So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク
前の5件 | -

ヨーロッパ伝説の、モーターサイクルジャケット!そのマテリアルは、ただのコットンではない!それは、アクティブでTOUGHな紳士! [アウトローな番外編]








ヨ-ロッパで開催されたモーターサイクルレースに、


スティーブ・マックイーンが、


「出場したことがあった」 といいます。








その際、


地元の、


インターナショナルジャケットを購入して、


「身に着けて出走した」 と言うのは、


有名な話です。









そのジャケットと言うのは、


イングランド発祥となる、


オイルドワックスコットンを使用した、


オイルド モーターサイクルジャケット です。


















マジで、

長年愛され続けている名品で、


伝統のボディー形状は、


オートバイにまたがったままでも、


出し入れしやすい、


大型のポケットと、


風が体内にたらまないように、


付けられたウエストベルトなど、


すべてが機能的に作られたと言います。








ただ、、、、、、、、


このマテリアルを使った、


このモーターサイクルジャケットの、


「英国発祥」 は、


間違いないのですが、


「私が元祖です!」 と言う方が、


けっこ― いらっしゃいますw
















オイルドワックスコットンという、


若干 べたつきそ-な? この素材は、


各社 独自の防水オイルを、


コットンツイルに ほどこして、


防水性と通気性を両立させた、


化学繊維では真似できない、


モータースポーツでの、


過酷な状況に対応したという、


機能性で、


高い耐久性を 兼ね備えているます。
 













Ralph Lauren : ラルフローレン ブラックレーベル では、


ウォッシュ加工が程これ、


コットンとポリアミドの混紡生地で、


「オイルドの生地のオイルが抜けた様な風合い」


との事です。






その オイルが抜けて・・・いいんだぁ!?
















オイルを染み込ませることで、


高い撥水性と耐久性を持たせた、


伝統的なモーターサイクルジャケットは、


生地の機能性以上に、


クラシカルなテイストで、


人々を魅了しており、


アウトドアウェアや、


バイカーズスタイルJKTにも使われています。











選び抜かれた、


伝統的オイルドクロスに、


マッチングするように、


各ブランドが、


英国モーターサイクルシーンを、


イメージした、


クラシカルでスポーティーなデザインに、


レザーのモーターサイクルジャケットとは、


まったく違った、


アクティブでTOUGHで紳士なジャケットです。
















、、、、、、、、、、、、、、、、ですが、、、、、、、、





これを、


デッキジャケットの、


TYPE N-1 などのマテリアルである、


ジャングルクロスを使用してしまったのが、




SUGAR CANE × MISTER FREEDOM


シュガーケーン × ミスターフリーダム と言う、


コラボレーション です。















JUNGLE CLOTH  MULHOLLAND MASTER


ジャングルクロス マルホランドマスター です。










イギリスの、


古いモーターサイクルジャケットをベースに、


バイカーズでも使えるよう、


機能性と実用性を取り入れ、


造られたジャケットです。
















アウターマテリアルには、


N-1デッキジャケットなどに使われる、


コットングログランの、 


通称ジャングルクロスを使用。















インサイドライナーに、


ネイビーのコーデュロイ生地を使い、


柔らかな肌触りで、


保温性も完璧です!







やはり、


ジャングルクロス なの!?














読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。




機能を知り尽くし、技術を認められた、70年以上前からの、空の王!トランスポーター原点のタイプN-2と完成型タイプN-2B! [対へヴィーゾーンの N ]










1945年に、


アメリカ陸軍航空隊 : US・ARMY・AIR・FORCE


は、


新たに開発したナイロン素材である、


「パラシュートナイロン」を用いて、


フライトジャケットをはじめとする、


フィールドジャケットなども、


新たなジャケットへと、


一新していきます。








ライトゾーン : 気温域 30度~10度


対応ジャケットは、


TYPE L-2
















そして、


戦闘機パイロット専用として、


TYPE B-15B
















この、


タイプ B-15B は、


あくまで、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応であり、


この採用変更時期に採用された、


パイロットジャケットの中で、


もっとも温かいジャケットが、


TYPE N-2














という事に、


なります。







タイプ N-2 は、


-30℃から-10℃


という気温域を想定された、


ヘビーゾーン対応のジャケットで、


基本的には運搬機用の、


パイロットジャケットです。











それまで類を見ないほどの、


大型のフードで、


ヘルメットを被ったまま、


フードの装着が出来るように、


考慮された為です。








当時、


軍に入札を果たした、


コントラクター : 制作メーカー は、


厳密に管理された正規品を手掛け、


請け負っていました。








当時の、


厳しく管理された中の、


実際のブランドであった、


アヴィレックス さんが、


このジャケットベースリアップした、


ジャケットがあります。







AVIREX P.D.W. タクティカル N2

















P.D.W : 「Public Defensive Wear」 


パブリック ディフェンシブ ウェア の略称で、


S.W.A.T.や軍特殊部隊をイメージした、


機能的なアイテムのカテゴリーです。









と、


いいます。






1975年に、


AVIREX さんは誕生しました。






名前の由来は、


AVIATOR : 飛行機乗り と、


REX ラテン語で王様 を、


組み合わせた造語です。







「 空の王様 」 を意味しており、


今から70年以上前から、


古き良き時代の、


アメリカン・スピリッツ、フライトジャケットの歴史も、


機能的デザインを知り尽くしている、


AVIREX さんは、


その確かな縫製技術を認められており、


アメリカ軍の、


制式コンストラクターとして、


長きに渡り、


フライトジャケットを納入してきました。
















その技術を使って、


また、


本気の、


原点である、


TYPE N-2 を、


つくってほしぃーーーーーーーーなぁぁぁーーー!?









現行モデルの、


TYPE N-2B も、














メッサ!!! クオリティー 高いっすけどね(〃´∪`〃)ゞ













読んで頂いて、


有難うございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。



ジャケットOnジャケット!と言う、本来の防寒対策スーツは、メインアウターとして長く愛された、現代のバイカーズ!? [ながぁ~く人気の、ミリタリージャケット]










正式名称が無い、


J-WFS : ジャケット・ウィンター・フライング・スーツ 


と言う、


タイプ G-8 


と言う、


WEP : ウエップ


と言うふうに呼ばれ、


海軍のパイロットに、


長く愛され続けたこのジャケットは、


そもそも、


フライトジャケットの、


さらに上に羽織るジャケットです。









  









1950年代初期に、


アメリカ海軍 : US・NAVY に、


開発されて、


4回のマイナーモデルチェンジを経て、


1973年まで製造されました。








その1950年代初期の、


アメリカ海軍では、


それまで、


15年以上に渡り、


開発してきた、


インターメディエイトゾーン : 気温域 10度~氷点下10度


対応のフライトジャケットが、


spec M-422 から


spec AN6552 に至るまで、


5モデルありますが、


全て


「 テスト支給 」 と言う形にとどまっており、


「 正式採用 」 には なっていません。









その為、


首後ろに当たる、


タグ部分に、


「 TYPE 」 と言う表記が無いのです。









そして、


それまで開発したジャケットの、


集大成で 完成型 となる、


TYPE G-1 
















このフライトジャケットが、


よーやく 正式採用 された状態でした。








しかし、


アメリカ海軍 : US・NAVY において、


極寒の任務にあたる為の、


へヴィーゾーン : 気温域 氷点下10度~氷点下30度


対応のジャケットが、


spec Mー444 



















からの、


spec AN-J-4 と言う、


リアルムートン の ジャケットが、


レザーの枯渇により、


供給できなくなります。









その、


対策として、


TYPE G-1 の、


上に羽織る、


 WFS ウインター フライング スーツ
 

と言う G-8 と呼ばれるジャケットが、、


支給されたのです!!!!!!!!















ですが、


この 通称  G-8 と呼ばれるフライトジャケットの、


大きくて機能的な両胸マチありポケット、


左腕サブポケットやV字型の手首ニットリブが、


パイロットに、


「ラフに使える!」 と 愛用されました。












ゴム入り裾は 本来、


TYPE G-1 を包むための装備で、


背中側のアクションプリーツも大きめです。








ベトナム戦争頃には、


このジャケットを、


メインで着て、


任務にあたっている、


パイロットが多かったほどです。


















このジャケットを、


タイトめの造りにして、


バイカーズのアウターギヤで、


更に、


レザーマテリアルに変更して、


リリースしたのが、


KADOYA : カドヤ さん です。

















その名も G-8R





薄手のプルアップカウは、


軽くカジュアルに羽織れて、


味わい深さもを醸し出す革質です。








特徴的なフロントポケットは、


上部のフラップに加え、


ジッパー付きハンドウォーマーを装備し、


ユーティリティを向上した、


バイカーズスタイルジャケット。










衿周りのジャージ素材には、


防風フィルムをインサートし、


防寒性を強化してあります。
















バイクからストリートまで広く


そして長く使えるアイテムです。























読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。










ナメテかかるから、その結果なのでは!?どれだけ本気を出しても、かなわないのですが、しっかり武装しておくと、ダメージは少ないです! [リアルムートン]











最強寒波のせいで、


雪に成れていない地域の方々、


マジメに対策しないと! です!




人間は、


大自然の力には、


とてもかないませんので、


気持を引き締めていきましょー!







すでに、


事故や不幸に見舞わてしまった、


ニュースが流れています。






心からお見舞いを申し上げます。








しょうじき、


寒さに対抗するのは、


  「 温かいカッコウをする! 」



これしかありません!







直球に、


タイプ B-3 











これが 最強 の、


寒波への対抗策です!







氷点下30度まで対応する、


へヴィーゾーン フライトジャケット の原点で、


ムートンを裏返して「身にまとう」という、


ワイルドでタフなアイテムは、


1934年に、


アメリカ陸軍航空隊が、


採用した、


フライトジャケットです。












補強レザーなどの、


更に温かいモデルもありますが、


原則の形は、


変わりません。









これが、


開発されていた時期から、


少し遅れて、


イングランドでも、


リアルムートンジャケットが、


開発されています。






「 RAF 」 と言われている、


アーヴィン ジャケットです。









 







タイプ B-3 との違いは、


胸元で、


片側の部分とボディーが縫い合わせてあり、


ウエストベルト搭載の、


ブレスジッパーとなっています。







モーターサイクルジャケットや、



現在 「 ライダースジャケット 」 と、


呼ばれている、


シングルの シープスキン ライダース と、


言った感じでしょうか?







第二次世界大戦に、


英国戦線で、


活躍していたフライトジャケットで、


この防寒性も、


ハンパないっす!!!!!!!!

















タイプ B-3 と、


アパレル オリジナル の シープスキンジャケットを、


名づけて、


販売している、


明らかに タイプ B-3 とは 作りが違うジャケットが、


たくさんありますが、












本来の タイプ B-3 の造りは、


パイロットも兵士も、


戦場で戦う為に、


造られており、


保温性はもちろんですが、


耐久性 すなわち 来年も、


「 づうぅぅぅーーー~っと!使える! 」



ジャケットです。







あらゆるファッションやアパレル分野に、


影響を与えていますが、


最近 3D化してきた映像で、


アドベンチャーワールドから、



これです。












 


biohazard4 :  バイオハザード


レオン ジャケット




ゲーム中のレオンが着用しているジャケットを、


シルエットからカッティング、


アクションプリーツにいたるまで、


忠実に再現した、


B6タイプフライトジャケット。






BODYは、


雨に強く耐久性に優れ、


かつ質感にこだわった、


高品質フェイクレザー製です。




カラーはダークブラウンで、


テープやベルトなど、


ポイント部分には本革を使用した本格派だと言います。









ちなみに、


本気の、


タイプ B-6 は



























読んで頂いて、


ありがとうございました。




またの、


ご来店を、


お待ちしております。








復活の創業57年!実は付き合い70年以上と言うクオリティー!この「もの作り」は、さぞ楽しかったんだろ-なー・・・ [タイプ A-2]










1943年、


アメリカ陸軍航空隊にて、


戦時中のレザーの枯渇による、


革の価格の高騰の為、


タイプ A-2 の 廃止


を、


決定します。







そして、


その決定をした1943年に、


採用したジャケットが、


タイプ B-10 です。












この年から、


アメリカ航空衣料審議会は、


コットン製ジャケットの開発を、


急激に進め、


更にナイロン素材の研究も、


始めていきます。







しかし、


その タイプ A-2 廃止の決定を、


パイロットたちは承知しませんでした。












そーです!


勝手に追加オーダーしていたのです。







最終的に、


翌年の1944年まで、


製造されました。















どれほど、


このジャケットを、


パイロットたちが、


誇りに思っていたかが、


よぉーく!分かりますね。









それから44年後となる、


1988年、


アメリカ軍は、


ある 一通の契約書に、


サインをします。







合計 8枚となる契約書の、


2ページ目に、


トータルで、


53,000着の タイプ A-2 を


納入する事が定められていました。







そーです。






44年ぶりに、


タイプ A-2 が、


復活したのです。









 




当時、


導入を決めたのは、


アメリカ空軍 : US・AIR・FORCE で、


納入完了予定が、


その1年後となる、


1989年4月 と なっていました。








当時 軍では、


納入業者を決定するのに、


入札制となっており、


12の業者が手を上げていました。








それを、


勝ち取ったのは、


COOPER : クーパー 社です。
















もちろん、


軍に対して、


あらゆるインフラが整っている事、


価格とクオリティーなどを、


認められて、


入札を勝ち取ったわけです。












その クーパー社の、


創業開始は、


1931年になるのですが、


アメリカ軍との関係は、


1910年代にさかのぼります。










当時、


のちのクーパー社を創業することになる、


マックス・クーパーが、


第一次世界大戦時代から、


兵士たちの戦闘服を、


当時のアメリカ陸軍に提供し、


更に 航空隊にも、


当時 ホースハイドの、


タイプ A-2 他、


フライトジャケットを納入していました。


















1988年に復活した、


タイプ A-2 の マテリアルは、


ホースハイド : 馬革 ではなく、


ゴートスキン : 山羊革 でした。









それは、


44年前と同じで、


ホースハイド で 量産した場合の、


価格は 物価の上昇により、


当時 景気が良くなっていた、


アメリカ軍でも、


対応はできなかったよーです。















ですが、


当時で 70年以上の経歴とノウハウを持つ、


COOPER : クーパー社


とてつもないクオリティーのジャケットを、


作ったそーです。








当時、


日本のミリタリー雑誌などでも取り上げられた、


アメリカ軍と、


クーパー社 さんと、


タイプ A-2 です。













ふと・・・・・・・・思ったのですが、


日本の自衛隊のウエアは????????






どこのメーカーが請け負っているのでしょー????????





やっぱり、、、、、、、、



ヒューストン さん???



自衛隊モデルを市販はしていますけど???






実は、


サムライジーンズ さんなんじゃ・・・・・・・・ヾ(゜0゜*)ノ?














だって、


究極に日本製にこだわってるしぃぃぃ。。。







どっかの企業で とか、


どっかの会社で でも、


どっかの町工場とかで、


このユニフォームだったら、、、、、、、、!!!





カッケ―っす!














読んで頂いて、


ありがとうございました。



またの、


ご来店を、


お待ちしております。




前の5件 | -


アメカジ系 ブログランキングへ



スポンサードリンク