHOTT : ショット さん ですが、


創業は100年を超えており、


フライトジャケットのノウハウも、


ハンパない技術を持っています。















そしてその SCHOTT : ショット さんですが、


TYPE AN-J-4 を、


なんとデニムでリリースしています。













Schott : ショット デニムボアジャケット DENIM AN-J-4



「デニムで提案することで、


こなれた印象に◎


デニムに白ボア、


と、


ボアものでも野暮ったくなく、


クリーンな仕上がりに。」





と言うアイテムですが、


「賛否」いろいろ、、、、、、、、ありそーです。






オリーブのメルトンはカッケ―っすよね!







実際にどこで飛んでいたのか?


その丈夫さと温かさは、


情報の少なさから各ブランドが、


手掛けるのに厳しいのかもではありますが、


その中で、


造られている、


マッコイの M-444 は、


リリースしているだけで、


  「凄い」  と言うことが、


分かります。




























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

すぐに温ったけージャケットあります!最近のは、ただモコモコじゃなくて、タイトで渋いっす!名前はフライトジャケットなのですが、、、? [リアルムートン]







さむぅぅぅ―――い朝に、


ナイロン素材のジャケットなどを羽織って、


「冷たーーーいっ!」



って、


経験はありませんかぁぁぁ???













どんんんーーーなに!寒い朝でも、


羽織って、


ソッコー温かいのは、


リアルムートンにはかないません!




フライトジャケット的に、


タイプ B-3 や、










タイプ D-1 













タイプ B-6 




タイプ B-7











タイプ M444A













があります。






先日、


軽快に動けるように改良したジャケットが、


タイプ B-6 である。












と言う、


記事を書かせていただきました。






そしてその、


数か月前ですが、


「フライトジャケットにおいて、現行販売品で、


最も高価なジャケットは、タイプ B-3 です。」



と言う、


記事も書いておりますが、


やはり、


タイプ B-3 には、


他のリアルシープスキンジャケットは、


知名度的に、


かなり劣ります。






そんな中、


タイトに造りあげたリアルムートンのジャケットを、


そのブランドの、


タイプ B-3 としてリリースしている、


高クオリティーなジャケットを、


3アイテム見つけてみました。



















  ↑  ↑  ↑  


間違いです・・・・・・・・



可愛かったので・・・・・・・・(〃´∪`〃)ゞ









1つ目が、


AKM : エイケイエム


MOUTON B-3



















シープシェアリングジャケットという、


新しい概念を導入した画期的なジャケットで、


防寒性に関してはひとつの完成型との事。





何度も造り上げている、


リアルムートンの経験を生かし、


今一度、


ヴィンテージのフライトジャケット数着を、


サンプリングしていると言います。




細部のディテールは、


名作の B-3 を踏襲し、


襟を留める2本のストラップベルト、


両サイドの裾部分には、


ウエストアジャスターベルトを用意。



バックルには、


真鍮製のAKMロゴ入な、


オリジナルバックルを使用しています。






って、、、、、、、、


これは、


ライダースに近い???









2つ目が、


クルチアーニ


袖ニット B-3 ムートンダウンジャケット












クルチアーニさんコレクションの、


最上位モデルとして登場した、


このジャケットは、


3つの異なる素材である、


ミドルゲージニット、


リアルムートン、


ナイロン(ダウン)を、


組み合わせると言う、


トリプルマテリアルぅぅぅ!?




これにより作られた、


「ラグジュアリー&モード」? な、


ハイブリッドダウンジャケットになると言います。



あくまで、


デザインのベースになっているのは、


『 B-3 ジャケット 』 


との事。





袖のニットは、


対AIRや風とかが気にはなるけど、


動きやすさは抜群ぽいっす。








最後は、


インディアンモトサイクル


IM TYPE B-3 ムートンジャケット











★インディアン・モトサイクル発!


B-3タイプのフライトジャケットです!



★真冬の街着としても、


インナーはTシャツ1枚で十分なほど、


暖かく着れます!







これこれ!!!!!!!!


男らっっっしーーーーーーーー!



って、、、、、、、、


ジッパーがオフセットしてるトコとか、


ほゞほゞ ライダースじゃね?






私は、


SCHOTT さん の タイプ B-3 を、












もう、


治して直して、


17シーズン突入しました[手(チョキ)]('ω')[手(チョキ)]



でも、


タイトな温かいの、、、、、、、、


、、、、、、、、いいなぁー



















読んで頂いて、


有難うございます。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。


万能の1着!軽快に仕事が出来る!クリスマスがどんなに寒くても、温かい無敵のシープスキン!お正月・成人式・バレンタインにヒーローになるジャケット! [リアルムートン]

このジャケットさえあれば、


「 絶対に寒くなーい!!!!!!!! 」






と言うアイテムは、


どんなに新しいものが出てきても、


このジャケットにはかないません!






タイプ B-3 です。














ですが、


その毛足の長いリアルシープスキンは、


その、


ボリュームの為に、


「動きにくぅ~い」


「着ない時かさばるぅ~」



「それを着るから男らしい!」



と言う、


ジャケットです。













ところが、


1930年代でも、


「温かさ」←→「軽さ」 を、


何とかする為に、


アメリカ航空衣料審議会は動いていました。





そして、


開発されたフライトジャケットが、


タイプ B-6 です。














パイロットたちの、


狭い機内での運動性能を求められた、


タイプ B-6 は、


1939年に正式採用されました。















フォルムは、


タイプ B-3 と、


かなり似てはいますが、


細部のディテールは、


大幅に異なっています。














何より、


マテリアルであるリアルムートンが、


薄いものが使われており、


重量も軽い!のです!













すなわち、


か弱い女性の方でも、


軽ぅ~く!羽織る事が出来て、


メチャクチャ温かぁーい!


ジャケットなのです!













この、


運動性能に優れた、


強力に温かい、


この、


万能のジャケットさえあれば、


どんなに寒いクリスマスでも、


最強である、


ブラウンサンタクロースに成れるのです!















更に言いますと、、、、、、、、






どんなに寒い初詣の境内や、


どんなに寒いお正月でも、


軽快に行動が出来て、


さくさく仕事が出来るようになるあなたは、


ヒーローに成れるのです!
















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。

タイプB-3を持って!へヴィーゾーンアウターのウインタージャケットシーズン真っ只中に、査定額調査行ってきました!この価格差は!?!?!? [リアルムートン]


数あるフライトジャケットの中で、

最も高価なジャケットが、

タイプ B-3 です。





氷点下30℃まで対応する、

こっとも古い、

リアルムートンの、

対へヴィーゾーンなフライトジャケット

では、

あります。









しかし、、、、、、、、


最近、、、、、、、、


「重たくな~い?」

「肩凝って、俺ぁダメだぁ・・」


とか、


ひじょーーーーーーーーーーーーーーーーに、


貧弱な男子が・・・・・・・・


増えているよぉぉぉぉぉぉぉぉな・・・www





ちなみに、

この、

タイプ B-3 が、

メチャクチャ!かっけー!!!

男らしい!映画はこちら

   ↓ ↓ ↓








そこで、

今、

シーズンではありますし、

各オークーションサイトで、

数多く出品されてはおります。









ですが、

あえて、

全国にあふれている、

リサイクルショップでは、

元々¥200,000ーのジャケットに対して、

どんな査定をするものなのか????????



かる~く、

廻ってきました!!!!!!!!



持って行ったアイテムは、

アビレックス : AVIREX  さんの

タイプ B-3 で、

サイズ40インチ

状態は、

レザー部の大きなダメージなど無い、

そこそこ品で、

ありがちなムートンボアの、
 
スレや変色もない・・・・・・・・・・・・・・・・





こんな感じです。

  ↓  ↓  ↓







1軒目は、

全国チェーンを展開している、

ご存知の方が多いかと思いますが、

〇〇〇OFF系の、

〇〇Fハウスです!




そのお店には、


同ブランドの、

同モデルで、

同サイズのジャケットが、

ボアスレがひどい状態で、






¥29,800-

で、

売られていました!



持っていたジャケットの、

査定額は、



¥5,000-

でした!



う”う”う”~~~ん”



渋い感じじゃね!?


元々高いジャケットなのですが・・・・・・・・







利益率70%かぁぁぁ・・・・・・・・


ま、

本が、

¥10-

買い取りで、

¥100-

売りだかんねぇぇぇぇぇーーーーー





次は、

ちょーーーーーーーーーーーーーーーー!

ローカルな、

ど田舎の、

「金持ってます家具屋さん」が、

片手間ではじめた、

お店に!





しょーじき、

行かなきゃ良かった!!!!!!!!








受付カウンターに居たお姉さんに、

「¥1,000-です(笑)」

って、

言われてしまいましたwwwwwwww




これで、

仕事になっているのが、

すげぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーー!!!!!!!!










最後に、

南東北に、

30店舗以上構え、

なぜか兵庫県と、

北関東に数店舗かまえる、

ミドルチェーン店の、

リサイクル専門店!!!!!!!!








店内には、

タイプ B-3 が、

1着も無かった事もあるかもですが、

査定額が、

¥20,000-

です!!!!!!!!!



手間かけて、

オークーションに、

出品するより良くね!?!?!?!?!?!?!?!?







しかし、

考えると、

2件目のところで、

「どーせもう着ないしぃぃぃぃぃぃぃぃ」

って、

置いていく人もいるんですよねぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?!?!?




ま、

綺麗なモノしか着ない人もいますが、

やはり、

戦士のフライトジャケット!









開発者や、

造り手を考えると、

自信と誇りを持って、

自分の鎧として、

着たおしたいっす!!!!!!!!
















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


「顔がさむい!!!」 あのね!? 「スーパーへヴィーゾーン」 とかいうより、フードが欲しいぞ! 暖かいやつで!!!  [リアルムートン]


おそらく、

「ウインタージャケット」

と、

言えば、、、、、、、、、!?



7割がた、

「ダウンジャケット」



なのでしょうか????????



私的ではありますが、

15年以上、

「冬場はリアルムートン」

と言う事が、

当たり前になっていますので、

時代的に、

「かなり特殊な存在」に、

なっているかも???




かなりの悪天候時に、

シープスキンで、

「フェイスカバーパーカータイプの、アイテム」




と、

言えば、

ミリタリー的には、

タイプ B-7 です。








1941年に、

アメリカ陸軍航空隊が、

アラスカ駐在軍の部隊員に、

極寒(スーパーへヴィーゾーン)用の、

フライトジャケットとして、

支給されたアイテムが、

通称「 アラスカンジャケット 」

と、

言われる、

タイプ B-7 です。







何と言っても、

暖かーーーーーーーーい!


吹雪の中でも30分くらいは無敵だぜーーーーーーーー!!!!!!!!



ただし、、、、、、、、、



重たいっす!


そして、

デカい!

かさばりまっす!




も少しぃぃぃ・・・



ちっさくなんねぇぇぇーーーーーーーー!?



って方に!




ありますよ!!!





タイプ B-3 パーカー 







1917年に、

アメリカ陸軍航空衣料審査委員会が、

当時、

真冬に、

コンバーチブルで、

走る為に造られていたジャケットから、

テストを重ねて、

フライトジャケットとして、

採用した、

タイプ B-3 です。




その時代に、

この、

パーカーモデルが存在したかどうかは・・・・・・・・????????




アヴィレックスさんのラインナップを、

よく見かけますが、

現在の公式ページに、

商品は、

ありませんでした。




サイズ的に、

「タイプ N-2B で、、、よくね!?」







とか、

お声も頂きそーですが、

暖かさは、

ずぇーんずぇーん! ちがいますよぉぉぉーーーーーーーー!










しかし、

重さは、

クリアできませんね!?



ダウンジャケットは、

軽いっすからねぇぇぇ・・・・・・・・。




女子には受けませんねぇぇぇーーーーーーーー。





ん・・・・・・・・!?







何ですか・・・・・・・・これは!?
























読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


1番!値段が!たかい!フライトジャケットは!? 3位が、タイプ B-3! さて? 1位は!? [リアルムートン]

トップ3を書きます。


「値段」

・・・・・・・・なんですけど(〃´∪`〃)ゞ




現在、

「フライトジャケット」

と、

言われるアイテムの中で、

価格が、

最も高い、

高価なモノは、

何といっても、

「リアルシープスキン」

「リアルムートン」

です。




しかし、

大量に、

「OEM」にて、

量産されて、

比較的に「安価なジャケット」も、

たくさんあります。



とは言っても、

1,000円や2,000円では、

手に入りません。





「ノーブランド」

で、

あっても、

しっかり作ってあるアイテムも、

ありますが、

天然レザーで、

各部位などの、

「素材のクオリティー」

と、

出来上がったパーツを、

高品質な「糸」を使って、

仕上げる、

職人の技術は、

決して、

安くは上がりません。






そして、

そのジャケットは、

変色や黄ばみ、

ホツレや傷み、

そして、

防カビや対ウイルス性の持続、

が、

全く違った品質の為の、

価格です!








第3位は!?


AVIREX  : アヴィレックス 製

タイプ #2104 B-3 です。






価格が、

248,400円  税込みでっす!!!!!!!!


フライトジャケットメーカーとしては、

知名度、

人気、

ともに高く、

1975年に、

Jeff Clyman氏が、

元々の「ジャケット供給会社」の、

社名を、

「アビレックス」に変更。



様々なフライトジャケットを、

一般のアパレル市場に定着させました。





中でも、

渾身の、

タイプ B-3 です。
















さて、

第2位は、


BUZZ RICKSON CLO. CO. : バズリクソンズ

タイプ B-6 です。






価格が、

270,000 円 税込でっす!!!!!!!!


タイプ MA-1 

が、

誕生するには、

この、

タイプ B-6 

の、

存在がなければ、

誕生しなかったと、

言われています。


その開発と採用は、

1940年代初頭で、

手掛けたコントラクタ-は、

わずか3社です。




その、

ミルスペックにこだわり、

造り上げたのが、

バズリクソンズです。



この、

タイプ B-6 は、

初期型となる、

タイプ B-3 などにも見られるような、

赤みを帯びた、

コ-ティングをベ-スに、

後から、

黒系の塗料で、

再コ-ティングされた、

ダブルコ-ティング仕様となっています。





この、

特有の色むらが、

目を惹着ますが、

とても分厚いコ-ティングは、

正に「 鎧 」

という名にふさわしい一着なのです。















そして、

フライトジャケット

価格、

第1位は!?!?!?!?!?!?!?!?





JIL SANDER : ジルサンダー



フライトジャケット ブルゾン アビエーター です。






価格が、


389,999 円 税込でっす!!!!!!!!



1968年に、

ハンブルクで、

ヘイドメリー・ジリーン・サンダー 

通称 ジル・サンダー : Jil Sander が、

ブティックを開設し、

自らの会社を立ちあげます。




コレクションなどにも、

進出など試みますが、

評価は得られず、

1度、

アパレルから撤退します。





その後、

1985年に、

ミラノを拠点として、

再起動します。

1987年の、

ミラノコレクションで、

脚光を浴びて、

トップブランドの座に登りつめました。



後の、

99年に、

プラダ系列ブランドとなります。



その後、

ジル・サンダー氏が、

経営から身を引き、

企業コンサルタント業界に、

携わって行きます。





現在「ブランド、ジル・サンダー」は、

日本のオンワードホールディングスが、

運営するブランドです。





ジル・サンダー本人は、

2009年から2011年の間、

一人のデザイナーとして、

「ユニクロ」とコラボレーションして、

「+J」コレクションを展開した事もあります。










もぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーーー


書ききれん!




手に取ってみないとです!





いろいろ×さまざま!

あったようですけど!!!!!!!!




「妥協を許さない職人的な性格」

というジル・サンダーは、

服作りに対して、

非常に厳しい目で見る姿勢から、、、、、、、、








「鉄の女」

と、

呼ばれた。










じゃあ・・・・・・・・


「鉄のフライトジャケット」


じゃんかぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!!!!!






・・・・・・・・高いわけだぁ・・・・・・・・















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



前の10件 | - リアルムートン ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ