So-net無料ブログ作成



最終TYPEは、究極の最終型!他国からのテクノロジーをも、集結した「とにかく目立たない!」?が、コンセプトのフライトジャケット! [激動の、5着! B-15~15D]











ドイツから、


あらゆる技術が、


アメリカに流れ込んできた、


その時期、、、、、、、、








フライトジャケットは、


タイプ B-15B から、


















タイプ B-15C への、















採用変更時期でした。








更に、


それまでの、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


から、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE として、


独立した事により、


それまで、


タイプ B-15B の オリーブ・ ドラブ から、


タイプ B-15C は、


新規定色となる エアフォースブルー に、


変更された訳ですが、


タイプ B-15B 採用当時に、


新開発した、


「パラシュートナイロン」 であり、


オリーブドラブ の ナイロン が、


生産ラインに、


大量に残っていたため、


タイプ B-15C の、


採用初期のジャケットは、


カラーが オリーブ・ドラブ なのです。














軍の中で、


この エアフォースブルー と言う色を、


戦場においての 自然色 から、


かけ離れている事で、


反対意見も多かったよーです。








とは言え、


タイプ B-15 の中で、


もっとも人気がある タイプ B-15C


なわけで、


襟を、


ムートンボアから、 


当時のヘルメットに対応する為、


ニットリブ に変更した、


タイプ B-15C MOD : モデファイド は、






 






 むか~し 昔の、


ベストジーニスト の 授賞式に、


当時 SMAP の、


木村拓哉 さんが、


B-15C M を 着て受賞されたことでも有名です。









ですが、


戦争当時の前線において、


その エアフォースブルー は、


敵の標的のマトになりやすく、


変更を迫られます。









そして、


ボデー・ムートンボアネック・ニットリブ の、


全てを同色の セージグリーン で、


統一して 採用されたのが、


タイプ B-15D です。









 





1950年代の前半に採用された、


最後の B-15 であり、


いわば 「 完成型 」 と言うべきでしょうか。。。







タイプ MA-1 の、


原型 となった ジャケットで、


ネックムートンを、


ニットリブ に モデファイドした、


ジャケットにおいては、


MA-1 と 見分けがつきません。














しかし、


その完成度は 半端ではなく、


タイプ B-15C と比べても、


各部のステッチや製法を、


あえて手の込んだ2重にしてある部分と、


その為、


面倒なデザインにせず、


極力!


シンプルなジャケットにしてあるところが、


究極 と 言っていいでしょう。











タイプ B-15C と 違って、


とにかく目立たず!


と言う意識が、


造り上げたために、


ストリートウエア的には、


ウケていない部分かも ですが、






 







リアルムートンネックボア の、


最終型は、


ずぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーっと!使える!


ホットジャケットです。

















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。







これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m






nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 1

ニッキー

エアフォースブルー、とっても綺麗ですが確かに目立ちますもんねぇ(*_*)
戦時中だと狙われやすさ抜群ジャケットは危険すぎます^^;

by ニッキー (2017-01-16 13:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


アメカジ系 ブログランキングへ