So-net無料ブログ作成
検索選択



タイプ A-2 ブログトップ
前の10件 | -

手に入れたら破れても着ろ!!!語りつがれて、今も愛用されている、85年を超えたフライトジャケット! あなたの「宝物」は、なんですか!? [タイプ A-2]

あなたは 今までに、


本当に気に入って、


使い倒した モノ は、


いくつありますか ???
























私は、


ジャケットに限定しなくとも、


これほどまでに、


語りつがれて、


世界中の人に愛され、


そして作り続けられ、


世代も時代も超えた 長い歴史を誇る、


「当時と全く同じ」という、


アイテムを 他に知りません !!!!!!!!






















このジャケットが誕生したのは、


第二次世界大戦が始まる、


9年前の、


        1930年です。




        タイプ A-2





パイロットたちに 標準支給となったのは、


1931年であり、


この フライトジャケット は、


当時の、 


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


にて、

パイロットたちの、


「迅速な任務遂行のため」と、


高温から低温 そしてまた高温へと変わる、


上空の気温の中で、


体温を保持して、


危険にさらされても 命を守る為に、


時間と金と技術を駆使して 何度もテストされ、


開発された、 


レザー フライトジャケット です。





















当初のマテリアルは、


ホースハイド : 馬革 で、


作られており、


ジャケットのクオリティーとして、


「ベストである」と、


テストを重ねた結果なのです。














しかし、


開発から10年程たった、


第二次世界大戦に突入した後、


ホースハイド が 入手困難となり、


代用として、


バッファローハイド : 牛革 が、


使われるようになります。





















ホースハイド に 比べて、


バッファローハイド は、


分厚く柔軟なのが特徴です。














サマ-ジャケット として開発された、


タイプ A-2 は、


航空隊 : AIR・FORCE の中でも、


強力な人気があり、


着用が認められていない人員の多くが、


欲しがって、


一度手に入れたら、


「可能な限りまで着倒した」と言います。




















そんな タイプ A-2 の 着用を、


正式に認められていたのは、


採用当初は、


戦闘機パイロット と 航空偵察員 だけでした。












1930年代の後半に成り、


討議が重ねられ、


着用許可されたのが、


通常の飛行任務に就く全員、


すなわち、


全てのパイロットに、


支給されることになったのです。






















その為に、


ホースハイド の 不足から、


レザー枯渇へと進んで行くわけですが、


第二次世界対戦の初期は、


戦闘パイロットではない、


補給員・医療パイロット・情報員なども、


みんな タイプ A-2 を 着ていたと言います。










1940年に成り、


よーやく!  


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


が、


タイプ A-2 に 代わるジャケットの、


開発に取り掛かりますが、、、、、、、、























その時に、


テストされていたジャケットの目的が、


「パイロット専用」を狙ったもので、


今後は タイプ A-2 を、


砲撃員 と 攻撃戦闘員 用の、


「 限定採用とする! 」という、


目的だったのです。












以前に書かせていただいた記事で、


軍による、


タイプ A-2 の 支給停止 と、


ジャケットの 返却命令 を、


パイロットをはじめ、


中尉の間までも、


「無視されていた」ことを記しましたが、





















使う糸から縫い合わせるパーツも、


縫い方まで 定められた、


この レザージャケット は、


85年を超えた         今も !!!






 1着 1着 が 


 【 宝物 】を上回るクオリティーがあり、


細部まで忠実にこだわり、


作り続けられているのです。
































お時間頂いて、


ありがとうございました。





またのご来店を、


お待ちしております。
























復活の創業57年!実は付き合い70年以上と言うクオリティー!この「もの作り」は、さぞ楽しかったんだろ-なー・・・ [タイプ A-2]










1943年、


アメリカ陸軍航空隊にて、


戦時中のレザーの枯渇による、


革の価格の高騰の為、


タイプ A-2 の 廃止


を、


決定します。







そして、


その決定をした1943年に、


採用したジャケットが、


タイプ B-10 です。












この年から、


アメリカ航空衣料審議会は、


コットン製ジャケットの開発を、


急激に進め、


更にナイロン素材の研究も、


始めていきます。







しかし、


その タイプ A-2 廃止の決定を、


パイロットたちは承知しませんでした。












そーです!


勝手に追加オーダーしていたのです。







最終的に、


翌年の1944年まで、


製造されました。















どれほど、


このジャケットを、


パイロットたちが、


誇りに思っていたかが、


よぉーく!分かりますね。









それから44年後となる、


1988年、


アメリカ軍は、


ある 一通の契約書に、


サインをします。







合計 8枚となる契約書の、


2ページ目に、


トータルで、


53,000着の タイプ A-2 を


納入する事が定められていました。







そーです。






44年ぶりに、


タイプ A-2 が、


復活したのです。









 




当時、


導入を決めたのは、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE で、


納入完了予定が、


その1年後となる、


1989年4月 と なっていました。








当時 軍では、


納入業者を決定するのに、


入札制となっており、


12の業者が手を上げていました。








それを、


勝ち取ったのは、


COOPER : クーパー 社です。
















もちろん、


軍に対して、


あらゆるインフラが整っている事、


価格とクオリティーなどを、


認められて、


入札を勝ち取ったわけです。












その クーパー社の、


創業開始は、


1931年になるのですが、


アメリカ軍との関係は、


1910年代にさかのぼります。










当時、


のちのクーパー社を創業することになる、


マックス・クーパーが、


第一次世界大戦時代から、


兵士たちの戦闘服を、


当時のアメリカ陸軍に提供し、


更に 航空隊にも、


当時 ホースハイドの、


タイプ A-2 他、


フライトジャケットを納入していました。


















1988年に復活した、


タイプ A-2 の マテリアルは、


ホースハイド : 馬革 ではなく、


ゴートスキン : 山羊革 でした。









それは、


44年前と同じで、


ホースハイド で 量産した場合の、


価格は 物価の上昇により、


当時 景気が良くなっていた、


アメリカ軍でも、


対応はできなかったよーです。















ですが、


当時で 70年以上の経歴とノウハウを持つ、


COOPER : クーパー社


とてつもないクオリティーのジャケットを、


作ったそーです。








当時、


日本のミリタリー雑誌などでも取り上げられた、


アメリカ軍と、


クーパー社 さんと、


タイプ A-2 です。













ふと・・・・・・・・思ったのですが、


日本の自衛隊のウエアは????????






どこのメーカーが請け負っているのでしょー????????





やっぱり、、、、、、、、



ヒューストン さん???



自衛隊モデルを市販はしていますけど???






実は、


サムライジーンズ さんなんじゃ・・・・・・・・ヾ(゜0゜*)ノ?














だって、


究極に日本製にこだわってるしぃぃぃ。。。







どっかの企業で とか、


どっかの会社で でも、


どっかの町工場とかで、


このユニフォームだったら、、、、、、、、!!!





カッケ―っす!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




「虹の国」を知っていますか?それは、一瞬ふるえるほどの、今までにないしなやかさで、手にすると手放せなくなる、日本です。 [タイプ A-2]

あなたは、


「虹の国」を知っていますか?









アメリカ陸軍航空飛行隊に、


1931年に採用されたその軍服は、


世界で初めてとなる、


ライトゾーン : 気温域 10度~30度 対応と言う、


フライトジャケットです。






その、


パイロットの鎧ですが、


現場においては、


1945年に タイプ L-2 が、











登場したことによって、


その役目を終えています。












ですが、


その、


表が馬の革で内側が布切れ1枚と言う、


シンプルさにもかかわらず、


愛され続け、


最も当時の軍隊に採用された現物を作る事に、


人生をかけた男たちがいる国は、


この日本です。

















これまでに、


ザ・リアルマッコイズ さんや、


Pherrow's : フェローズ さん、


THE FEW : ザ フュー さんなど、


尊敬するブランドさん方々の記事を、


恐れ多くも書かせて頂いています。








まだまだ、


もっと多くの日本中の皆様に、



「 こんなにもスゲー!


こんなにもカッケ―!


日本人がいるよぉぉぉーーー >O< 」


っと、


書かせていただきます!









そんな今回は、


「虹の国」です。





「カッコイイ―」とか「シンプルで丈夫」などでは、


済まされないほどの、


「その服を理解しようと」


軍隊が当時使っていた糸まで追求しつくした、


日本のブランドである、


THE REAL McCOY’S  : ザ リアル マッコイズ







その中で働いていた彼は、


革作りを経験していました。





2001年にマッコイズが倒産。




その後彼は、


「自分が着たいと思うものだけを作りたい」


という思いで、


ブランドを立ち上げました。









Rainbow Country : レインボーカントリー です。













 

この、


Rainbow Country : レインボーカントリー ど定番となる、


レザージャケットは、


1930年代の、


ヘラクレスと言うジャケットをベースに作られたものです。







マテリアルは、


1.2mm厚のベジタブルタンニングの


ホースハイドで、


こだわりぬいた馬革は、


しなやかさとツヤが特徴です。






そして何より、


タイプ A-2 です。














その渾身となるマテリアルである、


ホースハイドの、


仕上げる色合いや、


ツヤや張りにより、


これまでに幾つもの、


タイプ A-2 を作り出しています。














タイプ A-2 も、


Rainbow Country : レインボーカントリー 製は、


1.2mmのホースハイドが遣われています。






一般的に、


革が厚くなると硬さが生じてしまうのですが、


Rainbow Country : レインボーカントリー の、


タイプ A-2 Jacket は、


あえて1.2㎜にすることで、


しっかりとした質感を保ちながらも、


とてもしなやかなレザージャケットを造り上げています。














これこそが!


他のブランドが真似の出来ないという、


Rainbow Country : レインボーカントリー 最大の魅力なのです!







ググっても、


専用サイトなどは出てこず、


「リアルマッコイズの元メンバーである三好氏が創立」


と言った情報しか、


ほゞほゞ出てきません。







わかるのは、


「最上級の革と卓越した縫製技術を心得た三好氏が、


2004年に設立して、


リリースしているアイテムを手にした人たちが、


本当に!本当に!    魅力で手放せなくなっていること!  」






実際に、


ジャケットは、


着込むほどに、


あなたの深いシワが刻まれていきます。






















読んで頂いて、


ありがとうございました。


またの、


ご来店を、


お待ちしております。

最高だぜ・・・A-2とG-1が分からないリサイクルショップ。笑いものにされても、仕事が出来ず、作業しかできない「雇われ」か!?経営者もバカにされてるぞぉぉぉ! [タイプ A-2]

遠ぉーく、

出かけた先で、

リサイクルショップに立ち寄ったら・・・・・・・・



!?!?!?


タイプ A-2 







と言う、


黒タグが付いている、


タイプ G-1    !?!?!?






が、

¥1万ーこえで、

売っていました。






・・・・・・・・・・・・・・・・





はぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー





がっかりっす!!!!!!!!




タイプ A-2 








と、


タイプ G-1 








ですよぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・!!!!!!!!




古着を取り扱っているのに!?



この、

2着のフライトジャケットを・・・・・・・・しらないのですねぇぇぇぇぇぇぇぇ!?



どんな会社!?!?!?


その作業で、

いくらの、

お給料頂いているの!?!?!?




タイプ A-2 とは、

むかぁーしの昔にアメリカ軍にて開発された、

ライトゾーン対応の、

フライトジャケットで、

単なる革ジャンではないのです。



パイロット用ジャケットとして、

アメリカ航空衣料審査会にて、

正式採用されたのは、

1931年にさかのぼります。








当初のマテリアルは、

馬革 : ホースハイド で、

丈夫に造られ、

さまざまなテストを繰り返されて、

パイロットの命を助ける為に、

支給された鎧なのです。








そこそこ知れているブランドタグだったので、

1万円お超えた値段を付けていたんでしょうけど・・・・・・・・ですね!?




以前、

このお店の店長らしい方と少し話したときに、

「うちでは革(レザージャケット)は、弱い(詳しくない?)ですねぇ・・・」

と、

言っていました!



や!

ひどすぎるでしょ!!!!!!!!



古着を取り扱っているのに、

そんな事言ったら、

中華料理店が「うちはラーメンを良く分かりません」

とか、

いってるよーなもんですよ!!!!!!!!






タイプ A-2 と、

タイプ G-1 の違いぐらい、

分かりませんかぁぁぁ・・・・・・・・!?!?!?!?!?!?!?!?





なかなか良いショップ作業員ですね????????




訪れたお客さんたちは、

きっとバカにしていることでしょう!?




経営者側も笑われていますよぉぉぉぉぉぉぉぉ!?




「こんな指導しかできないの!?この店!?」




っっっっっっっっとに!

作業しか出来ない、

って、

どーすんのさぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?!?!?!?





仕事が出来るよーになろ―と、

おもわないもんかねぇぇぇぇぇーーーーーーーー!?









その、

タイプ A-2 







と言う名前の、

タイプ G-1 









は、


かなり状態が良かったので、


タグを張り替えて、

そのリサイクルショップに売った人が、、、、、、、、





1番いい仕事を、、、、、、、、





、、、、、、、、しましたね!!!!!!!!














読んで頂いて、

ありがとうございました。


またのご来店をお待ちしております。


その技術は、日本人が持つ「精巧さ」などから生まれた結晶!!! マジで「命」が掛かっていたその時造られたモノとは!?  [タイプ A-2]

そのブランドは、

世界のBESTと言われる、

フライトジャケットを作り続けて、

15年の経験を持ちます。






その、

誇り高いマテリアルは、

馬革 : ホースハイド、

羊皮 : シープスキン、

山羊革 : ゴートスキン、


ベルト革など、

世界の4大陸9カ国から、

素材を集めて、

革の原皮 から、

ジッパー、

裏地や付属品に至るまで、

全ての妥協を排除しており、

「最高の物づくり」を目指して、

日々進化をしています。





THE FEW MFG. CO. LIMITED : ザ フュー


です。








フライトジャケットを、

「極限まで忠実に復刻するブランド」

として オニ好評 が、

あるメーカーなのです!



本社は、

ニュージーランドに立地しています。



そのわけは、

「ザ・リアルマッコイズ」 に、

在籍していた、

石塚 政秀 さん が、

リアルマッコイズで所有していた、

ニュージーランド工場の、

操業を引き継いだ事に始まっています。










2003年から石塚氏が代表を務め、

主にレザー製フライトジャケットに対しての、

クオリティーと、

オリジナルへの忠実度が、

本当に極めて高く造られています。










THE FEW : ザ・フュー の、

フライトジャケットは、

映画「バンド・オブ・ブラザーズ」で、

撮影メイキングウエアとして、

採用されており、

世界各地の航空博物館にも、

収蔵されているアイテムです。





中でも、

タイプ A-2 の、

クオリティーと、

忠実さは、

ハンパではなく、

「戦後70年の間の、

レザージャケットは、

常 に、

この A-2 を通して、

進化して来たと言っても、

過言ではない。」



と、

各販売店にて、

メインコピーにも掲げています。









また、

石塚氏は、

「零戦、里帰りプロジェクト」

http://www.zero-sen.jp/

の、

取締役も務めており、

零戦のモノホンを所有されています。




戦時中に造られた、

「フライトジャケット」と、

「零戦」を通して、

二度と戦争を繰り返さないための、

「想い」を後世に伝えて、

「日本のモノづくりの原点」

を、

南太平洋のニュージーランドから、

世界に発信している、

日本のフライトジャケットのブランドなのです。







あなたは、

その、

素晴らしい情熱で、

何をしていますか???



そして、

それは、

何を身にマトって、、、、、、、、



おこないますか???















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。



「伝説のジャケット」は、本気じゃないと造れません。あなたの伝説は、どの鎧と!? ヴィンテージ!?柔軟剤!?忠実にさ!?  [タイプ A-2]

どれだけ、

タイプ MA-1 が、

流行っても、

タイプ N-3B で、

冬場、

「最強」でも、、、、、、、、





やっぱり!

タイプ A-2 でしょ!!!!!!!!




って、

中でも、

「伝説」

と、

呼ばれている、

もしくは、

これから、

「伝説」になる、

厳選の「 3着 」です。






FLOWERS McCOLGAN : フラワーズ マッコールガン 

タイプ A-2







大戦当時、

実際に、

バックペイントやノーズアートの元絵を描いていた、

人物が、

マッコールガン です。



この、

タイプ A-2  各所の、

ペイントを、

一点一点ハンドメイクにて、

描かせた限定生産の、

タイプ A-2 です。



本体も、

あらかじめ、

海水ウォッシュが施されていて、

着古した雰囲気を醸し出している、

ジャケットです。







現在、

ペイントを描いていた人物が、

他界されているため、

強力伝説で的な1着なのです。













タイプ A-2 イコール 「ホースハイド」

なのですが、

屈指の「しなやかさ」を誇る!


トイズマッコイ製

タイプ A-2 






革製ジャケットに在りがちな、

「硬くて着辛い」

そんなストレスを、

全く感じさせない、

「シンプルな、タイプ A-2 」

を、

お望みの方には、

最右翼となるモデルです!!!!!!!!




現存する、

日本製レプリカの中では、

間違いなく「日本一着易いA-2」です。



歴々の技術により、

背中のだぶつきが解消され、

1.1mmの革厚を活かして、

「軽く羽織る」


そうです!

レザージャケットで、

丈夫でありながら、

トレーナーのごとく、

を、

望みであれば、







この、

タイプ A-2 が、

「伝説」

に、

なります。










1931年に、

アメリカ衣料審議委員会が、

厳しい審査をクリアして採用した、

ライトゾーン・FLIGHTJACKETである、

タイプ A-2 






この、

マジ規格であるミルスペックを、

世界一忠実に再現した技術は、

間違いなく「伝説」なのです。




「BUZZ RICKSON'S : バズリクソンズ」

その復刻作業は、

スペックから、

素材、

フォルム、

パーツに至るまで、

徹底的にこだわっており、

一着一着に、

クラフトマンシップを込め、

本物だけが持つ魅力に肉迫しています。





1993年に創業の、

映画「戦う翼」の劇中での、

スティーブ・マックィーンが、

演じる役名に由来する、

「 BUZZ RICKSON'S :バズリクソンズ 」








軽く、

大量生産されたモノより、

あなたの時間を、

本気にしてくれる、

1着です!!!!!!!!


















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。


「勇者の鎧」と「高品位」 あなたは何年で、「自分の胸を張れる戦闘服」にしてますか? タイプ A-2  [タイプ A-2]

第2次世界大戦前後に、

アメリカ陸軍航空隊のパイロットたちに、

支給されていた、

「ホースハイド製」の、

フライトジャケットが、

タイプ A-2 です。





ホースハイドとは文字通り馬革の事です。



主に農耕や乗馬用、

もしくは食肉用に飼育されている馬からとれた革の事を指します。




A-2 だけではなく、

一般の革ジャンとして、

馬革よりも市場に出回っているのは、

「牛革」なのですが、

馬革の繊維自体は、

牛革の繊維構造に似ています。




「牛革」との違いですが、

繊維密度・強度が若干低く、

運動量も多く傷も多いため、

上質な素材が、

とても高価で取引されています。






・・・・・・・・で・す・が!


そこの、

「馬」に、

「こだわり」を、

「たましい」を、

持たないと、

着こんだ完成度が、

「イメージと違う!」

なぁ~んて事になります!



一般には、

ぜぇー―――――――んぶ!

「ホースハイド」

なのですが、

レザー職人さん方が、

「入魂」して、

用意されているクオリティーは、

更に3種類あります!



それは、

「野生馬」

に、

こだわったジャケットです。



そこに、

フォーカスしました。






「野生の馬の革」

と、

多く用いられているのが、


「ブロンコハイド」

です。


木や岩にぶつかった傷などが、

勇ましく残る、

野生の中を走り回った、

馬の革は、

動物の革本来の、

天然美溢れる皮革です。



「ブロンコハイド」で、

造られた製品は、

一般的なホースハイドの物に比べ、

銀面が粗く、

大小の傷がある場合も少なくないのですが、

同じ表情の物が2つと無く、

着込んでいく程に、

たった1つのジャケットになって行きます。









「勇敢な鎧」

と呼ぶにふさわしい、

「ラグドレザー」




当時、

タイプ A-2 を、

軍に納入していた、

ラフウェア社の製品を、

復刻したものの中で、

特にタフな、

野生馬の荒々しい表情の革を、

「ラグドレザー」

と呼ばれるのです。





シワの多い部分を使用して、

フィニッシュラッカーで仕上げてある一品です。




とかくこのラフウェアモデルは、

無骨なスタイルで、

ラグドレザー自体は、

当時のジャケットには、

使用されていませんが、

実際の、

軍への納入アイテムを、

再現した、

『質』の高さは、

世界屈指のレベルです!











「勇者」に「品位」を、

極めた、

半野生馬の

「マスタングハイド」




イタリア、フランスで、

飼育されている馬革を使用したアイテムで、

馬革の中でも、

特に厚みのある革を、

厳選した上で、

植物なめしをしたレザーです。





完成品は、

他の馬革のジャケットと比べ、

一目瞭然なのです。





























読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。






「ごっつ!洋服が好きや!」 それだから、「良いジャケット」が、できるんだ! タイプ A-2  [タイプ A-2]

1991年に、

大阪で生まれました。






日本生まれの、

なにわ魂ブランドです。




主に、

ジーンズの方が知名度が高く、

代表でデザイナーでもある、

山根英彦氏は、

「フライトジャケットは、昔から好きだった」

と、

言います。



A EVISYA TAILOR : ア・エビスヤ・テーラー です。







と、

言われても、

「エビス」と言うブランドは、

デニムの印象が、

どぉーーーーーーーーしても強いのですが、

フライトジャケットの、

クオリティーが、

「 パナイ 」 っす!!!!!!!!




山根氏は、

「造るのは、スーツの方がズット難しいねんで!、

縫うところいっぱいあるし」

と、

おっしゃいますが、

パリコレや、

ミラノコレクションなどでも活躍しており、

たくさんのファンを獲得しています。







デニムをみても、

わかるのですが、

本物のこだわりと、

アレンジされた、

独特さも、

かなりの魅力です。



































読んで頂いて、

ありがとうございました。



またの、

ご来店を、

お待ちしております。





アメリカの方が開発したものなのですが、、、、、、、、ザ・リアルマッコイズ タイプ A-2 [タイプ A-2]

「戦争って何?」

と、

言う声も、

あるのか?

少なくなってきたのか?




平和で落ち着いた日々の、

1988年。






「アパレル」

と、

言う、

単語も、

あったのか?


ミリタリージャケット、

フライトジャケットの、

ファンと業界に、

衝撃が走ります。





そもそも、

そのジャケットは、

「たくさん売って儲ける」

とか、

「普段、カッコ良く決める」

などの目的のために、

造られた訳ではありません。




あくまでも、

戦場に出て、

戦う戦士の、

命を守る為に、

開発されたジャケットなのです。






そして、

そのアイテムに、

心をワシヅカミにされ、

それを、

「ずっと着続けたい」

と、

朝まで語り明かす、

3人の日本人がいました。




売る為に、

安く作られたモノでは、

納得いきません。



では、

どうする?



と、

その為に、

会社を設立しました。



・・・・・・・・・ マジっすかぁぁぁーーーーーーーー!?



ザ・リアルマッコイズ です。





あくまで、

本物にこだわり、

MILスペック(素材、生地、使用糸他の企画)

に、

忠実です。




その為、

価格は本当に高いです。




売る為ではないので、、、、、、、、




あなたのジャケットは、

どこの、

どなたが、

どんな気持ちで、

造ったアイテムですか?

















読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。

「流行り」などに、左右されないアイテムこそ、「本物」の証。 あなたの入魂にしては如何か? イーストマン。  [タイプ A-2]






1980年代の後半、

タイプ MA-1 の、

熱が冷めつつ、

映画「トップガン」公開から、

2年ほどたったころまで、、、、、、、、





一般的に出回ってしまった、

この、

ジャケットの、

全体的なクオリティーは、

酷いものでした。



タイプ A-2  






本来、

中にワタなど入っていない、

タイプ A-2 なのに、

ポリワタが入れられ、、、、、、、、



元祖、

ライトゾーンジャケットの、

面影は無く、、、、、、、、




「ホースハイドとは?」

と、

言う程に、

アジアの「ヒツジ」が、

出回ってしまっていました。





とほほ・・・です。




そんな中でも、

しっかりしたアイテムを、

と、

人気だったのが、

イーストマン製 A-2 です。





アメリカ航空部隊が、

採用したミルスペックに、

こだわり、

造り続けられた、

その、

タイプ A-2 は、

安く出回ってしまったソレとは、

比べ物になる訳が無く、、、、、、、、




当時、

10万円を超えても、

その価格は、

高くはないジャケットなのです!






着れば着るほどに、

光沢と色合いが、

自分のモノになっていく、

完成度は、

手に入れた人にしか、

分からないでしょう。












読んで頂いて、

ありがとうございました。


またの、

ご来店を、

お待ちしております。




前の10件 | - タイプ A-2 ブログトップ


アメカジ系 ブログランキングへ